==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


転職の準備 / 制度について / 仕事探し / 転職の理由 / 履歴書・職務経歴書の書き方と注意事項 / 面接の注意事項 / 退職する前に / ヘッドハンティング・人材派遣 /
転職情報 / 企業に求められる人材とは / 業種と資格 / 転職後の注意 / 上手に転職するには / 退職と健康保険 / 転職活動についての注意事項 / 給付・制度関係 /
中高年の再就職 / 仕事を楽しむ方法 / 自己PR / 税金関係 / 第二新卒の転職 / 退職届け・退職証明書 / アルバイト /  派遣 /  求人情報関連 / 

医師 紹介会社・人材バンクのコンサルタントについて



◆転職・仕事探しのヒントの『 医師 紹介会社・人材バンクのコンサルタントについて 』を紹介します。◆

医師 紹介会社・人材バンクのコンサルタントについて

仕事や人材の紹介・斡旋に、人材バンクや人材派遣があります。
二つとも同じような仕組みに見えますが、内容に若干の違いがあります。
利用する人が多い人材派遣は、他の企業へ派遣されて働きますが、人材派遣会社との雇用契約になります。
一方で人材バンクは、仕事を紹介されて働く先の会社と雇用契約を結びます。
そのため、特殊な業務内容の職場を紹介することとなり、人材バンクではコンサルタントをつけるケースがほとんどです。
医師などが転職を希望する場合は、現状の仕事が忙しいため自分で新しい職場や病院、会社などを探す時間が取れません。
そのため、人材バンクを利用する医師が多くなっています。
医師の希望する医療機関や勤務状態、給与額などは、コンサルタントがヒヤリングします。
また、転職を希望する医師の経歴や経験、専門治療などは、経験豊かな人材バンクのコンサルタントが調査し、適切な職場の紹介やコーディネートを行います。
医師が人材バンクを利用する場合は、フォームの登録から始まります。
つぎに、コンサルタントから医師が希望する勤務地や給与、職場、待遇などの条件をヒヤリングします。
そして適切な職場を紹介し、転職先の面接に進みます。
ここで合意が取れれば雇用契約を結び、新しい職場での仕事が始まります。
人材バンクの場合は、医師が転職した後も安心して働けるよう、フォローやアドバイスを行うところが多くなっています。


posted by ワークマン at 12:16 | 求人情報関連

看護師の復職支援について



◆転職・仕事探しのヒントの『 看護師の復職支援について 』を紹介します。◆

看護師 看護師の復職支援について

看護師不足の中、看護師の復職支援について注目が集まっています。
厚生労働省がまとめた『第六次看護職員需給見通し』の結果によると、2006年(平成18年)は約4万2千人の看護師不足が予測され、出産や育児などで医療機関を退職した潜在看護師を現場復帰させる復職支援を行うことで慢性的な看護師不足解消の足がかりにしようとする取り組みが各都道府県の医療機関などで行われるようになってきています。
そこで、潜在看護師の復職に関する悩みを解消するため、育児支援も含めたセミナーやイベントなどが病院内で開催されてきています。
参加は無料で、最新医療の動向などの説明だけでなく、採血や注射、人形を使った実習などを行なうという流れが一般的ですが、セミナーの最後に就職相談を受けるところもあります。
人材不足で悩む病院が直接、復職支援するだけでなく、医療系の学部を持つ大学が看護の基礎を再学習するコースとして復職支援コースを設けているところもあります。
看護師の転職や就職などの支援を行なうサイト『eナース(http://e-nurse.net/index.php)』でも、復職支援に関しては別サイト(http://fukusyoku.e-nurse.net/index.php)ととして、取り上げており、全国の看護師の復職支援セミナーの情報などを集めて公開しています。


posted by ワークマン at 11:08 | 求人情報関連

医師求人サイト 民間医局



◆転職・仕事探しのヒントの『 医師求人サイト 民間医局 』を紹介します。◆

医師求人サイト 民間医局

民間医局は、医師の転職、求人、募集情報や、医師賠償責任保険など、医師のためのキャリアとライフサポートを提供しています。
民間医局の各種サービスのクオリティの高さは、は、業界最大級のドクター登録会員数、成約実績で証明されています。
その中でもっとも重要な支援が転職支援のエージェントサービスです。
そのため、民間医局のご利用にあたっては、以下のような方が最適です。
転職を考えているが忙しくてなかなか時間がとれない方、子供がまた小さく、シッターを紹介してくれるところを探している方そのほか、民間医局では、転職支援だけにこだわらず、各種保険などのリスクマネージメントやライフサポート、e-ラーニング、セミナーなど生涯学習支援、 医師同士の情報交流コミュニティの形成支援といったサポートも幅広く行っており、転職以外の面でもさまざまなサポートが受けられます。
そして、開業を考えてる医師には、開業支援セミナー、診療圏調査サービスなども提供してくれています。

民間医局で、エージェントサービスを受ける場合は、以下の手順が必要です。

1.リクルートエントリー まずは登録していただくことが必要です。
2.インタビュー 専任のエージェントが希望している詳細な条件をヒアリングします。
3.プランニングおよび提案 民間医局の専任エージェントがあなたの要望にあった医療施設をさがし提案いたします。
4.面談および施設見学 民間医局の提案に興味がある施設があれば、面談や施設見学を行うことができます。
5.候補の絞り込みや条件の交渉 雇用条件の調整や交渉は民間医局の専任エージェントが行います。
場合によってはトライアル勤務も可能です。
6.入職&アフターフォロー 入職決定後も民間医局がサポートを行います。


posted by ワークマン at 11:06 | 求人情報関連

医師 非公開求人とは



◆転職・仕事探しのヒントの『 医師 非公開求人とは 』を紹介します。◆

医師 非公開求人とは

医師を非公開求人というカタチで医療機関が募集するには、いくつかの理由があります。
地域差はありますが、まず医療機関は、『医師確保』がその医療機関のチカラやイメージなどをあらわす生命線と言われることが多いため、ホームページや求人広告を利用して医師を確保するという習慣があまりないということがあげられます。
最近では、そのような医療関係の業務をおこなっていた業者を中心として医療機関への転職斡旋サイトも増えてきています。
つまり、非公開求人も含め、信頼のおける人や機関からの紹介を重要視、または医師の確保に困っている医療機関と医療機関へのコネがない優秀な医師とのマッチングをビジネスとして取り組む専門の業者が出てきています。
そのため、慢性的な医師不足に加え、その性質上、大々的な人材募集がしづらい医療機関にとっても、医療スキルの向上に尽力するかたわら、就職先をなかなかつかみ取れないヤル気のある医師がチカラを発揮する環境が整ってきています。
そのような医療機関専門の就職斡旋サイトには、医療機関を対象とした経営コンサルティングを行っている株式会社メディウェルの医療転職ドットコム(http://www.dr-10.com/)や総合メディカル株式会社のDtoDコンシェルジュ(http://www.dtod-concierge.com/)、医療介護機関の情報配信サービスをサポートする株式会社キャリアブレインのCBネット(http://www.cabrain.net/)や株式会社エス・エム・エスのドクター・キャリアエージェント(http://www.doctor-ca.com/)があります。


posted by ワークマン at 06:38 | 求人情報関連

医師 求人の現状



◆転職・仕事探しのヒントの『 医師 求人の現状 』を紹介します。◆

医師 求人の現状

医師の求人の現状は、従来のシステムから新しいシステムへの移行 期となっているようです。
医局を中心とした制度が、日本には古く からあり、自分の所属する医局の紹介で関連したところへ転職して いく、というのが一般的でしたが、2004年、「臨床研修必修化」が始まり、これによって、大学の医局は地方への医師派遣が行 えなくなっています。
また、小児科や 産科、救急や麻酔科などは労働条件の厳しさに加え近年では起訴の リスクを背負って診療しなければならず、この科目の医師離れが社 会的問題になっています。
日本の医療界は、慢性的な医師不足に悩 まされており、とくに地方においては社会問題の一つとして挙げら れ、人材マーケットの面からいうと売り手市場といえます。
また、 少子高齢化や失業者数の増加などで社会保険制度も存続が危ぶまれ ており診療報酬改定や医療法の改革などで、医療機関側も、経営に 関してシビアになってきているようです。
また、インターネット等 の情報化が進んだため、医師、医療機関の双方がネットワークを結 ぶことが可能になってきており、医師専門の転職ポータルサイト や、求人情報リンクなどのサイトが増えてきています。
製薬会社の MDや、女性医師のためのキャリアサポート、専門医認定を取得する ための研究先など、従来の病院勤務にとどまらず、幅広い活躍を希 望する医師が増えてきており、自分のスキルを伸ばしながら人生を 充実させたいという医師が増えてきているようです。


posted by ワークマン at 06:32 | 求人情報関連

看護師転職サイト スーパーナース



◆転職・仕事探しのヒントの『 看護師転職サイト スーパーナース 』を紹介します。◆

看護師転職サイト スーパーナース

看護師転職サイトスーパーナースというサイトをご存知でしょうか スーパーナースは、ただの職業紹介所ではありません。
医療関係の企業様や看護師の方に安心と信頼を心がけて派遣や職員採用をご案内します。
看護師の方には一度必ず来社していただき、本人の適正、将来の希望等を面接させていただき、登録手続きをします。
働き方にも正社員としてスーパーナースが条件に合うお仕事を紹介、斡旋。
また、スーパーナースのスタッフとして労働者派遣契約を結び、派遣社員としてあなたを求めている企業様で一定期間働いていただくシステムがあります。
まずは、スパーナースに電話で面接予約を入れてください。
場所は東京、大阪、名古屋、福岡のオフィスで選べます。
あなたのキャリアとカウンセリングをして、面談のその場あるいは後日、専任コーディネーターがあなたにあった仕事の紹介をいたします。
スーパーナースが紹介先とあなたに代わって条件や待遇面等の交渉をします。
言いにくいこと、疑問点等なんでもスーパーナースが調整、解決しますので整った時点で、詳しい資料等をお渡しします。
非常勤の場合はスケジュールが決まり次第、常勤の場合は希望勤務先との書類審査、面談をしてお互い確認の上、就業となります。
スーパーナースでは登録することであなたを支援してくれるさまざまなサービスもあります。
仕事紹介のほかに、キャリアコンサルティング、キャリアアップセミナー、留学支援、在宅看護勉強会、心理カウンセリング等あなたをサポートしてくれます。
まずは登録してみませんか


posted by ワークマン at 23:49 | 求人情報関連

ナースコンパス 転職版



◆転職・仕事探しのヒントの『 ナースコンパス 転職版 』を紹介します。◆

ナースコンパス 転職版

ナースコンパス 転職版というのを、知ってますか。
看護師のための転職・求人・募集の支援サービスのことです。
ネットでは、お仕事の転職や、さまざまな人材派遣サービスを行っている機関やサイトをよく見かけます。
「ナースコンパス 転職版」は、そのターゲットを「看護士」や「薬剤師」などの医療の職種に絞っているのが特徴です。
看護士のお仕事は、人気が高くなり手も多いですね。
でも、せっかく看護士をするのなら、仕事への満足感がモチベーションを維持します。
充実感をもって仕事にあたるとともに、それに見合った収入、体をいたわるためのたっぷりとした休息も必要です。
「人材紹介」サービスでは、キャリアコンサルタントと呼ばれる人々がお手伝い。
しかも、転職活動が終了するまで責任をもって支援するので、より適した転職をすることができるのです。
一方の「人材派遣」の就職先は派遣会社です。
派遣会社に雇用されながら、一定の期間、派遣先の企業や医療機関へ派遣され、そこで就業するものです。
転職や就職には、不安がつきもの。
希望する勤め先の情報は、先方からの説明だけではわかりにくいもの。
報酬や福利厚生も気になりますが、仕事の細かな内容や社風などがあらかじめわかれば、就職を決めるための大きな材料になることでしょう。
「ナースコンパス 転職版」は、「雰囲気」や「職員定着率」など、本当に知りたいことを知らせることを、いつも目指しています。
悩みがあれば、カウンセリングもしてくれます。
しかも、これらは無料。
求人企業や医療機関からの紹介手数料で運営しているので、就職・転職を希望する側には料金がかからないのです。
ホームページには、転職に成功した人の、具体的なコメントも寄せられています。
転職を考えている人には、コメントを読むだけでも参考になるものと思います。


posted by ワークマン at 23:48 | 求人情報関連

ナース人材バンク



◆転職・仕事探しのヒントの『 ナース人材バンク 』を紹介します。◆

ナース人材バンク

ナース人材バンクとは(株)SMSが厚生労働大臣許可(13-ユ-190019)を受け、業界でも数少ない東証マザーズ上場企業の看護師の人材紹介を目的としたサービスです。
都道府県ナースセンターとは違います。
ナースセンターのサービスのひとつのナースバンクは就職先を探している看護師と看護師を雇用したい病院等の施設に登録頂き、厚生労働大臣の認可を受けて、各都道府県の公共職業安定所の管轄のもとに無料で職業紹介をしています。
こちらは人事採用支援サービスを受けている病院等から費用を頂いていますので、看護師の方はすべて無料で利用できます。
就職活動のスケジュール調整から待遇面でも代理交渉もしていますので、より良い環境で豊かな将来の為に看護師という職業をサポートしています。
実際に内定が決まると、給与・勤務時間・休日・研修内容・社会保険の有無などが明記された「雇用概要確認書」を作成します。
いざ入社した後にボーナスや勤務時間などに関する契約違反やトラブルが起きないよう、事前にしっかりと雇用条件を確認することができます。
現在、仕事に満足されている方でも登録してみてはいかがでしょう。
新規オープンの病医院でのお仕事や看護師長クラスの希少求人などハローワークではあまり見かけない求人情報も多いのです。
将来、あなたをもっと高評価してくれる病院施設が見つかることでしょう。


posted by ワークマン at 23:46 | 求人情報関連

ハイネットDr.転職



◆転職・仕事探しのヒントの『 ハイネットDr.転職 』を紹介します。◆

ハイネットDr.転職

ハイネットDr.転職についてご紹介します。
ハイネットDr.転職は、医師と病医院をつなぐワーキング情報サイトです。
医師の求人や募集情報の転職・募集・求人情報掲載されており、豊富な医師の転職情報が満載です。
一般には公開されていない求人、募集情報も掲載されており、転職活動を自ら行う場合に大変有効な情報を得ることができます。
そこは大丈夫!秘密厳守なので、現在の勤務先に知られることなく、求人情報、募集情報の収集を行う事できます。
転職を考えているが忙しくて時間がとれない医師の方、一般には公開されていない求人、募集情報を考慮した転職活動をしたい医師の方、常勤勤務という条件を満たした転職先を差害している医師の方には、最適な転職サイトです。
2008年10月17日現在で、求人件数は、1955件あり、求人地域も北海道・青森・秋田・岩手・山形・宮城・新潟・福島・群馬・栃木・茨城・埼玉・東京・千葉・神奈川・長野・山梨・静岡・富山・石川・福井・岐阜・愛知・滋賀・三重・京都・大阪・奈良・和歌山・兵庫・鳥取・島根・岡山・広島・山口・香川・徳島・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・大分・熊本・宮崎・鹿児島・沖縄と全国にまたがっています。
紹介については、もちろん無料で転職後のサポートも専任のコンサルタントがいるので、安心です。
しかも、必要に応じて、顧問弁護士等と相談することも可能です。

転職までの流れは

1.資料請求 資料請求を行って、資料を確認します。
資料請求すると送られてくる医師登録票に必要事項を記入してご記入のうえ、返送します。
これで、、求職医師として登録されたこととなります。
2.希望条件の確認 担当コンサルタントからメール、電話等希望の連絡方法にて希望条件を確認します。
3.転職情報の提供 登録頂いた内容をもとに、多数の求人医療機関の中から、最適と思われる求人先を紹介。
4.面談 面談日程を調整して、面談日を決定します。
原則としてコンサルタントが立会いの上、求人先の人事担当者と面談。
面談にて直接聞くことが難しいことなどは、コンサルタントがかわりに聞いてくれます。
5.雇用条件の調整 年収、就業時間、休日など細かい部分について、面談日に決定できなかった項目は、別途、ハイネットDr.転職にて調整します。
また、合否の連絡、条件が合わない時の求人先へのお断りもハイネットDr.転職で行います。
6.就職内定・契約 すべての雇用条件等が合致し、ご納得いただいた場合には、ハイネットDr.転職から就職の意志を求人先に伝え、内定の確認をとります。
採用・就職が決定した場合には、先生、求人先、ハイネットの三者間で契約書を交換し、就職となります。


posted by ワークマン at 21:14 | 求人情報関連

看護師 求人の現状



◆転職・仕事探しのヒントの『 看護師 求人の現状 』を紹介します。◆

看護師 求人の現状

看護師の求人の現状は、一般的には売り手市場と言われるています。
確かに、雑誌やネットの求人情報を見ると求人情報はあふれており、引く手あまたといった感じです。
看護師の求人の専門家の力を借りることをお勧めします。
そこで、利用を考えていただきたいのが看護師専門の求人サイト。
たとえば、看護師のお仕事求人お任せWEB:http://www.kangoshi-shigoto.com/nurse/index.html このサイトでは、看護師の転職サポートを専門としているクオキャリアが運営しています。
クオキャリアの転職サポートでは、他の看護師の転職サポートにはないきめ細かな転職をサポートしています。

転職するまでの手順は以下のとおりです。

1.看護師の要望をじっくりヒアリング クオキャリアでは、看護師それぞれにぴったりの職場」をみつけるために、登録していただいた方に、担当カウンセラーがつきます。
そして、給与や勤務条件などのご希望をじっくりとヒアリング。
その内容をもとに一人ひとりの適性や個性に合った病院・クリニックをご紹介します。
費用は一切かかりません。
無料であなたにぴったりあった職場をご紹介します。

2.紹介先は、クオキャリアが厳選 看護師の求人の現状は、売り手市場でも、実際は、離職率も高くなっています。
その原因は、勤める前の印象と勤めた後の実状に “ズレ”が生じてしまうからです。
クオキャリアでは、この“ズレ”をなくすために、紹介する病院・クリニックへ足を運ぶなどして職場のリアルな雰囲気を独自評価。
そのため、看護師の適正や個性に合った病院・クリニックを紹介できます。

3.断るときもスムーズに 独自に転職活動を行い、直接病院・クリニックへ面接に行った場合、たとえば条件が合わなかったり、なんとなく気が進まなかったりした場合、断るのはなかなか気が引けるものです。
しかしクオキャリアを通して面接した場合、その旨を弊社にお伝えしていただくだけでお断りすることができます。
面倒な病院・クリニックとのやりとりは、クオキャリアに任せることであなたを煩わせることはありません。
このような看護師専門の転職サポートをうけることで、あなたにぴったりの職場がみつかるはずです。


posted by ワークマン at 21:12 | 求人情報関連
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。