==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


転職の準備 / 制度について / 仕事探し / 転職の理由 / 履歴書・職務経歴書の書き方と注意事項 / 面接の注意事項 / 退職する前に / ヘッドハンティング・人材派遣 /
転職情報 / 企業に求められる人材とは / 業種と資格 / 転職後の注意 / 上手に転職するには / 退職と健康保険 / 転職活動についての注意事項 / 給付・制度関係 /
中高年の再就職 / 仕事を楽しむ方法 / 自己PR / 税金関係 / 第二新卒の転職 / 退職届け・退職証明書 / アルバイト /  派遣 /  求人情報関連 / 

医師 紹介会社・人材バンク登録のメリット



◆転職・仕事探しのヒントの『 医師 紹介会社・人材バンク登録のメリット 』を紹介します。◆

医師 紹介会社・人材バンク登録のメリット

医師専門の紹介会社、人材バンクへ登録するメリットには、さまざ まなものがあるようです。
医師という仕事は専門性が高いため仕事 を休んで転職活動をするといったことが難しく、また雇用保険も適 用されないことが多いため退職してから転職先を探すとなるとその 間収入が発生しないことになります。
そのため、医師専門の紹介会 社や人材バンクに登録しコーディネーターや、キャリアスタッフな どに面接日時の調整や、転職に際して希望する条件などの交渉を代 行してもらうのです。
雑誌 や、新聞などのメディアに掲載されている情報は新鮮ではないもの が多く、好条件しか掲載されていないことも多いようです。
また、 医療機関が求人する場合、自分の病院名を公表したくない、求人し ているということを知られたくない、ということがあります。
そう いった医療機関が、紹介会社や人材バンクに登録していることが多 いため広く情報を集めたい場合に有利になります。
また、転職はし たいが明確な将来のビジョンがわからないという医師も多く、とり あえず現在の状況から逃げ出したいという理由で転職を希望しても うまくいかないことが多いため第3者である紹介会社や人材バ ンクのコーディネーターと話し合うことで今後の方向性が見え、本 当に転職したいところへ転職することも可能です。
職務が激務であ るため、誰かに相談したくても時間が限られていたり、相談相手が 見つからずに1人で悩んでいる医師も多いようです。
そういっ た医師をサポートするための転職相談を受け付けている紹介会社や 人材バンクも数多くあり様々な視点からのアドバイスを受けること ができます。


posted by ワークマン at 06:33 | 派遣

労働者派遣の適用除外業務



◆転職・仕事探しのヒントの『 労働者派遣の適用除外業務 』を紹介します。◆

労働者派遣の適用除外業務

構造改革が叫ばれてから、様々な社会の動きが出てきましたが、派遣業務というのも大きな勤務形態の一つです。
ここ数年、正規社員の有効的な活用や人件費の減額を目的とした外部労働力(派遣・請負・業務委託等)利用が拡大する一方、違法派遣などの事件が相次いで要るのも事実です。
労働者派遣法は数度の改正を経て、派遣期間・業務・形態の規制緩和が行われてきましたが、派遣労働者の保護・適正運営などの面では逆に規制が強化されてきました。

「安全(健康・労災)配慮義務」などの問題で、委託企業側の賠償責任を問われる裁判例も発生しています。
社会生活の多様化に合わせて、勤務形態の多様化も必要になり、様々な生き方を個人として選択して良いと思います。
良い面での労働の自由な形態の普及は、今後も拡大してゆくでしょうが、その反面、違法な派遣も存在しているのが事実です。
派遣企業にモラルが求められるのが筋ですが、守らない企業がある以上、法律で規制されてしかるべきなのです。
派遣を選ばれた方も、自分の労働環境についての知識は知っておいて頂きたいと思います。

労働者派遣を行うことができない業務としては

港湾運送業務(港湾における、船内荷役・はしけ運送・沿岸荷役やいかだ運送、船積貨物の鑑定・検量等の業務など港湾荷役の現場作業に係るもの)、建設業務(土木、建築その他工作物の建設、改造、保存、修理、変更、破壊若しくは解体の作業又はこれらの準備の作業に係る業務など建設の現場作業に係るもの)、警備業務(事務所、住宅、興行場、駐車場、遊園地等における、または運搬中の現金等に係る盗難等や、雑踏での負傷等の事故の発生を警戒し、防止する業務など警備業法上の警備業務)、病院・診療所における医療関係の業務(医師、歯科医師、薬剤師の調剤、保健婦、助産婦、看護師・准看護師、栄養士等の業務)、物の製造の業務(物の溶融、鋳造、加工、組立て、洗浄、塗装、運搬等物を製造する工程における作業に係る業務です。
ただし、育児休業、介護休業の代替は除きます)、弁護士、司法書士、公認会計士などのいわゆる「士」業(弁護士、外国法事務弁護士、司法書士、土地家屋調査士の業務や、建築士事務所の管理建築士の業務等)の項目が挙げられています。


posted by ワークマン at 21:08 | 派遣

看護師 派遣で働くメリット



◆転職・仕事探しのヒントの『 看護師 派遣で働くメリット 』を紹介します。◆

看護師 派遣で働くメリット

看護師派遣で働くメリットとしては、一般の派遣で働く場合のメリットとほぼ同じような点を挙げることができると思います。
例えば、自分に合った仕事を選んで働くことができる、時間や曜日の都合をつけやすい、煩わしい人間関係に悩むことが少ない、色々な職場・職種を経験することができ、キャリアを磨くことができるなどですね。
看護師の仕事は長時間勤務で精神的にも肉体的にもハードな仕事ですから、常勤として勤めると身体がきついというのはよく聞く話です。
技術と経験を積み重ねたベテランであっても、生活があるわけですから、その生活と両立できずにどんどん職場を去るというのは、医療現場にとって、その損失ははかり知れないものがあります。
このようなことから、看護師派遣で働くメリットは本人だけではなく、看護師不足に悩む医療現場にとっても大きなメリットがあると言えるわけです。
いいことずくめの看護師派遣ですが、当然派遣のディメリットも考慮しておかなくてはいけないでしょう。
派遣契約の期間が満了すれば、そのあとの仕事を保障されているわけではありませんので、次の職場を探さなくてはいけなくなります。
すぐに見つかればいいのですが、ブランクが開いてしまうと、その間の収入が途絶えることになりますので、生活が不安定になってしまう恐れもあります。
子供の教育費や家のローンなど、多額の出費が予定される場合は、派遣のメリット・ディメリットをしっかり比較検討して、派遣で働くのか、常勤として働くのかを決めることが望ましいですね。
看護師の登録に積極的な派遣会社が多いので、その気になれば登録してすぐに派遣看護師として働くことができますが、派遣会社によっては対応があまり良くないところもありますので、登録時には派遣会社をしっかり選択することも大事です。


posted by ワークマン at 19:26 | 派遣

看護師 紹介・派遣会社の転職相談会



◆転職・仕事探しのヒントの『 看護師 紹介・派遣会社の転職相談会 』を紹介します。◆

看護師 紹介・派遣会社の転職相談会

看護師紹介・派遣会社の転職相談会について一緒に考えてみましょう。
今日本の医療現場は、都市集中型に偏り全国的に医師不足、看護師不足が叫ばれています。
特に、看護師の場合、医療現場だけでなく介護現場での人材要求が多い為、それを補うほどの人材が不足しています。
この場合継続しての転職もありますが、結婚・出産後の看護師たちの現場復帰の為の看護師を紹介する派遣会社の転職相談会もニーズがあります。
看護師資格を持っている人の転職や再就職は、転職・派遣紹介会社のサイトからある程度の情報を知ることが出来ますが、派遣会社の転職相談会に参加するのも良い職場を探す情報収集の手段になるでしょう。
この看護師の為の転職・就職説明会は、全国のいろんな会社が開催しています。
会場では、採用担当者や現場で働く方ともじっくり話ができる機会になるほか、無料で参加できるスキルアップセミナーなども予定されています。
例えば、「カンゴジョブ」(https://njob.m3.com/?act=public_form_fairlisting_init&egi=11)の看護適職フェアなどの転職説明会があります。
全国の10会場で行われます。
看護師の有資格者の転職・再就職活動に活用しましょう。


posted by ワークマン at 19:12 | 派遣

派遣法



◆転職・仕事探しのヒントの『 派遣法 』を紹介します。◆

派遣法

派遣法の正式な名称は「労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律」です。
「派遣法」というのは通称で、他にも「労働者派遣法」などとも言われています。
派遣法は1986年7月1日から施行されています。
その後、社会環境の変化に対応して、幾度となく改正が行われています。
派遣法は、派遣社員の雇用の安定、また雇用だけではなく福祉面での充実、派遣社員の権利等を守る法律です。
たとえば、派遣法の制定時には制限されていた派遣として働ける仕事の種類が、2003年の改正によって現在では原則的に自由化されています。
また、近年の法改正によって今までの派遣の期限が1年だったのが3年まで延びたり、専門性の高い限られた業務に関しては無期限で行えるようになっています。
近時では、2007年4月にも派遣法の改正が行われ、派遣受入期間の延長、派遣労働者の衛生や労働保険への配慮なども認められるようになっています。
今秋の臨時国会でも派遣法を改正し、1ヵ月未満の短期派遣は、日雇い派遣も含めて禁止する見込みになっています。
派遣労働者の権利や雇用側の主張を、法改正によって取り入れていった結果、現在の派遣法があります。
現在の社会の雇用体系において、派遣社員は派遣法の整備により、正社員、アルバイト・パートと同じく重要な存在となってきています。


posted by ワークマン at 06:01 | 派遣

it 派遣



◆転職・仕事探しのヒントの『 it 派遣 』を紹介します。◆

it 派遣

人材派遣の需要が高まり、いまでは必要不可欠な分野となっています。
会社や企業の人材は、派遣社員で運営されているところも少なくありません。
そのため、派遣される人材は多岐に渡っています。
たとえば、経理や財務などの事務系、販売などの営業系、銀行や証券窓口の金融系、SEやプログラマーなどのIT系、研究開発などの技術系など、派遣の仕事は会社のほとんど全ての業務を網羅しています。
その中でもit派遣社員は特殊な技術が必要とされるため、賃金も高く需要も多くなっています。
人材派遣でも、it関連への派遣を専門に扱っている派遣会社があります。
また、it派遣の職種には、Web系、ネットワーク系、クリエイティブ系、サポート系、開発系、システム運用系などの分野があります。
it派遣の登録は、専門職のために経験者のみとなります。
it派遣スタッフの登録を希望する場合は、まずWebで仮登録をしIDの交付を受けます。
そして、サイトもしくは電話によって、登録会の予約を申し込みます。
この時、事前にサイトから希望の職種やスキルなどを入力しておきます。
登録会では、情報の確認、スキルチェック、面談などが行われ、希望職種が見つかった場合は、派遣会社より連絡が入ります。
it派遣の場合は、自己の能力を充分に発揮できるとともに、新たな経験と実績を積む機会ともなります。
またit業界にありがちな不規則な労働時間も、事前に確認し希望を伝えることも可能です。


posted by ワークマン at 05:59 | 派遣

派遣 ランキング



◆転職・仕事探しのヒントの『 派遣 ランキング 』を紹介します。◆

派遣 ランキング

派遣とは一般的に人材派遣を示します。
社会の仕組みが変化して、企業や会社では正社員を雇う割合が少なくなっています。
そして必要な人材は、その都度人材派遣会社からの派遣社員でまかなうようになりました。
この人材派遣を紹介するサイトには、いろいろな種類があります。
一番のメインは、派遣会社のサイトですね。
つまり、ランキングを示すことで派遣会社のPRをすることになり、ランキングサイトから派遣社員の希望者を登録へ導入する役割も果たしています。
派遣ランキングは、スタッフの満足度や派遣を受け入れる企業の満足度、派遣決定の早さ、福利厚生の充実度、口コミ情報、などランキングサイト独自の視点で分析しています。
おもな、派遣ランキングサイトには、派遣サーチ(http://www.haken-search.net/)、派遣★比較ガイド(http://www.haken-guide.jp/)、人材派遣ランキング(オリコン顧客満足度ランキング)(http://career.oricon.co.jp/rank/)、派遣会社口コミ人気ランキング(http://i-sigoto.com/)、人材派遣会社 クチコミランキング(http://kuchiran.jp/business/temp.html)、などがあります。
派遣会社の実情を知るために役立つサイトです。
また、派遣ランキングサイトでランクされている派遣会社には、パソナ、リクルート スタッフィング、アデコ、松下エクセルスタッフ、フジスタッフなどがあります。
いろんなランキングサイトを比較することで、派遣の実情や気を付けるところなども見つけることができます。
またランキングサイトからは、それぞれの派遣会社へのリンクが設定されているため、希望する職種や仕事、会社などが見つかれば、そのまま登録することもできます。


posted by ワークマン at 06:39 | 派遣

アデコ 派遣



◆転職・仕事探しのヒントの『 アデコ 派遣 』を紹介します。◆

アデコ 派遣

アデコ株式会社は、人材派遣のなかでも上位にランキングされる人気の会社です。
スイスに本社がある総合人材サービスの会社で、国内では1985年に設立されました。
人材派遣の業務では、自分らしい働き方を探している人と適材を探している企業を結ぶサービスを行っていると、会社概要で公表されています。
働く意識が変化してきた現代の社会に向けて、よりよいサービスを提供しています。
そして予約した日時に会社を訪問し、スタッフ登録の手続きを行います。
登録説明会でも同じようにスタッフ登録を行うことができますので、Webサイトまたは電話で会場と日時を予約します。
登録手続きには、必要な書類や印鑑を持参します。
アデコのスタッフ登録には、派遣や紹介予定派遣のほかに、登録型アルバイトや人材紹介、契約社員など幅広いコースが設定されています。
派遣コースは、オフィス系、語学系、研究開発系、製造系、ITエンジニア系、販売系、営業系、医療系など様々な職種から、自分に合った企業を選ぶことができます。
また、スタッフ登録の基準は、18歳以上で(高校生を除く)、原則として仕事の実務経験のある人となっています。
派遣の仕事の紹介は、スタッフ登録時に希望に合った仕事があればその場で紹介されます。
また希望する仕事が見つからなかったときは、随時メールや電話で連絡が入ります。
また、スタッフ専用のサイト(MyAdecco)が用意されていますので、毎日更新される仕事情報のなかから、自分が希望する仕事を検索し応募することができます。
人材派遣のアデコは、現代の仕事事情にマッチしたソリューションを提供する会社です。


posted by ワークマン at 06:38 | 派遣

cad 派遣



◆転職・仕事探しのヒントの『 cad 派遣 』を紹介します。◆

cad 派遣

cad 派遣をお探しでしょうか?単発の派遣を探しているのでしたら、アデコで探してみるのはいかがですか?アデコなら、膨大な求人情報から仕事の紹介が受けら、IT・エンジニア派遣から仕事を選ぶことが出来ます。
もちろん、製図やcadオペレーターの仕事も紹介されています。
アデコに登録して、cad 派遣の仕事を探すとメリットもたくさんあります。
アデコは、スタッフサポートが充実しており、口コミの評判も高い派遣会社です。
cad 派遣というような専門的な職種では、派遣会社が限られてしまいますが、派遣会社側のサポートや紹介される会社の多さは、どの会社に登録するのか選ぶときの重要なポイントとなりますよね。
アデコは、世界規模を誇る人材派遣会社なので、その求人情報の多さは、業界でも有数です。
また、アデコの特徴として、仕事の紹介や派遣として就業中に疑問・悩みを改善するサポートダイヤルが開設されていることがあげられます。
必要な条件はあるものの、正社員と同等の対応をとってくれますし、好評なアデコのクラブオフに入ることが出来ます。
会員限定で会員優待料金サービスを受けることができます。
アデコはこのクラブオフが充実している事でも知られており、派遣社員からも好評のサービスとなっています。
クラブオフはクラブ運営費を企業・法人が受け持つことで優待が受けられるもので、アデコと契約している方は負担なしにサービスを受けられ、割安で映画やレジャー施設に行けたり、特別価格でリゾートを楽しむ事が出来ます。
アデコのクラブオフは就労状態に関係なく、登録している方なら誰でも利用できます。
cad 派遣のような専門性の高い職種は、会社を選ぶのに時間がかかることが多いですよね。
その点、アデコのクラブオフは、就労状態に関係なく登録している方ならだれでも利用できる点が大きなメリットとなります。
このクラブオフを利用するために、アデコの登録を希望する方も多いようです。
また、アデコでは、派遣社員として働く上でキャリアを磨きたいと考えている方にも、とても優れたメリットがあります。
アデコではキャリアカウンセリングを行っており、専門のカウンセラーからアドバイスを受けることが出来ます。
スキルアップ、キャリアアップを目指す時も、全面的なバックアップを受けることが出来ます。
また、海外留学・インターンシップや、自宅にいながら学習できるインターネットを利用したeラーニングなどが手軽に利用できるように環境が整えられています。
加えて、アデコでは提携スクールの入会金免除・受講料割引などがありその点でも、cad 派遣のような専門性が高く、高スキルを要求される職種での評価が高く、スキルを上げて仕事に活かしたい方にお薦め出来る派遣会社です。


posted by ワークマン at 06:36 | 派遣

講師 派遣



◆転職・仕事探しのヒントの『 講師 派遣 』を紹介します。◆

講師 派遣

講師 派遣の需要が伸びているようです。
一般に講師を要求するのは研修会・スキルアップセミナー・料理教室・体力アップセミナーなどですが、有名なアスリートを講師に招く場合もあります。
講師を呼ぶときは、人のツテを使う場合もありますが、講師 派遣を業務としている会社がありますので、トータル的にはその方が便利でしょう。
講師派遣の依頼する会社が決まれば、次のような流れで必要な講師派遣を具体化しましょう。
先ず、講師(講師派遣会社)にこちらの狙いが何かを率直に伝えましょう。
次に、日程調整をしましょう。
こちらが希望する日にちに希望する講師が空いている確証はありませんので、日程調整は重要です。
又、自社ビルなどでの開催なら問題ありませんがホテルや公共施設など外部での開催の場合は、主催者の希望日と講師の派遣可能日、会場の使用可能日が一致しなければなりませんのでご注意を。
そして、参加人数を知らせ、経費の確認 ・開催日決定・会場予約 交通・宿泊手配・参加者最終確認・テキストの準備(講師からレジュメを事前に貰い主催者が参加者分コピーなどをする)・会場設営・開催と言う流れになります。


posted by ワークマン at 22:25 | 派遣

経理 派遣



◆転職・仕事探しのヒントの『 経理 派遣 』を紹介します。◆

経理 派遣

経理の派遣の需要が伸びています。
日本の就業形態が大きく変更している中、正規社員より非正規社員である派遣やパート従業員が増えていることは時代の流れです。
正規社員を採用した場合にかかる賞与・社会保険・福利厚生費等の人件費や、採用・教育等にかかる時間とコストが派遣などの非正規社員を雇えば削減できるからです。
そこで、経理も派遣で賄う会社が増えています。
今企業では、経理総務のスキルがある人が不足しています。
経理は簿記、会計、税務、保険業務などある程度のスキルを持った専門職ですし、短期雇用は殆ど無く長期雇用(派遣)になります。
又、経理は会社の台所事情が手に取るように分かる部署になるので、担当部長や社長に認められれば、その会社の正規経理社員になり易いというメリットもあります。
経理スキルを持っている方なら先ず、派遣会社に登録し、派遣先を斡旋してもらいましょう。
経理の仕事には様々な業務レベルがあるので、人材派遣会社や紹介予定派遣で自分の能力に合った仕事を探してくれます。
又、簿記だけではなく税理士科目・社労士資格などを取れば高収入も期待できます。
この場合、登録している派遣会社で学費補助をしてくれます。


posted by ワークマン at 21:25 | 派遣

単発 派遣



◆転職・仕事探しのヒントの『 単発 派遣 』を紹介します。◆

単発 派遣

単発派遣をお探しでしょうか?単発の派遣を探しているのでしたら、アデコスタッフサポートはいかがでしょうか?
アデコなら、膨大な求人情報から仕事の紹介が受けられます。
また、スタッフサポートも充実しており、口コミの評判も高い派遣会社です。
単発の派遣であっても、派遣会社側のサポートや紹介される職種の多さは、重要ですよね。
世界規模を誇る人材派遣会社なので、その求人情報の多さは、業界でも有数です。
また、アデコの特徴として、仕事の紹介や派遣として就業中に疑問・悩みを改善するサポートダイヤルが開設されていることがあげられます。
アデコで働くとこの手厚いサポートを受けることが出来ます。
もちろん、派遣社員もこのサービスを受けることが出来ます。
アデコはこのクラブオフが充実している事でも知られており、派遣社員からも好評のサービスとなっています。
クラブオフはクラブ運営費を企業・法人が受け持つことで優待が受けられるもので、アデコと契約している方は負担なしにサービスを受けられ、割安で映画やレジャー施設に行けたり、特別価格でリゾートを楽しむ事が出来ます。
アデコのクラブオフは就労状態に関係なく、登録している方なら誰でも利用できます。
このクラブオフを利用するために、アデコの登録を希望する方も多いようです。
また、単発の仕事であっても、子育て中に働きたい場合があるかもしれませんね。
そんな方にもアデコはおすすめです。
アデコはベビーシッター育児支援事業の協定企業であり、社団法人全国ベビーシッター協会加盟の施設を利用する際は、1日につき1,500円割引になります。
そのほか、ベビーシッター・保育施設の入会金が無料になるこのともあるほか、アデコのクラブオフに入会することのにより、ベビー用品が割安価格で購入できたり、育児についてのアドバイスを受けることができたりします。
まさに、育児中にはとても便利で、手厚いサービスを受けることが出来ます。
アデコは福利厚生の内容が手厚く、安心して働ける派遣会社ですから、一度登録を検討してはいかがでしょうか。


posted by ワークマン at 18:15 | 派遣

看護師 派遣



◆転職・仕事探しのヒントの『 看護師 派遣 』を紹介します。◆

看護師 派遣

看護士の派遣は慢性的な人手不足と言われています。
実際には人がいないのも事実ですが、人が偏りすぎている事実もあるでしょう。
人手不足と言われている今日でも集まるところにはしっかり看護士は集まっています。
ではどんな病院に看護士が集まっているのでしょうか?それは、他と比べて給料が良い。
夜勤者の増員をしっかり図っている。
教育体制がしっかりしている。
等など。
また、これは派遣全般に言えることですが、ボーナスはありません。
ただ、メリットとしては、激務というのは無く、決められた時間内で帰ることができる。
業務内容も、割と単純で楽なものが多い。
普通のアルバイトと比べればまだ自給は高い。
嫌な患者(特に入院患者)がいても長く付き合う必要がない。
辞めたい時に辞めれる。
大きな病院にありがちな、無給の勉強会などが無い。
派遣会社を通している為、細々したトラブル等は、派遣会社が対応してくれる。
自分で仕事を選べる(契約前)。
ワンショット(その場限りの仕事)等は、後腐れ無く、気分的にも楽。
など等、常勤と比べて、自由というか拘束が少ないところはメリットと言えるでしょう。
ただ、職務内容は時には人の命をも左右するものなので、余程の理由で無い限りの突然休むことはできないのは常勤であろうと、派遣であろうと同じです。
派遣の看護士を望んでいる方は、これら条件をよく踏まえた上で、最終的な病院・雇用条件をよく確認することが、派遣の看護士として成功する必要条件と言えるでしょう。


posted by ワークマン at 18:13 | 派遣

リクナビ派遣



◆転職・仕事探しのヒントの『 リクナビ派遣 』を紹介します。◆

リクナビ派遣

リクナビ派遣は、リクルートが運営しているWEBサイトです。
職種、勤務地、希望駅などといった検索条件からまとめて一気に複数の案件を表示させることができるので、とても便利です。
派遣会社別に表示することや、紹介予定派遣での募集といったことも検索キーにすることができます。
ここで自分の条件にあうものをどんどんエントリーしていきましょう。
エントリーだけの段階でしたら、手間はかかりません。
エントリーすると、派遣会社から、登録会に来てください、などとの連絡が来ます。
まったく連絡がないという場合は、こちらが提示した条件とあちらが求めているものがあわなかったためか、もしくは、あちらの事務関係がルーズということです。
よっぽどその仕事に就きたいなら別ですが、ほかにもあるのなら、この派遣会社は切ってしまいましょう。
そうして、こちらにコンタクトをとってくれた派遣会社に対して、アプローチをかけていきます。
まずは、直接電話をかけて、その仕事について、職場のことについてなど質問してみましょう。
質問することは、熱意のあらわれでもあります。
また、やりとりの回数をこなしていくことで、派遣会社の人に、より自分のことを知ってもらうことにもつながります。
電話のやりとりで、こちらもいい印象があったら、登録会にいって正式に登録しましょう。
派遣会社にもあたりはずれがあります。
リクナビはとても便利で、すぐに自分の希望条件の仕事をヒットさせてくれますが、そのすべてに対して登録会へ出かけて行っては手間がかかりすぎです。


posted by ワークマン at 18:11 | 派遣

医療事務 派遣



◆転職・仕事探しのヒントの『 医療事務 派遣 』を紹介します。◆

医療事務 派遣

医療事務の派遣は、結婚された女性の仕事として、子供がいても働きやすいということで、人気が高い職種です。
未経験でも可、というところもありますが、これが通じるのは、20代までと思っておいた方が無難です。
30を超えると、一度でも経験あり、でないと、競争率が高いこともあり、採用は難しいです。
ですので、医療事務の仕事に就くためだけに10万くらいはかかる医療事務のスクールに行くのは、あまり賢明ではありません。
むしろ、資格の知識というよりも、協調性や、接客業、コールセンターなどの経験などの方が重要といえます。
それは、たいていの医療事務は、レセプト処理だけではなく、会計の受付業務や、外部からの電話の応対なども兼用することが多く、患者さんとのちょっとしたコミュニケーションなどがあるからです。
ですので、最初は誰でも未経験ですから、エントリーするときは、明るさや、人当たりのよさ、そしてパソコン操作に問題がないことをアピールするといいでしょう。
あと、大事なポイントとして、あまりに、出勤できる曜日や時間帯を限定しすぎる(午前中のみとか)と、採用する側も使いづらいし、人員をまわしづらくなるので、採用されにくくなります。
そして競争倍率が高く、休みが少ない、忙しいといった条件に見合うほどの時給はでないので、医療事務という仕事にやりがいをもって働けるかどうか、を考えて臨む必要があります。
また、務める病院にも、総合病院から、単一クリニック、薬局とそれぞれ違うので、自分にあったところで働きましょう。


posted by ワークマン at 18:09 | 派遣

en 派遣とは



◆転職・仕事探しのヒントの『 en 派遣とは 』を紹介します。◆

en 派遣とは

enは派遣や転職支援会社として有名です。
今回はこのenの派遣業務についてです。
派遣にも様々な形態がありますが、その中でも紹介予定派遣というのが注目を集めています。
紹介予定派遣とは、派遣先企業の正社員・契約社員になることを前提として働く派遣契約のことです。
契約期間は最長で6ヶ月です。
その内容が自分にとってプラスのことであれば良いですが、マイナスの要因ができきた場合、入社してしまった以上、簡単には止めることはできません。
またこれは、雇う側の企業にも全く同じことが言え、実際あなたの仕事ぶりを見て、採用すべき人材かどうかを判断できるので、ミスマッチを双方にとって、防ぐことができることができるのです。
これが紹介予定派遣の大きな特徴です。
そして、enではこの紹介予定派遣に力を入れており、現在enのホームページを見てもらえれば分かると思いますが、大まかな流れから、細かな質問まで、Q&Aも設けて斡旋しています。
一方的な情報提供では無く、口コミ情報なども掲載されており、大変参考になると思います。
enの強みは、やはり業界大手であり、案件数が他と比べて断然多いことです。
そして、案件情報は常に最新の状態でアップデートされており、また、検索機能も充実しており、派遣を希望する方の要望を大変スムーズに導いてくれます。
特に今回が初めてという方などには、enは一通り網羅されており、大変充実した派遣支援会社と言えるでしょう。
ご参考:en派遣のお仕事情報http://haken.en-japan.com/


posted by ワークマン at 12:33 | 派遣

短期 派遣



◆転職・仕事探しのヒントの『 短期 派遣 』を紹介します。◆

短期 派遣

短期派遣に人気が集まっているようなので調べてみました。
そもそも短気派遣とは一般的に言えば派遣契約が三ヶ月以内で満了する派遣の仕事のことを言います。
ただし最初の契約に関しては三ヶ月以内というだけであって仕事によっては契約を更新することによりさらに長く仕事が続けられる事もあります。
仕事の内容はさまざまですが例えばデータ入力や資料作成などの事務系の仕事が目立つようです。
これらはPCのスキルやWordやExclの使い方をマスターしておけば有利に働くことが出来ます。
また、自分にはどのような仕事が合っているのかを確かめたい人にも最適です。
いろいろな仕事を短期間だけ働いてみて納得の行く結論を出すことが出来ます。
つまり自由度のある派遣が短気派遣なのです。
それから最近は仕事場での人間関係やその仕事が自分に合っていないなどの理由でストレスを訴えられるケースが少なくありません。
このような場合、事前にその仕事場で実際に働いてみることでそのストレスを回避することが出来ます。
こうすればある程度の観察も出来ますし、将来の仕事を決める判断材料になることは間違いありません。
今の若者は自分の個性や生活スタイルを大切にしています。
それは自分の時間を大切にすることにもつながります。
フルタイムで働くことは避け、短期間だけの派遣の仕事を繰り返して生活していく労働スタイルを選ぶ若者が増えているという事です。
その意味からも短気派遣のメリットを理解して活用していくことが大切です。


posted by ワークマン at 12:32 | 派遣

派遣社員の処遇



◆転職・仕事探しのヒントの『 派遣社員の処遇 』を紹介します。◆

派遣社員の処遇

派遣社員とは企業と直接雇用契約を結ぶのではなく派遣会社と雇用契約を結び、派遣会社以外の会社の下に派遣されその指示の下働く労働者のことです。
いわば直接ではなく、間接雇用になりますが従来は専門性の高い職種だけに限定されていました。
職業安定法で「労働者の労働契約に関して業として仲介をして利益を得る事は禁止」となっていましたが、規制緩和により労働者派遣法が制定され、専門性が強くかつ一時的に人材が必要となる職業において解禁。
改正労働者派遣法により、原則的に解禁され、禁止業種以外の派遣が可能となりました。
企業側は日本の美点でもあった終身雇用は見切りをつけて都合の良い派遣社員で収益を確保している、派遣社員の実態が使い捨てになっているなど新聞に記事が出る事も珍しくなくなっています。
賃金・労働条件・社会保険・安全衛生などは、派遣元である派遣会社に責任があり、派遣会社はこれを守る義務があります。
労働基準法や最低賃金法・労働安全衛生法など多くの法律が、派遣・契約で働く人たちの権利を保障しています。
一例をあげますと派遣社員でも一定の条件を満たせば、労働基準法に定められた日数の有給はとれます。
年次有給休暇を取っても賃金をカットされたり、解雇されたりすることはありません。
派遣として働いている人の多くは、こうした法律に保護されていることを知らないかもしれませんが不安な点が出た場合には派遣会社に相談するべきで、場合によっては労働基準監督署に相談する事も視野に入れると良いでしょう。


posted by ワークマン at 12:30 | 派遣

派遣 登録



◆転職・仕事探しのヒントの『 派遣 登録 』を紹介します。◆

派遣 登録

派遣の登録をしておくことは、仕事への取り組み方が多様化しておく現代において、いくつかのメリットがあります。
人材派遣の斡旋業者に登録しておくと、あなた専任の派遣コーディネーターがついてくれ、希望の仕事や性格にあった職場を紹介してくれるだけでなく、就業後の職場での悩みなどにも相談にのってくれます。
なによりも、さまざまな仕事を体験でき、スキル(技術)を習得することが可能なのが、なによりの魅力といえます。
派遣の仕事には、さまざまな職種があり、事務職などのオフィスワーク系や営業・販売・サービス系、デザインなどを行うクリエイティブ系、エンジニア職だとIT系や設計などの技術系があり、医療系やインストラクターなどがあります。
人材派遣会社もいろいろありますが、クチコミランキング(http;//kuchiran.jp/)によると、総合ナンバー1は、ズバ抜けた派遣登録数を誇るリクルートグループの人材派遣会社、リクルートスタッフィング(http://www.r-staffing.co.jp/)です。
リクルートスタッフィングは、有給休暇や年1回の健康診断はもちろん、子持ちの女性のためのベビーシッター割引制度や、30歳以上の方には人間ドックが無料でうけられるなどのサポート制度があるところが一番の魅力。
しかも、年間3泊までは旅行の際、1泊あたり5000円の宿泊補助やWordやExcelなどのパソコン初心者向けのOAレスキューもあるなど、総合的な満足度がかなり高く人気が高いです。
次に国内2位のシェアを持つのがテンプスタッフ(http://www.tempstaff.co.jp/)
語学や金融、カルチャーなどが学べるeラーニング『aca-ne』の受講や、仕事・心・体の悩みを相談できる相談室が無料で利用できたり、国内外のホテルを最大80%割引で利用できる『テンプスタッフClubOff』などが人気の秘密です。


posted by ワークマン at 06:30 | 派遣

派遣 事務職



◆転職・仕事探しのヒントの『 派遣 事務職 』を紹介します。◆

派遣 事務職

最近の日本の社会は、昔と違って、雇用形態が大きく変わり、ある首相が、「構造改革」を叫んでから、大きく、終身雇用から、能力主義雇用へと変換しました。
派遣社員というのが、労働者の1/3にも達する社会構造になりました。
グローバル化という、世界基準の影響のもと、新卒といえども正社員になり社会となりました。
貴方の職場でも、派遣社員を見つけるのは珍しくないのではないですか?企業には必要不可欠な事務職、以前では、秘密保持のため、中心部門でもある事務職に派遣社員は珍しいことでしたが、今や常識になりつつありますね。
どんな企業にも必ず必要な職種であるため、派遣のニーズが非常に高く、就業機会の多い仕事です。
時間に不正確な職種から、自分のやりたいこともできる勤務時間が決まっている職種に転職する人も増えています。
ただ、就職の機会を逃がした人の隠れ家的存在ではなくなってきた背景もあります。
企業も人件費節約という必要から、派遣社員を求めているところもあります。
効率が優先されているのです。
今や、日立、松下、旭化成など、一流企業と言われるグループもそれぞれに系列派遣会社を作り、自分たちのグループ企業に、即戦力で仕える人材を、社員より低い費用で使える体制を整えています。
派遣事務職は、このような背景で成り立っています。
これにより、社会の歪も多く現れてきているのは事実ですが、健全な社会として、どう取り組むかは、国民全体で議論が必要な時期にも来ているのは事実です。


posted by ワークマン at 06:29 | 派遣

紹介予定派遣のメリット



◆転職・仕事探しのヒントの『 紹介予定派遣のメリット 』を紹介します。◆

紹介予定派遣のメリット

直接雇用を前提に派遣社員を受け入れる制度である紹介予定派遣のメリットについて述べて行きます。
紹介予定派遣は、派遣先にも派遣社員にも双方にメリットがあります。

【派遣先のメリット】
@求人・採用の手間がかからないこと。様々な採用に関する業務を、派遣会社に代行させることができるわけです(時間・労力・コストの削減)。
A通常の試用期間と異なり、雇用しなくてもよいこと(採用は強制されません)。
B派遣期間中に採用するかどうかをじっくりと検討できること。
C試用期間ならば、その満了時に本採用を拒否する場合のリスク(実質は解雇であり、正当な理由が必要)がありますが、紹介予定派遣ではそれを回避できること。

【派遣社員の側のメリット】
@実際の仕事を経験できるので、派遣期間中に職場との適正を判断できること。
紹介予定派遣はお互いのミスマッチを解消することが最大の特徴なので、派遣社員側から入社を断ることもできます。
A転職活動時のプロセスである書類選考や面接などは短時間で判断されるのに対して、派遣期間中に長い目で自分の能力、人柄、将来性をアピールできること。
早ければ派遣期間中(派遣期間終了前)でも、採用内定がされるケースもあります。
B普通の派遣社員より待遇の良い場合があること。
紹介予定派遣の場合、派遣期間中は、普通の派遣社員と業務面は同じことが多いようです。しかし、紹介予定派遣の場合、企業側は正式採用を前提としていますので、待遇面では正社員と 同様のケースもあります。
C辞めても自分の職業経歴に影響がないことなどがあげられます。

以上のように、紹介予定派遣制度は、企業と求職者のお互いのミスマッチを解消する制度といえます。


posted by ワークマン at 06:27 | 派遣

紹介予定派遣とは



◆転職・仕事探しのヒントの『 紹介予定派遣とは 』を紹介します。◆

紹介予定派遣とは

紹介予定派遣について調べてみました。
紹介予定派遣をわかりやすく説明するならば派遣先企業の社員となることを前提として働く派遣契約のことを言います。
この場合、正社員はもとより契約社員や嘱託なども含みます。
派遣契約の期間は最長六ヶ月です。
派遣期間中において派遣社員は正社員として働くかどうかを見極めます。
さらに派遣先企業は採用するかを判断します。
続いて派遣期間終了後にその決定を行なうのです。
まず派遣登録会に登録します。
登録後には随時希望に沿った仕事が紹介されます。
この時、希望条件を変更したい場合には係りの人に伝えます。
希望の仕事が見つかった場合には係りの者が同行して派遣先企業へ出向き勤務内容や働く条件などを確認します。
ここで付け加えておきますが2004年の3月から派遣法改正により紹介予定派遣の場合、企業への履歴書提出と面接が可能になりました。
つまり必要に応じて面接、書類の選考も有り得るという事です。
働きたい人と雇う企業、さらには派遣会社との契約が成り立ったら派遣就業が開始されます。
派遣期間中は係りの者が万全の体制でサポートしてくれます。
派遣期間は長くて半年ですが、期間終了の1〜2ヶ月前に企業側に係りの者が就業条件を確認します。
その内容は働く人へ伝えられ入社の意思が確認されるのです。
万が一納得できない場合には派遣契約終了日をもち契約終了になるのです。
幸いに双方が合意に至った場合には企業への正式な採用となります。
紹介予定派遣は働きたい人には職場の様子や仕事の内容が事前にわかりますし企業は採用する前に性格や仕事の出来、協調性などを見ることが出来ますので大いに利用する価値のある仕組みだと言えます。


posted by ワークマン at 20:58 | 派遣

派遣会社



◆転職・仕事探しのヒントの『 派遣会社 』を紹介します。◆

派遣会社

派遣会社とは、企業などで働く人を斡旋する会社で、人材派遣会社といわれています。
また、派遣会社と契約して企業などで働く人を派遣社員と呼びます。
派遣社員は、派遣会社と契約し斡旋された会社などで仕事をします。
職場での上司は派遣先の人になりますが、雇用契約は派遣会社と行いますので給与は派遣会社から支払われます。
現在では、人事管理の問題や経費の関係から、派遣社員を導入する企業が多くなってきています。
契約をするには、希望する派遣会社に電話やインターネットから面接の予約を申し込みます。
決められた日時に指定の場所へ出向きますが、この間に派遣の希望エリアや職種を連絡しておくと、面接もスムーズに進みます。
また面接に際しては、派遣会社によって異なりますが、本人を確認する書類や印鑑、職歴、予約IDなどが必要となります。
派遣会社との面接に合格し希望する仕事があった場合は、通知が来て派遣先で仕事を始めることになります。
また、希望する仕事が見つからない場合は、ネット上のサイトから検索することができます。
さらに、派遣会社によっては、希望する職種などを登録することで、仕事の情報をメールなどで知らせてくれるサービスもあります。
ケータイメールにも届けられるため、どこでも新着メールを確認することができます。


posted by ワークマン at 20:55 | 派遣

人材派遣



◆転職・仕事探しのヒントの『 人材派遣 』を紹介します。◆

人材派遣

人材派遣とは、企業などに労働者を派遣することで、派遣会社は人材派遣業を営むことなります。
よく知られている人材派遣に、スタッフサービスなどがあります。
会社で正社員を雇うよりも管理が楽になり、コストも下がることから、現在では多くの企業が人材派遣を利用しています。
なかには、正社員が1人ないし数名で、あとは全て人材派遣でまかなっているところもあります。
派遣労働者の相談を行うセンターや人材育成・レベルアップセミナーなども開催しています。
これは、派遣労働者の生活を補償する取り組みとなっています。
しかし一方で大手人材派遣会社では、長期間の派遣が見込まれる場合であっても、3ヶ月更新の労働条件を提示する、といったことも見うけられます。
またその他にも、賃金や労働条件のトラブル、派遣先企業での問題などが報道されるなど、問題も多く含んでいる人材派遣業界でもあります。
また人材派遣が増えている要因は、正社員となって会社に縛られたくない、と言う人が増えていることも挙げられます。
ニートやフリーターが社会問題にまで発展していますが、3ヶ月ごとに気楽に仕事を選びたい、規則に縛られたくない、できれば責任を取りたくない、気楽に仕事をしたい、など現代の若者気質が人材派遣を支えているとも言えそうです。
人材派遣で働くためには、人材派遣会社に登録し、希望する職種、地域、賃金、労働時間などからエントリーします。
今では、ネット上に人材派遣会社のサイトが多く存在し、簡単に検索や登録ができるようになっています。
この手軽さも、人材派遣の大きな特徴となっています。


posted by ワークマン at 20:54 | 派遣
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。