==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


転職の準備 / 制度について / 仕事探し / 転職の理由 / 履歴書・職務経歴書の書き方と注意事項 / 面接の注意事項 / 退職する前に / ヘッドハンティング・人材派遣 /
転職情報 / 企業に求められる人材とは / 業種と資格 / 転職後の注意 / 上手に転職するには / 退職と健康保険 / 転職活動についての注意事項 / 給付・制度関係 /
中高年の再就職 / 仕事を楽しむ方法 / 自己PR / 税金関係 / 第二新卒の転職 / 退職届け・退職証明書 / アルバイト /  派遣 /  求人情報関連 / 

第二新卒とは



◆転職・仕事探しのヒントの『 第二新卒とは 』を紹介します。◆

第二新卒とは

第二新卒」とは、新卒入社3年以内の社会人のこと。

一般的には25歳までを指し、正社員または契約社員、派遣社員として働いた経験がある人のことです 。

これまでは、「就職に失敗した人、我慢ができない人」とマイナスイメージで見られることも多かったのですが、近年では、社会人としての基本マナーを身につけていて、他社の企業風土に染まりきっていないなどの点を評価し、積極的に採用する企業が増えています。

社会人歴は3年以内。

経験はまだまだ浅いけれど、やる気は十分ある!そんな若ものが、多くの企業から熱い視線を浴びて、その心意気を買おうとしていることに気付いていますか?今の実力では、「いい転職」なんてできないだろう…。

もし経験不足の理由から、20代のあなたがそんなふうに考えているのなら、大きな間違いです。

企業が第二新卒者に求めているのは経験ではなく、あなたのポテンシャル(潜在能力)です。

3年先、5年先に伸びる人材であるか、リーダーとして活躍できる資質があるかどうか、その潜在能力があるかどうかというほうが重要なのです。

業界の知識や実務経験などは、最低限のビジネスマナーさえわきまえていれば、後からいくらでもついてくるものす。

高く評価されるのは、与えられた環境で頑張ろうとする意欲や熱意です。

景気回復や団塊世代の大量退職を控えて企業の人材需要が拡大しています。

新卒だけでは若手社員の数を確保できない企業が、第二新卒の活用を本格化してきています。

この流れにのって、有利に転職を成功させたい第二新卒世代。

人材サービス会社の大手「リクルート」や「パソナ」でも、第二新卒にターゲットを絞った転職支援を展開する。

「リクナビNEXT第二新卒」という専用サイトを開設して、今までに無い詳しい会社情報:職場の雰囲気や若手社員の1日のスケジュールなどを提供して、ネット応募できるようになる。

また、社会人経験の少ない第二新卒世代対象に、基礎的なビジネスマナー講座の開催など企画されている。

2007年は1991年以来の「売り手市場」、このチャンスを見逃すな!



posted by ワークマン at 18:46 | 第二新卒の転職

第二新卒者の職務経歴書等



◆転職・仕事探しのヒントの『 第二新卒者の職務経歴書等 』を紹介します。◆

第二新卒者職務経歴書

入社1〜2年後に転職をする方で、「職務経歴書」が数行で内容がスカスカな方がおられます。

これは、絶対に避けましょう。

たしかに、職務経歴をあまりありません。

しかし、何もしなかったわけではないはずです。

よーく考えて、日々の業務で心掛けていたことや独自の工夫などを書き出してみましょう。

この程度のことを書くのはどうかなと思うようなことが、転職時に評価されることもあるのです。

また、資格を取得して「履歴書」の資格欄に資格を記載して、転職を有利にすすようと考えられる方もおられると思います。

しかし、たとえば、簿記3級を取得したからといって転職に有利になるわけではありません。

基本的に、企業は転職者に即戦力を求めているからです。

つまり実務経験がものをいうのです。

ですから、貴重な資格やその資格がなければ営業ができないような資格なら別ですが、安易に資格取得=転職と考えてはいけません。

場合によっては、会社に残って実務経験を積んで転職する方が、実務経験をアピールができ資格取得者よりも有利な場合が往々にしてあることに注意すべきでしょう。



posted by ワークマン at 12:08 | 第二新卒の転職

大手企業出身の第二新卒者



◆転職・仕事探しのヒントの『 大手企業出身の第二新卒者 』を紹介します。◆

大手企業出身第二新卒者

大手企業に勤めていた第二新卒者の方は、大手にいたという自負から転職を安易に考えておられる方が見受けられるようです。

たしかに、大手企業にいた能力としっかりした社員教育を受けているという点は、転職希望先の企業に評価されます。

しかし、待遇の良い大手をやめて転職をするのは、本人になにか問題があるのではと思われる面があるのです。

ですから面接官はなぜ大手をやめる事になったかと言う点を鋭く突っ込んできます。

かなり深く退職理由を聞かれることを想定しておかないと不採用の憂き目にあうことになります。

転職をする理由を充分に用意しておきましょう。

また、当然ですが大手いたという自負から、転職先の面接時に転職先を見下した態度をとる方がおられますが、転職を成功するためにはもってのほかと言うべきでしょう。




posted by ワークマン at 12:06 | 第二新卒の転職

第二新卒者の転職



◆転職・仕事探しのヒントの『 第二新卒者の転職 』を紹介します。◆

第二新卒者の転職

第二新卒者の転職(社会人1〜3年目)の方が急増しているようです。

かつては、「石の上にも3年」ということで、3年間は頑張ってみてからという方が多かったと思います。

たしかに、「石の上にも3年」と言う言葉に一理あるのは、社会人の方ならどなたも痛感することではないでしょうか。

しかし、学生時代の情報収集には限界がありますし、現実に入社してみないとわからないこともあります。

入社後、すぐに会社選びを間違えたと思うこともあると思います。

そのような場合は、3年我慢するのが良いとは限りません。

本当にやってみたい仕事とかけ離れた仕事を3年間やった後、転職活動をしても希望する会社には技術・経験がないと判断されて不採用になる場合も多いようです。

早めに、希望の会社に転職するのに必要なスキルを磨く方が賢明な場合があるわけです。

しかし、注意して欲しい点があります。

入社後1年未満で退職された方には、「忍耐力のない奴」ということで、採用を見合わせる企業があることです。

ですから、入社後、すぐに転職を考えても早まらないことが大事です。

転職するにしろスキルアップのために、今の会社で学べるものは、学んでおこうという姿勢で積極的に仕事に取り組んでみてください。

業績があがって今の会社が楽しくなったという方や転職時の実績証明に役立ったと言う方もおられます。

転職するにしても、転職のタイミングをじっくり見極めながら価値ある時間を過ごしましょう。


posted by ワークマン at 21:54 | 第二新卒の転職
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。