==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


転職の準備 / 制度について / 仕事探し / 転職の理由 / 履歴書・職務経歴書の書き方と注意事項 / 面接の注意事項 / 退職する前に / ヘッドハンティング・人材派遣 /
転職情報 / 企業に求められる人材とは / 業種と資格 / 転職後の注意 / 上手に転職するには / 退職と健康保険 / 転職活動についての注意事項 / 給付・制度関係 /
中高年の再就職 / 仕事を楽しむ方法 / 自己PR / 税金関係 / 第二新卒の転職 / 退職届け・退職証明書 / アルバイト /  派遣 /  求人情報関連 / 

仕事外の自己PRも準備



◆転職・仕事探しのヒントの『 仕事外の自己PRも準備 』を紹介します。◆

仕事外の自己PRも準備

仕事とは全く関係の無い自己PRも準備しましょう。

例えば趣味の話しや、興味を持っていること。

普段の生活であなたが関心のあること。

何でも良いです。

ポイントとしてはあなたの人柄や人間性が出るようなものが良いでしょう。

老人介護のヘルパーを月に2回程手伝っております。

大変ですが、そこから学ぶことも多く、やりがいがあります。

笑顔でありがとうとお礼をされると、とても嬉しい気分になります。

など等。

こちらはあくまでサブ的要素であり、このPRに全力を注ぐのは本末転倒です。



posted by ワークマン at 00:48 | 自己PR

自己PRを作成する時は



◆転職・仕事探しのヒントの『 自己PRを作成する時は 』を紹介します。◆

自己PRを作成する時は

自己PRを作成する時にどの様な点を気をつけたら良いのでしょうか。

ポイントは色々あると思いますが、一つ言えるのは、企業が求める人材と自分との接点を探すことです。

これは自分の目標と企業の求める人材の共通点を意識することにあります。

自分の目標はあくまであなたの目標であり、その会社・企業に何らかのメリットが無ければ、その会社はあなたを採用する必要がなくなります。

何をアピールしたら良いか?
その内容はあなたの一人善がりになっていませんか?
あなたの目標がその会社の利益に繋がるようなポイントを自己PRにします。

一度確認してみましょう。



posted by ワークマン at 00:46 | 自己PR

自分の弱点から長所



◆転職・仕事探しのヒントの『 自分の弱点から長所 』を紹介します。◆

自分の弱点から長所

自分の弱点を説明した上で長所を述べる。

長点だけを並べてもあまり説得力がありません。

先に自分の弱点を話し、その上でその弱点を上回るような長所を述べると説得力が増します。

これは、先にあなた自身が自分の欠点・弱点を認めることになりますので、一見逆効果の様に取れますが、その直後にそれをカバーする、もしくは、それを上回るような長所をアピールすれば、長所のみを並べた場合よりも格段に説得力が増します。

自分のウィークポイントを認めた上で、長所を言える様に自己PRの構成を作ってみましょう。



posted by ワークマン at 00:43 | 自己PR

自己PRに役立つサイト利用



◆転職・仕事探しのヒントの『 自己PRに役立つサイト利用 』を紹介します。◆

自己PRに役立つサイト利用

就職活動において自己PRの大切さは分かったけど、どうしても自信がないという人はけっこう多いのではないでしょうか。

普段の生活の中では自己PRする機会が少ないのが普通です。

うまく表現できない、時間内に言いたいことをまとめることができないからと、自信を失う必要はありません。

「習うより慣れろ」という言葉があるとおり、ある程度場数を踏めば自然とうまくなるものなんです。

でも、本番で失敗ばかりでは気が滅入ってしまいますね。

そこでお勧めなのが設定時間ごとの自己PR文を作ることです。

3分間用、5分間用、10分間用など、実際に作ってみると問題点がよく見えてくるでしょう。

あなたの言いたいことが文章から伝わってきますか。

もし自分の言いたいニュアンスがうまく表現できていないと感じるならば、他人はもっと理解しずらいでしょう。

ある程度まとまった文章ができれば他人が作った自己PR文と見比べて見ることが大事です。

友人や知り合いで自己PRを作ったことがある人はいないから、見比べることができない?心配しなくても大丈夫です。

ネットで「自己PR」のキーワードで検索してみてください。

いっぱい出てきたでしょう。

多くのサイトで自己PRの例文を載せていますね。

自己PRをするときの大事なポイントも書いてあると思います。

自分の書いた自己PR文と見比べてどうですか。

遜色ありませんか。

自分の書いた自己PR文の方が良い?そう感じることができれば素晴らしいですね。

もし、例文の方が自分のまとめ方よりも心に響いたのなら、どういう点が自分のPR文と違うのかしっかり分析してください。

その繰り返しでまとめ方の要領に気がつくと思います。

ただし、嘘はだめですよ。

必要以上に自分自身を飾っても、中身のない自己PRは採用担当者にすぐに見破られてしまいます。

自信を持って自己PRできるように、自分自身に磨きをかけることも忘れないでくださいね。



posted by ワークマン at 00:36 | 自己PR
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。