==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


転職の準備 / 制度について / 仕事探し / 転職の理由 / 履歴書・職務経歴書の書き方と注意事項 / 面接の注意事項 / 退職する前に / ヘッドハンティング・人材派遣 /
転職情報 / 企業に求められる人材とは / 業種と資格 / 転職後の注意 / 上手に転職するには / 退職と健康保険 / 転職活動についての注意事項 / 給付・制度関係 /
中高年の再就職 / 仕事を楽しむ方法 / 自己PR / 税金関係 / 第二新卒の転職 / 退職届け・退職証明書 / アルバイト /  派遣 /  求人情報関連 / 

中高年の転職者の面接の目的



◆転職・仕事探しのヒントの『 中高年の転職者の面接の目的 』を紹介します。◆

中高年の転職者の面接の目的

新卒者でない中高年の転職者に対する採用企業側の面接の目的は、次の3つに分けることができます。


(1)即戦力となるのか。

中高年の場合、入社後に長期間研修や教育が必要な人材は採用の対象となりません。

ですから、面接の準備として、自分にどのような能力・知識・経験・実績があり、応募先の企業にどのような貢献ができるのかを十分にまとめておく必要があります。

過去の実績だけを強調するのではなく、それが応募先の企業にどのように生かせるのかを伝えるのがポイントです。

採用担当者も不要な中高年人材を採用すると責任問題となるので慎重・緻密に聞いてきます。

面接で的確に答えられるように準備しておきましょう。


(2)組織に馴染めるのか。

中高年転職者の場合、前会社の風土が身についており、新しい会社には馴染まない方がいます。

このような人材は採用の対象となりません。

また、当然ですがどこでも人間関係がうまく行かないトラブルメーカーは対象外となります。

採用担当者の新しい環境に馴染める柔軟性のある人である注目しているわけです。

ですから、面接中に「前の会社では・・・」など前の会社について長時間話をする方は敬遠されるので注意が必要です。

前の会社について聞かれたときは、あまり懐かしんだりするのも良くありません。

また、採用担当者は新しい会社に馴染めるかを探るために「これまでの人間関係で、苦労したことをきかせてください」などと質問をして、人間関係を円滑にするために工夫をしている人か知ろうとします。

「酒は呑めますか」と質問したり、趣味についての質問から人付き合いの幅や深さを知ろうとします。

「おつき合いは、結構好きです」とぐらいは言っておく方がよいでしょう。


(3)健康とやる気はあるか。

採用担当者が、中高年の応募者で心配なのは健康面です。

優秀な人材でも健康でないと敬遠されます。

早朝ランニングをしているとか、週末は水泳をしているなど健康であることをアピールする事柄を考えておきましょう。

日頃から健康管理には留意したいものです。

中高年となると、年相応に落ち着いて面接をする必要はあります。

しかし、あまり淡々とした受け答えはマイナスです。

熱意がなく採用しても大きな貢献はないと判断されます。

応募先の企業で肉体的・精神的限界まで挑戦するぐらいの意気込みを見せましょう。





posted by ワークマン at 13:35 | 中高年の再就職

キャリア交流プラザ



◆転職・仕事探しのヒントの『 キャリア交流プラザ 』を紹介します。◆

キャリア交流プラザ

キャリア交流プラザは、中高年専用の3ヶ月という期間限定の再就職支援プログラムです。

求職者数の多い労働局に設置し、再就職を希望する中高年齢者について、登録制により、就職促進セミナー、キャリアコンサルティング、職業相談、職業紹介等を行っています。

全国15所設置されています。

会員登録資格は、ハローワークに求職登録されて、目下失業状態にある中高年で、熱心に就職活動をされている方です。

まず、登録後最初は、求職活動についてのセミナーを実施します。

再就職の成功条件、キャリアの棚卸、履歴書・職務経歴書の作成、面接技法の取得などを指導してくれます。

希望者にはパソコンの講習も実施しています。

利用料等一切無料です。

担当コンサルタントが、個別相談を継続的に実施し、早期就職が可能になるよう支援を行います。

具体的には、会員個々の状況に合わせた応募書類の書き方、就職活動の進め方や求職情報の入手方法を指導するなど、コンサルティングを行ってくれます。

また、求職期間中の不安や悩み事のカウンセリングも行ってくれます。

また、一人ではなく、仲間同士(会員同士)で支えあう活動を設けています。

様々な業界、業種から集まった会員同士の交流で情報収集し、求職活動に活かしましょう。

就職活動に関する各種情報の提供もされています。

各地のキャリア交流プラザで内容が異なりますので、事前に電話でご確認ください。



・北海道キャリア交流プラザ
060-0004
札幌市中央区北四条西4-1
札幌国際ビル6階
011-223-5103 011-223-5676

・宮城キャリア交流プラザ
983-0852
仙台市宮城野区榴岡2-4-22
仙台東口ビル5階
022-292-6971 022-291-0825

・埼玉キャリア交流プラザ
330-0843
さいたま市大宮区吉敷町1-75
太陽生命大宮吉敷町ビル4階
048-631-0234 048-631-0236

・千葉キャリア交流プラザ
260-0028
千葉市中央区新町18-14
千葉新町ビル7階
043-302-1581 043-302-1585

・キャリア交流プラザ東京
108-0075
港区港南2-5-12
品川NBSビル6階
03-3450-8652 03-3450-8654

・神奈川キャリア交流プラザ
220-0004
横浜市西区北幸1-11-15
横浜STビル6階
045-290-0840 045-290-0831

・にいがたキャリア交流プラザ
950-0088
新潟市万代4-1-6
新潟あおば生命ビル4階
025-255-5251 025-243-3039

・上田キャリア交流プラザ
386-0025
上田市天神2-407-4
0268-23-9922 0268-23-9923

・ハローワークキャリア交流プラザ愛知
450-0003
名古屋市中村区名駅南2-14-19
住友生命名古屋ビル23階
052-588-6707 052-588-6708

・京都キャリア交流プラザ
600-8216
京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町735-5
ニッセイ京都駅前ビル8階
075-361-8226 075-353-0271

・大阪キャリア交流プラザ
541-0054
大阪市中央区南本町1-8-14
堺筋本町ビル6階
06-6265-9085 06-6265-9086

・兵庫キャリア交流プラザ
650-0044
神戸市中央区相生町1-2-1
東成ビル1階
078-361-1151 078-361-0115

・ハローワーク広島
広島キャリア交流プラザ
730-0013
広島市中区八丁堀16-14
第二広電ビル7階
082-511-1611 082-511-1620

・福岡キャリア交流プラザ
810-0001
福岡市中央区天神2-8-49
福岡富士ビル5階
092-737-1840 092-737-1843

・熊本キャリア交流プラザ
860-0844
熊本市水道町8-6
朝日生命熊本ビル2階
096-278-7870 096-278-7871




posted by ワークマン at 16:16 | 中高年の再就職

求人の年齢条件



◆転職・仕事探しのヒントの『 求人の年齢条件 』を紹介します。◆

求人の年齢条件

求人の年齢条件はほとんどが35歳までで、35歳を過ぎると極端に求人企業は少なくなり、職種も限られたものとなってしまいます。

なので転職するなら35歳までに、いわゆる「転職35歳限界説」ですが、好景気を背景にした企業の業績回復により、最近になってその定説にも変化が起こってきているようです。

実際、2005年の終わり頃から現在まで、求人の数は伸びてきています。

これまでの不景気の時代に大規模なリストラをした企業が再び人材の確保に入りだしたと言う背景があります。

プラス昨今の景気回復で企業は体制強化と事業拡大方向に戦略を転換しているので、そのための人材確保をしています。

そして来るべき「団塊世代」の定年による一斉リタイア。

これによって抜けてしまう人材と戦力をいまから埋め合わせることに集中し始めているのです。

今年に入ってから、中高年の求人は増加してきています。

ただし、経験やスキルのある中高年だからこそほしいという企業も増えてはいますが、まだまだ、まずは30代前半くらいまでの若い人を求めていル企業が多いのも事実です。

ところが、
その若手補充が十分にできなかったために、年齢層を上げて募集枠を広げて良い人材を確保しておこうというケースも多いようです。

全体的に求人数が増え、30代後半の求人も大きな伸びを示しているのです。

特に自動車、半導体、電気、IT関係の求人は目立って増えています。

職種としては国内だけでなく海外取り引きの窓口になれるような外国相手の営業の需要が高まっています。

自動車産業のほか、工作機械、電子半導体など、生産基盤を東南アジアや中国、タイなどに置く企業が増えているからです。

このような、日本と海外基地の接点に立ち、その間を取り持つ仕事は、ある程度の経験やキャリアが必要となってくるので中高年の経験者が求められるのです。

より遣り甲斐のある、大きな仕事にチャレンジしたいと転職を考えている中高年には、今が大きなキャリアアップのチャンスです。

いかに自分の経験やキャリアが、どんな会社や職種で活かすことができるか、良く考えて、大きく羽ばたくための人生の転機にしませんか?



posted by ワークマン at 11:36 | 中高年の再就職

中高年の再就職



◆転職・仕事探しのヒントの『 中高年の再就職 』を紹介します。◆

中高年の再就職

中高年が再就職するとき、まず相手先が自分達に何を求めているのかを自分のなかで明確にしなければなりません。

再就職しようとする中高年に相手先がが求めるのは主に「すぐに仕事ができる人」「すぐに成果がだせる人」です。

「すぐに仕事ができる」とは、スキルやノウハウがあるということです。

資格や知識を持ち、さらにそれに伴う確かな経験があること。

スキルやノウハウとは、その職務遂行能力だけではなく、業務のマネージメント能力や人を扱う能力なども含まれます。

職場にすぐ溶け込むことができるというのも重要です。

「すぐ成果を出せる」 とは、行動力を伴っているということです。

確かなスキルやノウハウを持っていても、それを扱い、行動が伴わなければなりません。

求人側が求める職種に対し、これらのような即戦力の要素を持っていなければならないということです。

相手先は、その人物が要素を保有しているかを確かめ、そして信じて採用するのです。

また、相手先は中高年の再就職を受けるとき、過去に固執することなく、新しい企業環境になじむことができるかどうかも重要視します。

それに伴いコミュニケーション能力も必要となってきます。

そんなことより資格があれば大丈夫だと思う人もいるかもしれませんが、資格とは希望職種に必要な場合、持っていることが応募の条件となりますが、持っていれば採用されるというわけではありません。

重要なのは経験です。

再就職では、資格とは、スキルと異なることを認識しておきましょう。


posted by ワークマン at 14:23 | 中高年の再就職
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。