==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


転職の準備 / 制度について / 仕事探し / 転職の理由 / 履歴書・職務経歴書の書き方と注意事項 / 面接の注意事項 / 退職する前に / ヘッドハンティング・人材派遣 /
転職情報 / 企業に求められる人材とは / 業種と資格 / 転職後の注意 / 上手に転職するには / 退職と健康保険 / 転職活動についての注意事項 / 給付・制度関係 /
中高年の再就職 / 仕事を楽しむ方法 / 自己PR / 税金関係 / 第二新卒の転職 / 退職届け・退職証明書 / アルバイト /  派遣 /  求人情報関連 / 

医師 転職時の年収交渉



◆転職・仕事探しのヒントの『 医師 転職時の年収交渉 』を紹介します。◆

医師 転職時の年収交渉

医師という仕事は、極めて専門性が高く一般的には転職するということをしないと考えられているかと思いますが、最近では事情が変化しつつあるようです。
医療という世界に身をおいている医師は、好むと好まざるとに関わらず、医局という古い制度に属しています。
つまり医者の人事は、この医局が権限を握っている構造になっているようで、希望にそぐわない人事や配属先の変更を命令されても、それに対して異議申し立てをすることはタブーとされており、医師の中には不満が渦巻いているといってもいいような状態が長い間続いてきました。
積極的に各医療機関に対しアプローチして、求人情報等を登録している医師に提供するサービスが本格化の兆しを見せ始めているようです。
これからは、これまでの医局からの紹介に頼ることなく医師の希望に沿った形の転職が主流になり、医局離れは加速するとの見方が強まっています。
一方で、転職を希望する医師は、医療に関することはプロフェッショナルですが、採用や勤務といった労働法に関する知識を併せ持っている方は、果たしてどのくらいいらっしゃるのでしょうか。
転職される際には相手側の医療機関に歓迎されて迎え入れられるといった形を採るのが最良の方法だと考えますが、明確な自己アピールや年俸の交渉といった事をうまく運ぶことができるというような処世術に長けている方ばかりとは限りません。
転職する医師の年俸や賃金の交渉は、医師と医療機関のトップである病院経営者と面と向かい合って行うという仕組になっているようなので、ともすれば相手側の言いなりになってしまい、希望にそぐわない形での転職になってしまう可能性もあります。
そこで先ほども登場した紹介会社のコンサルタントに依頼して医療機関との代理交渉をしてもらうというのが転職を有利に進めるために現在はもちろん将来的にも有効な手法ではないでしょうか。


posted by ワークマン at 06:37 | 転職活動についての注意事項

在職中に転職先が決まった場合



◆転職・仕事探しのヒントの『 在職中に転職先が決まった場合 』を紹介します。◆

在職中に転職先が決まった場合

在職中に転職活動をして、めでたく就職先が決まりました。

いざ現在の会社に退職届けを出したところ、上司から強く引き止められたらどうしますか?

あなたが厭で辞める決意をした会社であれば、どんなに翻意を求められても決心は変わらないでしょうが、長い期間在籍し、共に働いた同僚や上司とのしがらみには後ろ髪引かれ、決心も揺らぐかも知れません。

本当にこの会社を辞めても良いのだろうか、と思い悩むことでしょう。

しかし、自身で選んだ転職先で、自分の経験や能力を十分発揮できる仕事ができて、収入面でも良い条件の望める転職であれば、現時点での”人情のしがらみ”は立ち切るべきです。

未来にかけるあなたの固い意思さえあれば、その思いを伝える事によって周囲も納得して送り出してくれるはずです。

また、周りの説得から一度辞意を表明した人間が会社にとどまったとしても、上役からよく思われることはありません。

一度は退職を断念したものの、結局また別の会社に応募するといったことになりかねません。

あなたが考え抜いた結果の辞意であるならば、初志貫徹するべきです。

あなたの新たなる門出となる転職の際は、やはり円満退社して次の会社にうつることが理想ですが、どうしても退職願いを受け取ってもらえないといった場合には、内容証明つき郵便で送る方法があります。

近代法上の契約自由の原則によって、当事者の合意による雇用契約の中途解消は当然認められていることです。

「会社の許可があるまで辞職できない」などのように社会通念に反するものは、「退職の自由」を妨げる違法な行為です。

民法627条によれば『期間の定めのない雇用契約は解約申し入れによって終了するものであり、また一定の告知期間(2週間)の後にはじめて終了する』とされています。

不当な就業規則を強要してきた場合は、法があなたの味方となってくれますから、不当な規則には法で立ち向かいましょう。



posted by ワークマン at 16:01 | 転職活動についての注意事項

離職後に転職活動を始める場合



◆転職・仕事探しのヒントの『 離職後に転職活動を始める場合 』を紹介します。◆

離職後に転職活動を始める場合

離職後に転職活動を始める人は、色々とデメリットはあるものの、メリットとしては時間があることがいえます。

具体的には、通常の人であれば、就業時間後の活動になるところが、あなたの場合は昼間の間も活用できるのです。

離職後の転職をしているあなたとしてもできる限り早く転職を決めたいと思います。

一社を受けて、その結果が出てから、駄目なら次ではなく、時間のメリットを活かして、一度に二・三社同時進行を念頭に置きましょう。

しっかりプランを立てて、メリットである時間を見方により良い転職を目指しましょう。


posted by ワークマン at 12:03 | 転職活動についての注意事項

在職中に転職活動を始める場合



◆転職・仕事探しのヒントの『 在職中に転職活動を始める場合 』を紹介します。◆

在職中に転職活動を始める場合

まずは現在の仕事を、いつも通りに仕事を遂行しよう。

就業中の為、転職活動にあてられる時間は限られしまうかもしれません。

無収入の期間を作るのは避けるべきです。

今やインターネットも普及し転職の手段も大分増えました。

転職サイトに登録して、転職斡旋会社に仕事を探してもらう。

やり方は幾らでもあります。

また面接にの日取りを決める際も、現職があることを告げれば、時間も19時スタート等、その辺は考慮してくれます。

時間が遅くなったからといって選考にマイナスになることもありません。

土曜・日曜等はあなたの都合がよくとも面接する側もあなたの為に土日出勤するのはまずありません。

平日の就業時間後希望で良いのです。

ほとんど無いとは思いますが、最終面接に限りどうしても役員面接の為昼に受けて欲しいといわれることはあるかもしません。

その場合は、現在の仕事状況を自分で調整して、半休をとるなど時間をうまく使いましょう。

ただ、これも昨今の転職の常識からしては、滅多にあることではありません。

まずは現在の仕事を全うした上での転職活動を望みましょう。




posted by ワークマン at 12:02 | 転職活動についての注意事項
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。