==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


転職の準備 / 制度について / 仕事探し / 転職の理由 / 履歴書・職務経歴書の書き方と注意事項 / 面接の注意事項 / 退職する前に / ヘッドハンティング・人材派遣 /
転職情報 / 企業に求められる人材とは / 業種と資格 / 転職後の注意 / 上手に転職するには / 退職と健康保険 / 転職活動についての注意事項 / 給付・制度関係 /
中高年の再就職 / 仕事を楽しむ方法 / 自己PR / 税金関係 / 第二新卒の転職 / 退職届け・退職証明書 / アルバイト /  派遣 /  求人情報関連 / 

採用理由について



◆転職・仕事探しのヒントの『 採用理由について 』を紹介します。◆

採用理由について

企業で採用を決める側の人にはそれぞれ採用理由と言うのがあります。

ある採用担当者はその人のユニークさで採用を決め、ある人はその人のキャリアで採用し、ある人は真面目さ・誠実さで採用します。


それぞれの職種によって、またそれぞれの面接官によって、その判断基準は様々です。


採用の基準っていうのは一概にコレというものは無く、お互いのフィーリングが合う、ということが一番なのかもしれません。


まずは自然体で面接に臨みましょう。

もちろん自己アピールと言うのは大切ですが
、過剰だったり、脚色しすぎていたりしたら、それは虚飾になります。

そしてそれは面接官に見抜かれるものです。


ですから、苦手なことは正直に、未経験なら未経験で、それを正直に言って、後はなぜその仕事をしたいか、どのくらいその仕事をしたいか熱意を伝える。

それをちゃんと言うことが大事なのではないかと思います。


それで フィーリングが合う企業なら採用されるだろうし、フィーリングが合わなければ縁が無かったものとして他の企業を探せばいい。

もしかしたら時間はかかるかもしれないけど、それが適職を見つける一番の近道ではないでしょうか。

嘘をついて入ったら仕事についていけなかったり、思ったような仕事が出来なかったりして、その会社になじめないかも知れません。


面接ではあまり背伸びせずにありのままの自分を見てもらって、それを認めてくれる会社とは後々うまくやっていけるのではないでしょうか。


posted by ワークマン at 11:18 | 上手に転職するには

転職のコツ



◆転職・仕事探しのヒントの『 転職のコツ 』を紹介します。◆

転職のコツ

転職を考えるとき、まずそのときの年齢を考えることが必要です。

20代で転職するのと、30、40代で転職するのは大きく意味が異なります。

若い時期の新しい挑戦なのか、はたまたキャリアチェンジなのか。

相手先も同じように求めてくるものが違います。

転職を考えるとき、やりたい事とできる事が合っているか考えなければなりません。

キャリア採用の基本条件は即戦力です。

即戦力になるかどうかの判断の大きなポイントは、職務遂行能力であり、経験と実績、やってこられたお仕事が最大の評価になります。

中高年などで転職する人は、しばしば自分の実力と経験に自信がなく、でも就業させてくださいといような考えをもつ傾向があるのですが、この論理はなかなか通じないのが実態です。

ただ、大抵の人は自信をもってもいいような経歴です。

自信を持つことが大事です。

自分の経験の延長上で転職するのが最高の価値で評価されます。

どの年代の人でも言えることですが、キャリアチェンジ、または新たな挑戦をする場合は、その目的だけに特化し、他の収入等の条件は外すのが成功のポイントです。

目的意識が強ければそれだけ採用されやすいです。

条件は二の次にしましょう。

また転職は、一般的には転職決意をして、動き出してから3〜4ヶ月かかります。

会社への退職の申し出はルール上は2週間前ですが、スムーズに引継ぎ等を行ない退職するには1ヶ月前に申し出たほうがよいでしょう。

立つ鳥跡を濁さずというようにスムーズな退職はスムーズな転職につながります。


posted by ワークマン at 22:46 | 上手に転職するには
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。