==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


転職の準備 / 制度について / 仕事探し / 転職の理由 / 履歴書・職務経歴書の書き方と注意事項 / 面接の注意事項 / 退職する前に / ヘッドハンティング・人材派遣 /
転職情報 / 企業に求められる人材とは / 業種と資格 / 転職後の注意 / 上手に転職するには / 退職と健康保険 / 転職活動についての注意事項 / 給付・制度関係 /
中高年の再就職 / 仕事を楽しむ方法 / 自己PR / 税金関係 / 第二新卒の転職 / 退職届け・退職証明書 / アルバイト /  派遣 /  求人情報関連 / 

世界遺産検定



◆転職・仕事探しのヒントの『 世界遺産検定 』を紹介します。◆

世界遺産検定

世界遺産検定(正式名称:世界遺産学検定)とは、特定非営利活動法人である世界遺産アカデミーが実施する検定で、世界遺産を人類共通の財産・宝物として啓発、保全活動の輪を広げることを目的としています。

世界遺産とは、1972年の世界遺産条約『世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約』にそって登録された世界各地に残る歴史的遺産や景観、自然のことで、人類が共有すべき普遍的な価値を持つとされています。

そのため、世界遺産アカデミーは、その世界遺産に関する知識を広げ、理解を深めることは、人類や地球の長い歴史に触れることであり、多くのことを学ぶことができるとされ、その知識を社会に活かすことが世界遺産を守ることにもつながると説いています。

検定料の一部も世界遺産保護のためにユネスコ世界遺産センターの信託基金である『世界遺産基金』に寄付されています。

検定レベルは大きく初級・中級・上級の3つに分類されていますが、初級は試験の正解率60%以上をブロンズ、正解率80%以上をシルバーと認定し、中級は初級のシルバーを取得しないと受験できないようになっています。

中級は、ヨーロッパ、東アジア、アジア、北米・中米・南米、アフリカの5科目からなり、そのうちの1科目を正解率80%以上でゴールドと認定され、2科目取得するとプラチナと認定されます。

プラチナ取得後に具体的テーマにもとづいたプレゼンをクリアすれば、上級のマイスターとして認定されます。

さらに世界遺産検定は、トラベル・カウンセラー制度推進協議会と連携しており、旅行業に関わる仕事をし、総合旅行業務取扱管理者かトラベル・コーディネーター、または総合旅程管理主任者の資格を持ったものが世界検定の中級ゴールド以上を取得し、認定されたエリアへ5年以内に3ヶ所以上訪問したものが、トラベル・カウンセラー制度推進協議会に申請することで、世界遺産スペシャリストとして認定される新制度も開設しています。

世界遺産アカデミーの公式サイト(http://www.wha.or.jp/authorization/index.html)では検定試験のトライアルに挑戦することもできます。




posted by ワークマン at 01:24 | 業種と資格

ビジネス実務法務とは



◆転職・仕事探しのヒントの『 ビジネス実務法務とは 』を紹介します。◆

ビジネス実務法務とは

現在、経済の自由化・国際化が進む中、経済環境はかなり深刻な状況からぬけることができないまま深刻化・複雑化の一途をたどっています。

また、商法などの法律改正もあり、ビジネスに対するトラブルも複雑化してきています。

ビジネスにおけるトラブルも、実際に消費者や取引先、また住民や行政問題など、多種多様となり、ビジネスに係ってくる各種の法律も徹底化されておらず、また、理解されていない部分が非常に多くなっています。

そこで、このビジネス法務、というものが誕生したのです。

このビジネス実務法務では、ビジネス実務法務検定試験というものがあり、弁護士や司法書士が扱うような高いレベルの専門的知識を必要というよりは、その会社・部署・社員が担当する業務に対して、必要となる法律や実務知識を中心に検定が行われます。

ビジネス実務法務の検定では、ビジネスに必要な法律実務を知識として身につけ、このビジネストラブルの多い難しい問題の多い時代に対応できる、ビジネス実務に係る法務の検定、ということで、新しい時代に答えることのできる、業務能力の向上を目標に作られた資格です。

現代の就職活動にはかなり重要な資格として、就職活動をしている方にとっては、重要な位置づけにあるようです。

ビジネス実務法務の検定には、1級・2級・3級があります。

1級では、業務上必要な法律知識をビジネス全般にわたって持ち、その知識も基づき即戦力として活躍できる実務対応能力を有している、2級は企業活動の実務経験があり、弁護士などの外部専門家に対する相談といった一定の対応ができるという、質的・量的な法律的実務知識を有している、3級は、ビジネスマンとしての業務上理解しておくべき基礎的法律知識を融資問題点の発見ができる、というレベルです。





posted by ワークマン at 13:18 | 業種と資格

ビジネス能力検定



◆転職・仕事探しのヒントの『 ビジネス能力検定 』を紹介します。◆

ビジネス能力検定

こんな経験はありませんか?

同僚は大して能力もないのに上司の評価が高い。

簡単な仕事ばかり選んで難しい仕事は引き受けないのに仕事が早く見せて評価が高い。

日頃、仕事に追われている生活を送っていると仕事の成果以外に能力を判断される題材がありません。

そこで、客観的に能力をアピールできるのが検定試験です。

検定試験の種類は沢山ありますが、ここで紹介するのはビジネス能力検定と呼ばれる試験です。

ビジネス能力検定とは厚生労働省認定の資格試験で、3級から1級まで自分の能力に応じて受験することができます。

3級では新入社員や入社予定の人を対象とした、ビジネスに最低限必要な基礎能力を評価する試験です。

ビジネス一般常識から文書作成などが含まれます。

2級では入社2、3年の人を対象としており、実務経験に即した内容の検定です。

ビジネスコミュニケーションから論理的思考、ビジネス常識などの検定です。

そして、1級ではマネジメントを意識した入社5年目以降の人を対象とした検定です。

マネジメント能力の基本、内外のコミュニケーション能力、経営戦略や財務知識などが問われます。

試験は年に2回7月と12月に実施されており、日本全国で受験することができます。

検定料は1級が6000円、2級は3800円、3級が2800円となっています。

1級の試験では筆記試験に加え、小論文と面接があり、かなり充実した試験です。

ビジネス能力検定試験を受験し、自分の能力を試すとともに、資格を取ってビジネスに活かしませんか。


posted by ワークマン at 13:08 | 業種と資格

MBAはキャリアアップに有利か?



◆転職・仕事探しのヒントの『 MBAはキャリアアップに有利か? 』を紹介します。◆

MBAはキャリアアップに有利か?

MBAはキャリアアップに有利か?

キャリアアップのために、MBA(経営学修士)取得を目指す人も、まだまだ少なくありません。

MBA留学というと、バブル以前の主流は米国トップ校への企業派遣が多かったのですが、今では一部の大企業を除き企業派遣は激減しています。

それでも、企業が派遣してくれないのなら自費で、という野心あふれるグローバル視野を持ったサラリーマンは後を絶ちません。

トップビジネススクール54校の日本人卒業生数は約1万人弱。

その他のコースも含めれば、日本人MBAホルダーは数万人規模でいます。

今や猫も杓子もMBAホルダーで、昔ほど神通力は通じなくなって大衆化、デフレ化しています。

かつては希少性もその価値だったMBAですが、今ではMBAを持っているだけでは差別化は難しいとの認識も必要です。

MBA取得後の就職先というと、外資系投資銀行や戦略コンサルティングファームなどが思い浮かびますが、「米国トップ30校でMBAをとっていれば、そのままアメリカでの就職、メーカーなども含めて外資系企業への有利な就職が可能です。

また、最近は日産のように外資傘下に入った日本企業や外国人の持ち株比率の上がっている日本企業、中国進出をしている日本企業などからのニーズも強くなっています。

卒業時の年齢もあるが、年収にさほどこだわらなければ、就職先には困らない状況は続いています。

もちろん、ただ“箔付け”目的だけのMBA取得は、その後のキャリアがアップすることはないわけで、具体的に“何をどう学んでくるか”で留学の成否が決まります。

ビジネススクールに出願する際に問われる「キャリアゴール」。

いかにその目標に向かって積極的に講義やグループワークに参加し、実力を蓄え、ネットワーク作りを構築できた人が成功できるのは言うまでも無いことです。

MBAホルダーになることだけが目標ではなく、いかに実力を付ける場としてMBAをうまく活用できるか、それが真のキャリアアップにつながります。




posted by ワークマン at 05:46 | 業種と資格

IT推進アドバイザー派遣事業



◆転職・仕事探しのヒントの『 IT推進アドバイザー派遣事業 』を紹介します。◆

IT推進アドバイザー派遣事業

【制度の概要】
IT導入を進めようとする中小企業者に専門家を派遣してサポートします

【対象となる方】
IT導入を進めようとする中小企業者

【ITコディネーターとは】
経営戦略策定から情報化投資の企画、さらにはシステムの開発・運用にいたるすべてのプロセスで一貫して経営者をサポートする者

【支援内容】
IT導入をすすめようとする中小企業者の依頼に応じて、中小企業基盤整備機構に登録された専門家(ITコーディネーター、中小企業診断士等)が、企業を直接訪問し、IT導入に関するアドバイスを行います。

なお、中小企業者の方には、費用の1/3相当額を負担していただきます。

【利用方法】

@中小企業基盤整備機構等に専門家派遣の申込をしてください。

A中小企業基盤整備機構が、自身の登録簿の中から専門家を選定します。

B費用の1/3相当額を中小企業基盤整備機構に振り込んでください。

C振込みを確認した後に中小企業基盤整備機構が中小企業者に対し専門家を派遣します。

(お問合せ先)
中小企業基盤整備機構 
経営基盤支援部経営支援課 
電話:03-5470-1518

URL: http://www.smrj.go.jp/keiei/info/it/000182.html



posted by ワークマン at 12:14 | 業種と資格

転職・不動産資格(宅建資格以外の資格)



◆転職・仕事探しのヒントの『 転職・不動産資格(宅建資格以外の資格) 』を紹介します。◆

転職不動産資格宅建資格以外の資格

転職を不動産関連会社に絞っている方で、必要な条件は宅建資格ということが多いと思います。

ぜひ、頑張って宅建資格合格と転職を手に入れていただきたいと思います。

転職のために宅建資格受験のためにかなり一生懸命勉強することとなりますよね。

宅建学習を宅建資格だけに終わらすのはもったいないです。

ご存知の方も多いと思いますが、宅建以外にも不動産関連資格には管理業務主任者資格・マンション管理士資格があります。

マンション管理会社などに就職しやすい資格です。

管理業務主任者資格・マンション管理士資格の受験科目は宅建資格と重なっているものがあるのです。

ですから、宅建資格取得勉強にプラスαの学習で3つの不動産関連資格が1年で取得できます。

3つの不動産関連資格があれば、転職に有利なのはいうまでもありません。

宅建学習が進んでいる方におススメします。

ただ、宅建学習が遅れている方は宅建学習に集中しましょう。


posted by ワークマン at 11:55 | 業種と資格

転職と不動産資格



◆転職・仕事探しのヒントの『 転職と不動産資格 』を紹介します。◆

転職不動産資格


転職と不動産資格(宅建資格)

転職を不動産関連会社に絞っておられる方もいらっしゃるると思います。

不動産関連会社に転職するときに必要なのが宅建資格ですよね。

不動産関連会社に転職希望の方はみんな受験にチャレンジしますよね。

その関係で宅建試験内容も少しずつですが難しくなってきています。

ちなみに平成18年度の合格率は、17.1%です。

宅建って簡単なイメージがありますが、8割の方は不合格になる試験です。

転職を考える方はこの厳しい現実をはっきりとまず認識しましょう。

ただ、あきらめる必要は全くありません。

というのは、宅建試験を受験する方は初めて法律を学ぶ方が多いので、ビックリするほど飛びぬけて試験ができる方は少ないのです。

ですから、出題数が多い科目からコツコツやれば自然に合格者になれます。

学習では出題数の多い宅建業法・民法を中心に行い、次に法令上の制限の学習をします。

税金関係は出題数・難解さから考えて、学習をしてもわからない場合は捨てましょう。

ここは、頑張って合格と転職を手に入れましょう。



posted by ワークマン at 11:53 | 業種と資格

外資系への転職



◆転職・仕事探しのヒントの『 外資系への転職 』を紹介します。◆

外資系への転職

外資系というと、徹底した能力主義で、高い英語力は必須であるなど、普通の企業とは異なる点も多くあります。

外資系企業の長所というと、まず仕事での成果がすぐに待遇に表れるということです。

それだけ結果によるリスクも伴いますが、すぐに高待遇を得ることだってできるのです。

その判断には年齢や性別、学歴が問われることはありませんし、職務遂行能力を持っていさえすればよいのです。

また、年収が高い企業が多い日系企業よりも年収で30〜50万円ほど高いようです。

会社や業務に関わらない限り、プライベートには一切関知しません。

これは普通に考えられる職種とは大きく異なることでしょう。

プライベートでまで付き合いなどが生じないのです。

それに対して、外資系企業の短所は日本市場からの撤退が早いことがあり、撤退の結果、会社を整理したり経営を日本の企業に売ったりすることがあります。

また、業績と関係なくリストラされることがある本社の利益確保や株主など、本社の都合で、業績は上がっていてもリストラされることがあります。

かといって業績を上げなければすぐにリストラ候補となります。

次結果を出せば良いとか、前に結果を出したからなどの甘い考えはできません。

これらを踏まえた上で転職するとなった場合、転職時に特徴的なのが、英文履歴書がある場合があることです。

英文履歴書は、決まった形式もなく、自分で必要な項目を書き出すのです。

この英文履歴書をうまく書けるかどうかといことも転職でのポイントとなるでしょう。




posted by ワークマン at 22:51 | 業種と資格

医師・看護師の転職



◆転職・仕事探しのヒントの『 医師・看護師の転職 』を紹介します。◆

医師看護師の転職

医師看護師転職するという場合、それは主に職種が変わるわけではなく、職場が変わるということです。

医師や看護師にとっては働く環境を変えるといことですが、病医院の立場からすれば新しい人材の採用が今後の環境を変化させうる重要なことなのです。

よって、転職する際には、「何を変えたいか」「なぜ変えたいか」「どのように変えたいか」「なんのために変えたいか」などの転職したい理由を明確にしておくことが重要となってきます。

その他にも、医師・看護師の人物・経験などが一般的には問われますが、医療機関にもあくまで経営といものがありますから、経営サイドに協力的な姿勢もなくてはなりません。

本当に、今日の病院経営は困難を極め、今までの経営手法では全く採算が取れない状況に追い込まれております。

キャリアがあるからといって、高いプライドだけ持ち続けてはいけないのです。

また、医師にとって「患者さんを大事にベストを尽くす!」ことが最終的な重要点です。

看護師は、患者さんの健康を守り、その人らしい生活が築けるようになるまで援助することです。

人間の命を尊重する心をもち、行動することができなければなりません。

そして医療の一部を担う一員としてしっかりとした役割を果たすことが期待されます。

看護師は自分自身も、心身共に健全で良心に対して忠実でなければなりません。

医師・看護師ともに人間を平等で公平に観、そして患者さんにどれだけ誠実に、明るい希望を持たせられるかが転職時も転職後も大事なことです。


posted by ワークマン at 22:49 | 業種と資格

銀行 業務 検定 について



◆転職・仕事探しのヒントの『 銀行 業務 検定 について 』を紹介します。◆

銀行 業務 検定

銀行員は、常に勉強し続けなければいけない職種です。

お客様から求められる専門知識や経済動向、新たに作られていく金融商品、新人の頃からある程度勉強するカリキュラムが設定されていて、資格が揃わなければ昇進できないケースさえあるのが現状です。

銀行業務検定試験」は、主として銀行・保険・証券等金融機関の行職員を対象に、業務の遂行に必要な実務知識や技能・応用力についてその習得程度を測定することを目的とした、誰でも受験できる公開の検定試験です。

実務能力水準の向上に寄与することを願って1968年2月からスタートしました。

現在、法務・財務・税務等の基本ジャンルからファイナンシャルアドバイザーや年金アドバイザーまで、21系統36種目の試験が実施されており、年間受験応募者数は約30万人を数えるに至っています。

という事で銀行業務検定は、金融機関にお勤めの方にとっては避けては通れない試験と言えるでしょう。

銀行業務検定の対策は過去問をやるだけで充分なので、それほど難しいものではないと言えます。

むしろ、3級程度ならまとめて2つ取ったり、目立つ点を取って周りの人にアピールしましょう。

特にFA(ファイナンシャルアドバイザー)などは証券会社などの転職に有利で、リスク商品の販売にも説得力がつきます。

銀行業務検定自体はそれほど難しい資格ではないにもかかわらず、なぜそんなに銀行員が嫌がるのかは、2つの理由があります。

まず、働きながら勉強するのがとても大変だからです。

これは実際働いてみるとわかりますが、平日は疲れて自宅に帰り、休日はゆっくり休みたいのです。

しかも、新入行員は新しく覚えた業務の復習もしなければなりません。

この壁をクリアするのが銀行員にとっては苦痛なのです。

そしてもうひとつの理由とは、銀行業務検定は将来役に立つ資格と思うことができないからです。

それがあったからと言って一生食べていけるわけでもなく、やれば誰でも受かるレベルだから、やる気が沸いてこないのです。

しかし、やらなければいけないという現実がそこにある限り、言い訳ばかり言って逃げても仕方がないのです。

資格はそもそも「役に立つ、立たない」ではなく、「役に立たせられるか、立たせられないか」なのです。

銀行員の皆さま、ここはひとつ前向きに取り組んでみてはいかがでしょうか。



posted by ワークマン at 22:27 | 業種と資格
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。