==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


転職の準備 / 制度について / 仕事探し / 転職の理由 / 履歴書・職務経歴書の書き方と注意事項 / 面接の注意事項 / 退職する前に / ヘッドハンティング・人材派遣 /
転職情報 / 企業に求められる人材とは / 業種と資格 / 転職後の注意 / 上手に転職するには / 退職と健康保険 / 転職活動についての注意事項 / 給付・制度関係 /
中高年の再就職 / 仕事を楽しむ方法 / 自己PR / 税金関係 / 第二新卒の転職 / 退職届け・退職証明書 / アルバイト /  派遣 /  求人情報関連 / 

自分で判断して動ける能力



◆転職・仕事探しのヒントの『 自分で判断して動ける能力 』を紹介します。◆

自分で判断して動ける能力

どの様な場面においても、自ら提案し、推進しようとする姿勢。

指示されたことをこなす人材なら変わりは沢山います。

自分から物を考え、行動に移せる能力。

調整能力。

仕事を進めていく上で、顧客や外注先、そして社内の人間と色々な場面で交渉が発生します。

調整能力といのは、机上の勉強だけで身につくものではありません。

実際に経験して、失敗したり成功したりして学んでいくものです。

日頃の社内やり取りも意識して、行動してみると良いでしょう。

得意とするもの、分野。

自分の専門分野を持つということです。

中途半端ではなく、それについては、絶対の自信があると自分で言い切ることができる位のもの。

あなたにしかできないようなことを持ちましょう。

一般常識も兼ね備えていること。

先の専門性とは反対に、一般的な常識も必要です。

専門知識は専門知識として伸ばし、と同時に他の分野についても広く知っておくこと。

自分の専門外だから必要ないということではなく、他の分野も適度に意識し、他分野ともコミュニケーションを取れる能力が必要でしょう。

私はエンジニアだからコミュニケーション能力は必要ない。

とは言えません。

仕事をするからには人間である以上他人とのコミュニケーションは絶対不可欠です。



posted by ワークマン at 22:19 | 企業に求められる人材とは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。