==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


転職の準備 / 制度について / 仕事探し / 転職の理由 / 履歴書・職務経歴書の書き方と注意事項 / 面接の注意事項 / 退職する前に / ヘッドハンティング・人材派遣 /
転職情報 / 企業に求められる人材とは / 業種と資格 / 転職後の注意 / 上手に転職するには / 退職と健康保険 / 転職活動についての注意事項 / 給付・制度関係 /
中高年の再就職 / 仕事を楽しむ方法 / 自己PR / 税金関係 / 第二新卒の転職 / 退職届け・退職証明書 / アルバイト /  派遣 /  求人情報関連 / 

転職の判断に重要な業界労働事情



◆転職・仕事探しのヒントの『 転職の判断に重要な業界労働事情 』を紹介します。◆

転職の判断に重要な業界労働事情

転職の判断に重要な業界労働事情、生活を維持していくために、どこでもいいから就職口を見つけないといけないという切羽詰った事情がある場合を除いて、たいていの場合、転職を考えるときは、転職しようとする業界や職種をまず考えると思います。

自分の経験範囲、守備範囲で転職を考える場合、業界事情はある程度判断できているはずですから、入社して期待と実際とのギャップに戸惑うことは少ないでしょう。

ところが、まったく経験のない業種や職種に転職する場合はどうでしょうか。

今流行のIT業界を例にとって考えて見ましょう。

タイトな納期に追われ、最大限自分の能力と技量を発揮して業務を遂行してきた経験の持ち主なら、IT業界に再就職しても、そんなに心配することはないでしょう。

ところが、少々IT関連の知識や技能・資格を持っているからという理由で、まったく違う業界からこの業界に転職すると、直面する問題が浮上します。

NIKKEI NET
http://it.nikkei.co.jp/business/news/index.aspx?n=MMIT03000002102006
でIT業界の過酷な労働事情が紹介されています。

IT業界に関係するすべての会社がこのような状態であるとは言い切れませんが、これに当てはまる企業が多いのは事実です。

IT業界を転職先として考えている人は一度目を通しておくと良いでしょう。

当然、この他の業界にもそれぞれ事情や特色があります。

残念ながら、華やかな求人広告、就職情報サイトからは業界の裏事情までは読み取れません。

たいてい目にするのが、希望に燃えた社員の写真であったり、就職・転職の成功事例ですね。

あなたはこのような事例をどこまで信じますか。

事例に載っていた社員が半年後にはその会社にいないということもあります。

業界事情や業界の労働環境は自分で信頼できる情報を調べるしかないでしょう。

福岡県立図書館 参考調査課が作成した資料(平成15年3月)で、業界事情を調べる文献が詳しく紹介されていますので、一度ご覧ください。
http://www.lib.pref.fukuoka.jp/reference/16_gyoukai01.htm

費用が高い文献が多いので、買う必要はないと思いますよ。

近くの図書館を利用しましょう。

図書館が近くになければ、業界の内容に特化した新聞も上記サイトで紹介されていますので、取り寄せてみるといいでしょう。


posted by ワークマン at 11:24 | 転職情報

最近の就職・転職状況



◆転職・仕事探しのヒントの『 最近の就職・転職状況 』を紹介します。◆

最近の就職転職状況

最近の就職転職状況、人事ではない転職・いつかはわが身あなたは転職なんて自分には関係ないと思っていませんか。

終身雇用が当たり前で、転職者が少なかった時代とは異なり、現在では終身雇用そのものの大前提が崩れていて、新卒で入社して定年まで勤める人の割合は減少しています。

平成18年度版の国民生活白書によると、学卒後すぐに就職した企業に勤め続けている雇用者の割合は、1990年以降、男性で30%前後、女性で25%前後の数値で推移していることが調査結果として報告されています。

この数値を裏返して判断すると、実に7割以上もの人が離職もしくは転職していることになるわけです。

この割合には会社の倒産やリストラで転職を余儀なくされた人、あるいは会社の業績悪化を理由に早期退職希望に応じた人など、勤続したくてもできなかった人を含んでいます。

中には会社の将来性に不安を感じ、有利に再就職できる時期をにらんで転職に踏み切った人もいることでしょう。

どういった理由であれ、4人中2人〜3人の割合で定年までに転職を経験するわけです。

早くからしっかりとした考えに基づき、準備も万端であれば、転職に成功する確率は飛躍的に上昇するでしょう。

自分は転職の可能性がない、転職には無関係だと考えずに、転職もひとつの選択肢として捉え、普段からスキルアップや人脈作りを心がけることが重要です。

自分のアピールポイントとして活用できる資格を余裕のある時期から開始するのもいいですね。

心に余裕がなくなると、簡単そうに見える資格でも、取るのに非常に時間がかかってしまったり、失業してからでは学習を進める金銭的余裕もなくなり、資格すら取れなくなってしまいます。

他人事という意識を早くからなくし、準備万端、自分の人生を切り開いてください。



posted by ワークマン at 02:15 | 転職情報

ネット上に求人情報サイトは沢山あります



◆転職・仕事探しのヒントの『 ネット上に求人情報サイトは沢山あります 』を紹介します。◆

ネット上に求人情報サイトは沢山あります

今やネット上に求人情報サイトは数限りなくあって迷うほどです。

大手に一つ登録すれば週に何度も求人情報がメールで送られてきますが、なかなか思ったような求人に出会えないのが現実ではないでしょうか。

そしてまた別の求人情報サイトに登録、また別の情報サイト...
毎日のように送られてくる沢山の求人情報のメール。

そのうち似たような役に立たない情報の山に、たまったメールさえ開けるのが億劫になってくる。

そんな悪循環に陥る前に、希望に沿いそうにない求人情報サイトの登録は早々に解除し、情報源を絞ってみましょう。

特に希望職種が決まっている人の場合は、特定の職種に限った求人情報サイトにアクセスするのが効率的でしょう。

また、業界に特化する事により、優秀な方々が登録して実績があがるので、一般求人サイトには出さない募集企業に出会えます。

特定職種の情報サイトは以下のようなものがあります。

業種特化型の求人情報サイトに登録してみれば、意外と早く希望にかなった会社に巡り合えるかも知れませんよ。


医師のための転職情報、求人情報サイト
http://www.e-nhmc.com/

キャリアブレイン: 
医師 看護師 薬剤師
歯科医師向け求人や理学・作業療法士・ヘルパーなど介護求人から医療ニュースまでサポートする就職・転職サイト
http://www.cabrain.net/

メディカルキャスト: 
医師求人、医師募集、医師転職情報
http://www.medicalcast.co.jp/

メディカル・プラネット: 
医療系の求人情報サイト
http://www.medicalplanet.jp/

メディカル・キュービック: 
看護師 ・医師 ・薬剤師 ・保健師 ・助産師
の求人・就職・転職・派遣・アルバイト募集情報 /
医療とキャリアセミナー情報サイト
http://www.medical-cubic.com/

金融転職ドットコム: 
金融業界に専門特化したヘッドハンティング会社ウィルハーツが運営する金融業界専門の本格的転職支援サイト
http://www.kinyutensyoku.com/

コトラ: 
投資銀行・不動産金融・金融業界の求人情報サイト
http://www.kotora.jp/

フォーラムジャパン: 
観光産業の人材派遣
http://www.forum-j.co.jp/

クリエーター・ジョブステージ: 
デザイナー・クリエイターに特化した求人情報サイト
http://creator.job-stage.jp/index.html

JOBWORLD(ジョブワールド): 
ITプロフェッショナルの為の求人サイト
http://www.jobworld.co.jp/

ワークポート: 
IT業界転職支援サイト
http://temp.workport.jp/

マスターズクラブ: 
IT営業職専門の人材紹介&転職サポートサイト
http://www.masters-club.jp/

スキル・サーフィン: 
エンジニア特化型求人サイト
http://www.skillsurfing.com/

テックビーム: 
技術者・エンジニアの転職・求人情報サイト
http://www.techbeam.jp/job/index.html

建設ウォーカー: 
建設・不動産関連仕事の求人情報サイト
http://www.ken-walker.com/

キャリアリサーチコンサルティング:
エンジニアの転職・人材紹介サイト
http://www.crc-jp.com/

MS-Japan: 
管理部門(経理・財務・人事・法務・経営企画)、会計事務所、監査法人などの転職、求人情報サイト
http://www.jmsc.co.jp/

グローリアスキャリア: 
営業職の人材紹介 就職・転職支援サイト
http://www.glorious.jp/job/

キャンディデイト・セールス: 
国内最大級の営業職特化型求人情報サイト
http://sales.minkanshokuan.net/

マスメディアン: 
マスコミ・広告界の求人・転職サポートサイト
http://www.massmedian.co.jp/

アパレルキャリア: 
アパレル業界専門の求人・転職サイト
http://www.apparel-career.com/index.html

アパレルジョブ: 
アパレル専門の転職・求人サイト
http://www.apparel-job.com/index.html

ムービン: 
コンサルタント、マネジメントプロフェッショナルに特化した人材紹介サイト
http://www.movin.co.jp/

リーガルステーション: 
弁護士・弁理士・法務・パラリーガル・知的財産の転職・求人サイト
http://www.legal-station.com/index.html



posted by ワークマン at 01:56 | 転職情報

はたらコール



◆転職・仕事探しのヒントの『 はたらコール 』を紹介します。◆

はたらコール

はたらコール」というのをご存知ですか?平成14年4月18日にスタートした、ハローワークとは別に、厚生労働省が委託しているコールセンターのサービスです。

コールセンターの所在地は沖縄ですが、全国各地の就職希望者からの電話による問い合わせに応じて、最寄りの職業紹介機関や能力開発機関の住所、電話番号等の情報を提供してくれます。

フリーダイアルですので、電話代の負担もありません。

パソコンや携帯電話を使って求人情報などを検索できる「しごと情報ネット」「ハローワーク・インターネットサービス」などのサービスがありますが、パソコンを持っていなかったり、パソコンの操作が苦手だったり、うまく検索できない、という人向けのサービスで、求職者の方に代わってこういった情報サイトを検索してくれます。

また、資格を取りたい、労働条件について相談したい、育児をしながら仕事がしたいけど、など、そういった事をどこに相談すればいいのか分からないとき、相談の内容に応じた適切な機関の紹介をしてくれます。

例えば以下のような機関の情報が提供してもらえます。


職業紹介機関(公共職業安定所、人材銀行、パートバンク 等)
能力開発機関(職業能力開発校、職業能力開発促進センター 等)
自己検索方法(しごと情報ネット、ハローワーク・インターネットサービス 等)
就職に関する問題でどこに相談すれば良いかわからない、という場合は悩んでいる時間が勿体無いです。

「はたらコール」に電話して教えてもらいましょう。

ただ勘違いしてはいけないのは、このコールセンターで教えてくれるのは「問合せ先」や「しごと情報ネットの検索結果」の情報だけであって、直接就職先の紹介や再就職の相談にのってくれるわけではありません。


「はたらコール」

電話番号 
フリーダイヤル
0120−876506 
携帯電話・PHSからもご利用できます。

受付時間 
8:00 〜 22:00 
(土日祝日を除く)




posted by ワークマン at 01:39 | 転職情報

転職サイトランキング



◆転職・仕事探しのヒントの『 転職サイトランキング 』を紹介します。◆

転職サイトランキング

転職サイトランキングの常にトップを走るのがリクルートが運営する「リクナビNEXT」です。

http://next.rikunabi.com/rnc/docs/cp_s00010.jsp?__m=1

求人数の多さは6,000件以上と転職サイトの中でもトップなのが魅力です。

しかも大企業はもちろんベンチャーの求人にも幅広く対応しています求人情報の検索機能も使いやすく、転職パーフェクトガイドや転職アドバイザー相談など転職活動を支援するコンテンツも充実しています。

また、他を圧倒するスカウトサービスがあります。

85万人以上の匿名レジュメ登録と月20万通を超えるオファーがあります。

唯一の欠点は、会員登録時、Yahoo!JapanIDが必要になる点です。

Yahoo!JapanIDをまだ持っていない人はリクナビNEXTに登録するまえに別途作る必要があります。

そして、ログインのたびにYahoo!JapanIDとリクナビのパスワードを入力するのは少し面倒です。

1回のパスワードで済むようになれば申し分ない転職サイトだと思われます。

次に転職サイトランキングが高い転職サイトとして、「毎日キャリアナビ」があります。

毎日コミュニケーションズが運営する転職サイトです。

http://tenshoku.mynavi.jp/

求人数は約3,300件です。

大手はもちろん中小ベンチャーの転職情報を幅広く取り揃えています。

今元気がある成長企業の求人が多いのも大きな特徴です。

転職をサポートしてくれるコンテンツは毎日キャリアナビが転職サイトでは、トップクラスの充実です。

会員登録すると利用できる転職MYコーチは、専任の転職アドバイザーに履歴書の書き方や面接、転職活動の上での相談をすることができます。

特に、転職者の履歴書をブラッシュアップしてくれる履歴書コーチは登録者の8割が利用する優良コンテンツです。



posted by ワークマン at 00:51 | 転職情報

就職・転職情報の正しい利用の仕方



◆転職・仕事探しのヒントの『 就職・転職情報の正しい利用の仕方 』を紹介します。◆

就職転職情報の正しい利用の仕方。

一昔前までは、就職情報といえば、新聞や有料の就職情報誌が主流でしたが、最近ではインターネットで情報を集めることが一般的になっているようです。

就職や転職のキーワードで検索すると就職・転職支援サイトがズラリと並びますね。

情報を集めやすい反面、下手をすると情報に振り回され、いつまでたっても情報とにらめっこが続くなんてこともあります。

正しい情報の集め方、利用の仕方を身につけておかないと、思いのほか時間がかかり、せっかくのチャンスを逃してしまうことになるかもしれません。

利用者が多い転職支援サイトとしては、「毎日キャリアナビ」、「リクナビNEXT」「en社会人の転職情報」、「人材バンクネット」などがあります。

これ以外にも多数のサイトがありますが、すべてのサイトで求人情報を検索するのは時間の無駄でしょう。

自分の気に入ったサイトを1つもしくは2つぐらいに絞りこんだほうが、効率よく情報を収集することができます。

絞り込んだサイトで定期的に情報を検索し、その他のサイトはスカウトサービスや希望条件に見合った求人情報をメールで送信してくれるサービスを利用し、時間をかけずに必要な情報だけを手に入れるわけです。

ただし、利用するには個人情報の登録が必要であるサイトがほとんどであるため、躊躇する人もいると思いますが、登録情報を企業にオープンにしない設定も可能であるため、あまり気にせず、どんどん利用するといいでしょう。

「人材バンクネット」では自分にあったコンサルタントを検索することもでき、デジタル情報だけではなく、アナログでの相談も可能となっています。

就職・転職支援サイトのもうひとつの利用メリットは、マニュアルや履歴書などのテンプレートが豊富であること。

いくつかのサイトにさっと目を通し、役立ちそうなマニュアルやテンプレートをダウンロードし、それぞれのいいところをまとめていくと、自分なりの素晴らしいマニュアルができあがります。

転職事例を載せている場合も多いので、作成したマニュアルに追加するといいですね。

あとは周りの情報に振り回されることなく、自分のマニュアルに従って行動することが就職・転職の近道になります。



posted by ワークマン at 06:20 | 転職情報

毎日キャリアナビ



◆転職・仕事探しのヒントの『 毎日キャリアナビ 』を紹介します。◆

毎日キャリアナビ

毎日キャリアナビ」とは、人材会社のMYCOMが運営する「求人登録型」の転職サイトである。

登録することで求人情報を検索、面談申込することが出きる。

また、「職種」、「勤務地」、「年齢」などからわかりやすく検索するシステムを備えているほか、「適正診断」や「転職MYコーチ」などサポートが充実していて、かつ転職ノウハウのコンテンツがわかりやすくなっているのが特徴である。

匿名で登録可能なので、個人情報が漏れる心配がないのも良い。

主なコンテンツについて紹介すると、
1)
「転職MYコーチ」は、毎日キャリアナビ専任の転職アドバイザーが転職活動をマンツーマンでサポートしてくれるコンテンツである。

この中にある「履歴書コーチ」ではWEB履歴書の添削、「面接コーチ」ではWEB上の模擬面接などが受けられる。

2)
「適正診断」は、本人に合った最適な仕事を探すために、テストを受けて、仕事適正や仕事に求める価値を診断することができるコンテンツである。

世界40カ国で毎年1000万人以上が受験している信頼性の高いテストである。

3)
「スカウト」は、登録するだけで1000社以上のスカウト利用企業からオファーが届くというコンテンツである。

4)
「評価」は、サポートやWEBサイトの内容が充実しているコンテンツで、転職ノウハウにある「スーパーリアル面接」では実際の面接の体験談を読むことができる。




posted by ワークマン at 12:18 | 転職情報

非公開案件の理由



◆転職・仕事探しのヒントの『 非公開案件の理由 』を紹介します。◆

非公開案件の理由

広告で「あなたにだけの非公開案件多数」という趣旨の広告を目にします。

他の転職サイトでは公開は無く、ここでしか公開してませんというような広告です。

これらは例えば新しい企画等で、ライバル会社に気付かれないように人材を募集したい。

リストラ直後に急に人員が必要になったが、大々的には募集をかけれない。

など等の理由があるそうです。

人材バンクや転職サイトからしてみても、他社との差別化が図れ、依頼主とも良い関係のようです。




posted by ワークマン at 22:16 | 転職情報

マイナビ転職



◆転職・仕事探しのヒントの『 マイナビ転職 』を紹介します。◆

マイナビ転職

マイナビとは株式会社 毎日コミュニケーションズが運営する日本で最大級の転職を支援する転職情報サイトです。

常に3000件以上の求人情報と転職支援サービスでの転職をサポートをしてくれます。

サイトの構成としては大きく4つのカテゴリーに分かれていています。

一番重要な「仕事を探す」では職種、勤務地、キーワード、会社説明会やセミナーの情報から自分にぴったりの仕事を検索できます。

「スカウトを受ける」ではWEB履歴書を登録するだけであなたに興味を持った企業から直接アプローチを受けられるサービスです。

忙しくて時間がなくてもWEB履歴書を登録するだけなので簡単に就職活動が始められます。

そしてスカウトなので面接までがスムーズです。

また多くの企業がスカウトに参加しているので希望に合った企業が見つけられます。

ちなみにスカウトはメールで届きます。

「転職ノウハウを活用する」では大手企業の中途採用動向から業界別の最新の転職トレンドを見ることもできます。

基礎情報から実践ワザまで転職マルわかりガイドでは、転職のコツや心構えが、転職活動のフェーズや年代別に分かります。

読みたい項目に沿ってこのガイドを読めば、転職活動のすべてがわかります。

「応援・メッセージ管理」では無料の会員登録が必要ですが自分の応募履歴を保存したり、企業とのメッセージのやり取りを確認することができます。

またマイナビ転職会員のメリットとしては興味を持った企業からスカウトメッツセージを受け取ることができたり、会員専用のメールマガジンで、最新の求人情報やコラムを漏れなくチェックできたり、履歴書を保存しておくことで、毎回にお入力を省くことができ、応募が簡単にできたり、希望条件を保存できるので仕事の検索が一発でできます。

そして、なによりプロによる履歴書の添削が無料で受けられます。

転職希望者にとってはこれほど力強い応援サイトはありません。


posted by ワークマン at 12:51 | 転職情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。