==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


転職の準備 / 制度について / 仕事探し / 転職の理由 / 履歴書・職務経歴書の書き方と注意事項 / 面接の注意事項 / 退職する前に / ヘッドハンティング・人材派遣 /
転職情報 / 企業に求められる人材とは / 業種と資格 / 転職後の注意 / 上手に転職するには / 退職と健康保険 / 転職活動についての注意事項 / 給付・制度関係 /
中高年の再就職 / 仕事を楽しむ方法 / 自己PR / 税金関係 / 第二新卒の転職 / 退職届け・退職証明書 / アルバイト /  派遣 /  求人情報関連 / 

人材銀行を活用



◆転職・仕事探しのヒントの『 人材銀行を活用 』を紹介します。◆

人材銀行を活用しよう。

人材銀行」って知っていますか。

おそらく転職を考えない限り、普段あまり耳にすることはないと思います。

人材銀行はハローワークの管轄下にあり、全国の主要都市12ヶ所に設置されています。

もともと中高年の雇用促進のために開設された公的機関ですが、ハローワークとの違いは利用できる人が課長職以上の役職経験が3年以上ある人、あるいは専門職や技術職のキャリアを持つ人などに限られる点です。

このため、40歳以上の中高年が主な対象となっています。

管理職経験者とは企業や団体において役員、部長、課長、支店長、営業所の所長などの役職に就き、部下の管理育成を行ったことがある者をいいます。

専門職とは専門的な知識・資格、免許を必要とする職務で薬剤師、栄養士、通訳、税理士、SEなど、一般的にはスペシャリストと呼ばれる人達です。

技術職とは一般的にエンジニアと呼ばれる人達のことで、専門職同様、専門的な知識、技術、資格、免許を必要とする機械、電気、建設、生産、コンピュータの技術者や研究開発に携わるスタッフなどがこれにあたります。

専門職、技術職は管理職経験者とは異なり、幅広い年齢層が対象となっていますが、。

人材銀行を利用するメリットは求職者と求人会社の双方が登録情報を閲覧でき、リクエストできるという点です。

また、登録できる求職対象者を絞り込んでいる点がハローワークとは明確に異なりますから、これらの条件を満たす場合、特に40歳以上の中高年の場合は、登録しておくにこしたことはないでしょう。

登録条件は人材銀行により、異なる場合がありますので、詳しくは、それぞれの人材銀行のホームページをチェックしてみてください。


札幌人材銀行    
http://www.hellowork-sapporo.go.jp/jinzai/jinzai.html

埼玉人材銀行    
http://www.saitama-jingin.go.jp

千葉人材銀行    
http://www.chiba-jingin.go.jp/

神奈川人材銀行  
http://www.kanagawa-jingin.go.jp/

名古屋人材銀行
http://aichi-rodo.go.jp/jinzai/

京都人材銀行
http://www.jingin.com/jingin.html

大阪人材銀行
http://www1.osaka-jinzaiginkou-unet.ocn.ne.jp

神戸人材銀行
http://www.kobe-jingin-unet.ocn.ne.jp/

岡山人材銀行
http://www.helloworkplaza-okayama.go.jp/jingin/

広島人材銀行
http://www.hiroshima-jingin.go.jp/

福岡人材銀行
http://homepage2.nifty.com/jingin/




posted by ワークマン at 13:12 | ヘッドハンティング・人材派遣

人材派遣会社を選ぶ際には



◆転職・仕事探しのヒントの『 人材派遣会社を選ぶ際には 』を紹介します。◆

人材派遣会社を選ぶ際には

人材派遣会社を選ぶ際には一般的には人材派遣会社は登録者を効率的に派遣させる事を目的としているので、未経験な仕事を希望しても紹介してくれません。

大概は過去のキャリアや経験を活かすことのできる同職種への派遣されることになります。

違うフィールドで働いてみたいと思っても、経験の無い人をいきなり企業に派遣するような危険を人材派遣会社は行いません。

しかし、個人のキャリア支援をコンセプトとしている一部の派遣会社では、未経験な仕事へのチャレンジも支援してくれるところがあります。

派遣会社が提携しているスクールでの学習、派遣を利用し実技・スキル習得などをコーディネートすることで、未経験な仕事へのキャリアチェンジを実現させてくれるのです。

また、通常の人材派遣会社は、自社が把握している企業求人を案内するサービスですが、登録者の様々なキャリアルートを洗い出した上で「関心や志向」に基づいて、貴方の代わりに企業へアプローチ&プレゼンテーションまでしてくれる派遣会社もあります。

その結果、網羅的で旬の企業ニーズを比較・検討でき、納得感の高い意思決定が可能になります。

提携しているスクールでの講座を低価格で受講できたり、スキルアップのできる研修サービスで本格的に習得できるような人材派遣会社を選ぶと良い転職につながります。

転職に向けては専門のカウンセラーが付いてあなたのキャリアアップの為に相談、カウンセリングしてもらえますので、こういった付加価値の大きなサービスを利用できる人材派遣会社選びも大切です。


posted by ワークマン at 13:10 | ヘッドハンティング・人材派遣

企業で採用を決める



◆転職・仕事探しのヒントの『 企業で採用を決める 』を紹介します。◆

企業で採用を決める

企業で採用を決める側の人にはそれぞれ採用理由と言うのがあります。

ある採用担当者はその人のユニークさで採用を決め、ある人はその人のキャリアで採用し、ある人は真面目さ・誠実さで採用します。

それぞれの職種によって、またそれぞれの面接官によって、その判断基準は様々です。

採用の基準っていうのは一概にコレというものは無く、お互いのフィーリングが合う、ということが一番なのかもしれません。

まずは自然体で面接に臨みましょう。

もちろん自己アピールと言うのは大切ですが 、過剰だったり、脚色しすぎていたりしたら、それは虚飾になります。

そしてそれは面接官に見抜かれるものです。

ですから、苦手なことは正直に、未経験なら未経験で、それを正直に言って、後はなぜその仕事をしたいか、どのくらいその仕事をしたいか熱意を伝える。

それをちゃんと言うことが大事なのではないかと思います。

それで フィーリングが合う企業なら採用されるだろうし、フィーリングが合わなければ縁が無かったものとして他の企業を探せばいい。

もしかしたら時間はかかるかもしれないけど、それが適職を見つける一番の近道ではないでしょうか。

嘘をついて入ったら仕事についていけなかったり、思ったような仕事が出来なかったりして、その会社になじめないかも知れません。

面接ではあまり背伸びせずにありのままの自分を見てもらって、それを認めてくれる会社とは後々うまくやっていけるのではないでしょうか。


posted by ワークマン at 14:42 | ヘッドハンティング・人材派遣

ヘッドハンティングされたら考えること



◆転職・仕事探しのヒントの『 ヘッドハンティングされたら考えること 』を紹介します。◆

ヘッドハンティングされたら考えること


転職を具体的に考えていない人でも、ヘッドハンティングの話を持ち込まれると気持ちが揺らぐ場合が多いのではないでしょうか。

ヘッドハンティングの場合は、現在より収入が多くなるのが普通です。

何よりも自分の能力を相手方は高く評価しているわけですから、オファーを受ける受けないにかかわらず、話を持ち込まれて気分を害する人は少ないでしょう。

しかし、安直にヘッドハンティングの話を受けると後悔することも多いようです。

ヘッドハンティングの話を受ける結論を出す前に、企業がなぜヘッドハンティングするのかを考えてみるといいでしょう。

例えば

新規事業を立ち上げるために有能な人材が必要なのかもしれません。

あるいは、新たなプロジェクトを成功させるために強いリーダーシップを持った人材を欲しがっているのかもしれません。

どちらにしても、企業側とっては人材をヘッドハンティングしてまで取り組もうとしているわけですから、強い決意が感じられます。

ヘッドハンティングを受けたことに有頂天にならず、まず企業が自分のどういった能力を高く評価しているのかを自分なりに分析することです。

過去に大きな実績を残している場合、周りの協力者がいて成し得た結果かもしれません。

同じ様な人材、環境が転職先で整っているかどうかわからないわけですから、どういう環境下においても同じ結果を引き出せる強い自信がなければ、失敗する確率が非常に高くなります。

ヘッドハンティングは本来持っている能力だけではなく、その能力により、具体的な成功結果が得られることを期待して企業は雇用契約を結ぶわけですから、能力がない、期待した結果が得られないと判断されれば解雇もやむを得ないでしょう。

そうなると自分の人生設計自体が大きく崩れることになってしまいます。

ヘッドハンティングは大きなチャンスであるとことに変わりはありませんが、採用側との充分な意思疎通を図って、納得した上で結論をだすことが望ましいでしょう。



posted by ワークマン at 12:12 | ヘッドハンティング・人材派遣

ヘットハンティングする側の独自の色々な情報網



◆転職・仕事探しのヒントの『 ヘットハンティングする側の独自の色々な情報網 』を紹介します。◆

ヘットハンティングする側の独自の色々な情報網

優良な人材を転職先に進める為です。

ではどんな人材がヘットハンティングされるのでしょう。

大多数はその道のスペシャリストであること。

人材は即戦力として期待されています。

30代以上の方には、管理能力も求められるそうです。

ヘッドハンターも超有能な人材のみ扱っているわけではありません。

彼らも人を転職させて初めてお金が貰える商売です。

ではどんな人が対象となるのでしょう。

それは、キャリアアップ思考が高い、自らを売り込みに来るような人材は大歓迎してくれます。

転職を考えてる人材は向こうからしても喉から手が出る程ほしいのです。

彼らが求める人材は、仕事を通して、自分を高められる人材か。

自分の能力を高められる逸材か。

というところです。

ですのでヘッドハンティングされなければ、自分から売り込むことも一つです。

注意したいのは、収入の話は最初にはしないことです。

収入だけにこだわっている様な人材は紹介できないからです。

紹介する側にたって考えたら分かるとことです。

ヘッドハンティングされる人材は自分から売り込むような人も歓迎されることを忘れないで下さい。



posted by ワークマン at 12:11 | ヘッドハンティング・人材派遣

転職とヘッドハンター



◆転職・仕事探しのヒントの『 転職とヘッドハンター 』を紹介します。◆

転職ヘッドハンター

転職の1つのキッカケとして、ヘッドハンターから声がかかることがあります。

ヘッドハンターは、あなたを見ている誰かの紹介をうけて連絡をしてくるわけです。

ヘッドハンターを介しての転職は、報酬のアップも期待できます。

また、転職先の会社と入社交渉時に何かトラブルがあっても、「ヘッドハンターが私の真意と違う情報を御社に伝えています。

私の真意と異なります。

」などとヘッドハンターを都合よく利用することもある程度できるようです。

しかし、ヘッドハンターが最初に連絡をしてくる時ですが、会社の代表電話にかけてきたり、会社のメールアドレスを利用してあなたに声をかけてくるのが一般です。

しかし、個人情報保護法が施行されて以来、ヘッドハンターが自己を名乗らないために取り次いでもらえず、あなたにヘッドハンターが接触をすることが出来ない場合がかなりあるそうです。

もし、機会があればヘッドハンターと接触をして転職を希望している方には、次の方法をおススメします。

まず、ヤフーなどのフリーメールを取得して、それを会社の名刺にプライベート用のメルアドとして書き添えておくのです。

そして、普段から「プライベートなご連絡はコチラにお願いします。」と伝えておくのです。

こうすれば、会社に知られずにヘッドハンターと接触できる可能性がぐっと増しますし、携帯からでもメールを見ることができるのでたいへん便利です。







posted by ワークマン at 12:05 | ヘッドハンティング・人材派遣

エージェントの見極め方



◆転職・仕事探しのヒントの『 エージェントの見極め方 』を紹介します。◆

エージェントの見極め方

担当者はあなたの要望を一通り聞いた後、あなたに合いそうな案件を数件紹介して暮れます。

あなたの話を聞いてくれますか?あなたの要望を通そうと努力してくれますか?

適度なアドバイスはしてくれますか?

話を聞いてくれるかどうかというのは、あなたが自分の希望を出しているのにも関わらず、あなたが希望していない案件を勧めてくるエージェントがいます。

あなたにはこれがぴったりと言いながら。

あなたのことを決め付けてかかるエージェントもいます。

あなたが何を希望していて、それを実現する為にはどうしたら良いかを考えてれる。

そんなエージェントを見つけましょう。




posted by ワークマン at 12:54 | ヘッドハンティング・人材派遣

ヘッドハンティングされるのはエリート・スーパーマンのみ?



◆転職・仕事探しのヒントの『 ヘッドハンティングされるのはエリート・スーパーマンのみ? 』を紹介します。◆

ヘッドハンティングされるのはエリート・スーパーマンのみ?

ヘッドハンターも、彼らもエリート・スーパーマンのみしか扱ってないわけではありません。

ヘッドハンターも人を転職させて初めてお金が貰える商売です。

転職意欲のあり、、自らを売り込みに来るような人材は大歓迎してくれます。

ですので、ヘッドハンティングされないから私には関係ないと諦めないで下さい。

されなければ、自分から売り込めば良いのです。

この辺は、自分で人材紹介会社等に登録するのと同じことです。

自分に自信があり、転職を考えてる人材は向こうからしても喉から手が出る程ほしいのです。

注意点としては、収入の話は最初にはしないことです。

彼らが求める人材は、自分の能力を高められる逸材かどうか。

仕事を通して、自分を高められる人材かどうかです。

彼らも、紹介先に自分の信用を売っているので、収入だけにこだわっている様な人材は紹介できなのです。



posted by ワークマン at 12:49 | ヘッドハンティング・人材派遣

エージェントは、色々な情報網を持っている



◆転職・仕事探しのヒントの『 エージェントは、色々な情報網を持っている 』を紹介します。◆

エージェントは、色々な情報網を持っている

ヘッドハンティングされるに為はどうしたらよいのでしょう??

ヘッドハンティングするエージェントは、色々な情報網を持っています。

そして自分を通して優良な人材を、転職先を紹介しているのです。

転職先へも転職希望者へも、ヘッドハンター自身の信用を売っているのです。

勿論、属しているヘッドハンティング会社の社名は使いますが、どちらかというと、その人本人の顔で売っているところが多いです。

この辺が、キャリアコンサルタントや、エージェント、人材派遣会社などとヘッドハンティングとの違いだと思います。

それでは、ヘッドハンティングされる人材とはどんな人なのでしょうか。

必ず言える事は、その道のスペシャリストであること。

そして、英語・パソコンが出来れば直良し。

30代〜40代の人材は即戦力として期待されています。

管理能力を求められることが多いです。

どちらかというと、この段階のニーズは、資格等より実戦経験が重要視されます。


posted by ワークマン at 12:47 | ヘッドハンティング・人材派遣
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。