==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


転職の準備 / 制度について / 仕事探し / 転職の理由 / 履歴書・職務経歴書の書き方と注意事項 / 面接の注意事項 / 退職する前に / ヘッドハンティング・人材派遣 /
転職情報 / 企業に求められる人材とは / 業種と資格 / 転職後の注意 / 上手に転職するには / 退職と健康保険 / 転職活動についての注意事項 / 給付・制度関係 /
中高年の再就職 / 仕事を楽しむ方法 / 自己PR / 税金関係 / 第二新卒の転職 / 退職届け・退職証明書 / アルバイト /  派遣 /  求人情報関連 / 

年金受給



◆転職・仕事探しのヒントの『 年金受給 』を紹介します。◆

年金受給

年金には、老齢年金・障害年金・遺族年金などがあります。
一定の条件を満たせば、これらの年金を受給することが出来ますが、年金を受給したい場合には、自分で条件を満たしていて、年金を受給する資格があるのだということを届けなければなりません。
年金は、受給する条件を満たしたからと言って自動的に支給されることはありません。
自分で年金を受給するために裁定請求(年金を受給するための手続き)を行う必要があります。
この手続きは受給する年金によって、その方法が異なりますが、ここでは、請求の数が一番多いとされる老齢厚生年金の裁定請求の手続きについて説明します。
老齢厚生年金とは、働いていたときに厚生年金保険の被保険者期間があった人が、65歳になって老齢基礎年金を受けられるようになったときに、老齢基礎年金に上乗せする形で受給することの出来る年金のことです。
ちなみに老齢基礎年金とは、国民年金に加入している人が受給資格期間を満たした場合に、65歳になった時点で受給できる年金です。
では、老齢厚生年金を受給する方法ですが、必要書類をそろえて所定の場所へ手続きに行きます。
必要書類は、印鑑と預金通帳(請求者名義)のほかに、老齢給付裁定請求書、年金手帳または厚生年金保険被保険者証、戸籍謄本(全部事項証明)、住民票、となっています。
この年金を受給する際の必要書類は、人によって違ってきますので裁定請求をする前に必ず市町村役場の年金相談窓口か社会保険事務所等に確認するようにして下さい。
また、手続きをする場所ですが、過去に国民年金にしか加入したことがなければ市町村役場になりますが、厚生年金に加入した期間がある場合には社会保険事務所になります。
これについても、年金受給の手続きをする際に、はっきりと確認しておくことが必要です。


posted by ワークマン at 10:49 | 制度・年金について

看護職の多様な勤務形態導入モデル事業について



◆転職・仕事探しのヒントの『 看護職の多様な勤務形態導入モデル事業について 』を紹介します。◆

看護職の多様な勤務形態導入モデル事業について

看護職の多様な勤務形態導入モデル事業に注目が集まっています。
というのも今や看護職という仕事が危機に面しているからです。
昔は子供達の憧れの仕事であった看護職も今やきつい、汚い、危険の3Kに加え、休暇が取れない、化粧がのらない、結婚できない、などの6Kを合わせて9Kと言われています。
このような現象は今の医療現場において看護師不足という深刻な問題を抱えているのです。
そこで日本看護協会は看護師の多様な勤務形態を実践するモデル事業に着手しました。
これはつまり実際に医療現場で働く看護師の方が安心して働くことの出来る環境を作ること。
そしてそれが長く勤めることにつながります。
まず最初に働く時間が選べること。
複数の勤務時間帯を設定したりフレックスタイム制、時差出勤などが含まれます。
さらに交代制の働き方の選択です。
夜勤の時間数が選べたり2交代、3交代の選択が含まれます。
さらに看護業務のバリエーションが挙げられます。
これは一般的な病棟、外来業務以外の働き方があるということです。
それから常勤と非常勤、休職と復職などの勤務形態の変更が簡単に出来るという点。
これは雇用形態や勤務形態の変更が容易に出来るということです。
また長期休暇や短期間休暇制度があること。
これは夏休み期間中の休暇、及びリフレッシュ休暇などの長期休暇を指します。
短期間休暇では時間単位の有給休暇があります。
最後に非常勤やパート職員においての均等処遇があります。
これは同一価値労働同一賃金の原則適用を指します。
最後になりましたがここまで説明しただけでも改善されればかなり働きやすい環境になると考えられます。
看護職が仕事と生活を両立させ安心して働き続けるためにはこれまでよりもさらに働く形に対して柔軟な考え方を持ち勤務形態を作り上げることが医療現場の充実にもつながることは確実です。


posted by ワークマン at 15:14 | 制度・年金について

離職者支援資金貸付制度



◆転職・仕事探しのヒントの『 離職者支援資金貸付制度 』を紹介します。◆

離職者支援資金貸付制度

失業により生計の維持が困難となった世帯に対し、再就職までの間の生活資金の貸付を行っています。

対象者:
生計中心者の失業によって生計の維持が困難となった世帯

資金使途:
生活資金

貸付限度額:
総額240万円(月額20万円×12か月)

貸付金利 :
年利3%(措置期間中は無利子)

償還期間 :
措置期間(貸付期間の終了後6か月)経過後7年

ご注意:
審査の結果、制度をご利用になれないなど、ご希望に添えない場合がありますので、まずは下記にご相談ください。


問い合わせ先

社団法人全国労働金庫協会

〒101−0062 
東京都千代田区神田駿河台2−5−15 
03ー3295ー6735


posted by ワークマン at 12:32 | 制度・年金について

勤労者生活支援特別融資制度



◆転職・仕事探しのヒントの『 勤労者生活支援特別融資制度 』を紹介します。◆

勤労者生活支援特別融資制度

勤務先企業の業績悪化等の理由により収入が減少した者及び離職した者への生活支援を目的とする。


対象者 :
収入減少者(勤務先の事情により給与・一時金等収入が減少した者)離職者(不況に伴う倒産による解雇,リストラによる退職等,勤務先の事情により離職した者)

資金使途 :
住宅ローン等の借換え資金、または小口の生活資金

借入限度額 :
住宅ローン等対象融資 3,000万円
小口生活資金融資  100万円(生活資金),300万円(教育資金)

金利・返済期間 :
各融資商品の適用金利及び適用期間




posted by ワークマン at 12:30 | 制度・年金について
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。