==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


転職の準備 / 制度について / 仕事探し / 転職の理由 / 履歴書・職務経歴書の書き方と注意事項 / 面接の注意事項 / 退職する前に / ヘッドハンティング・人材派遣 /
転職情報 / 企業に求められる人材とは / 業種と資格 / 転職後の注意 / 上手に転職するには / 退職と健康保険 / 転職活動についての注意事項 / 給付・制度関係 /
中高年の再就職 / 仕事を楽しむ方法 / 自己PR / 税金関係 / 第二新卒の転職 / 退職届け・退職証明書 / アルバイト /  派遣 /  求人情報関連 / 

医師 面接での秘訣



◆転職・仕事探しのヒントの『 医師 面接での秘訣 』を紹介します。◆

医師 面接での秘訣

医師の面接における重要なポイントにはどういう点があるのかを調べてみました。
医師はただ単に成績が良いからという理由だけで有利な立場にあるという考え方は改めなければなりません。
最近は「医師としての倫理」が強く問われており「医師への強い決意」や「医師としての適正」を兼ね備えた受験生が望まれているようです。
もっと細かく見ればコミュニケーション能力や社会への関心度、そして思考力、協調性、勉学意欲、判断力、積極性、論理的思考力、社会的適応力などが適応用件として重要視されています。
しかし20分ほどの短い時間での医師面接で以上のような適応用件を判断してもらうのは非常に大変な事だと言えます。
面接としては面接官が3人程度で1人の受験生を面接する形が一般的のようです。
落ち着きのある紺系統のブレザーやスーツにネクタイが良いでしょう。
仮にわからない質問であっても「わかりません。」とはっきりと答えることが大切です。
第三に言葉遣いが挙げられます。
これは必要以上に気を使うことはありませんが、日常的な生活の中において基本的な言葉のルールを守っていれば良いでしょう。
第四に話は具体的かつ簡潔にまとめましょう。
面接時間が短いため話を簡潔にまとめて質問を多くしてもらうようにすれば自分をよく理解してもらえます。
最後に挙げるのは真面目に面接に望むということです。
例えば面接官がわざと頭にくるような質問を投げかけたとしてもイライラしたり怒ったりしてはいけません。
こういう時は素の自分が出てしまうもの。
あくまでも冷静でいることを肝に銘じて落ち着きましょう。
以上、面接に関する注意点を挙げてみましたが、医師と言っても人間です。
面接でも日常生活の中で基本的な事を身につけていれば怖くありません。


posted by ワークマン at 06:35 | 面接の注意事項

採用担当者の狙い



◆転職・仕事探しのヒントの『 採用担当者の狙い 』を紹介します。◆

採用担当者の狙い

採用担当者は、転職希望者の表面的な答えでなく、本音を引き出して採用の判断をしたいのです。

そこで、本音を引き出す誘いの質問をしてきます。

転職希望者側としては、採用担当者の言葉にうっかりのらずに、よく考えて答えたいものです。

採用担当者の誘導で、うっかり本音を言ってしまいがちな場合が2パターンあります。

(1)
「本当のところどうおもっていますか」、「遠慮しないで答えてください」、「言いたいことをそのままの形でお話ください」などという言葉を投げかけてきます。

面接がすすんで打ち解けてきたころに言われると、つい余計な本音が出がちです。

注意しましょう。

(2)
採用担当者は、転職希望者が意外に思う質問や反対意見をわざと言って驚かして、その場のとっさの発言から本音を引き出そうとすることがあります。

たとえば、当然に成長する分野と思われているのに「その分野は成長しないのでは?」と言ったり、「その点については、私は反対です。

いかがでしょうか」などと転職希望者の考えを否定してみたりします。

また、趣味が「会社の仕事に役立たない趣味では」
と疑問を投げかけたりします。

人は意外なことを言われると、とっさに本音で反応しがちです。

意外な質問も何回かあることを知っておけば、あわてずに答えることができます。

また、自己の考えが否定されたと怒りをあらわすようですと、感情的な人物と評価されてしまいますので注意してください。




posted by ワークマン at 13:32 | 面接の注意事項

面接の際に聞かれる前職の退社理由



◆転職・仕事探しのヒントの『 面接の際に聞かれる前職の退社理由 』を紹介します。◆

面接の際に聞かれる前職の退社理由

転職での採用面接の際に、必ずと言っていいほど聞かれる前職の退社理由。

会社が面接で応募者の退職理由を知ろうとするのは、そこに応募者本人の人となりや資質を知るためのヒントが見出せるからです。

会社側が採用前に知って、回避したいことは主に下記のようなことです。

(1)前の会社で、会社に迷惑を掛けるような問題を起こしてはいないか、それが離職の原因ではないか前職で問題を起こした人間を採用すると、又同じような問題を起こさないとは限りません。

わざわざトラブルメーカーを抱え込むことは避けるでしょう。

(2)また同じような理由で辞めてしまわないか、その退職理由によっては、最初から採用しない方が良いのではないかと判断する基準となります。

せっかく採用しても、すぐに辞められたのでは、採用活動にかけた手間やコストがすべて無駄になってしまいますから。

(3)不平不満への対応力があるかどうか会社に対する不平不満があっての退職であっても、それに対して解決のために努力したか、どう対応したかを知ることにより、応募者の問題への対応力や解決能力、仕事への取り組み姿勢がわかります。

退職理由を話す場合には、前職への不満だけが理由にならないように注意し、前向きな今の自分の気持ちを伝えるようにします。

「退職の原因」があって「自己分析」を行った結果として、こんな仕事がしたいという「志望動機」になって、その企業に応募した経緯となったはずです。

退職理由と志望動機は表裏一体ですから、前向きに受け取られるよう工夫して話すようにしましょう。


posted by ワークマン at 15:59 | 面接の注意事項

採用担当者の責任も・・



◆転職・仕事探しのヒントの『 採用担当者の責任も・・ 』を紹介します。◆

採用担当者の責任も・・・

採用担当者の方もプロであり、問題を起こす社員を雇用すると責任が生じます。

ただ、面接では、転職希望者は対策を練って臨んできており中々本当の所はわからない状態です。

そこで、採用担当者も様々な手を打ってきて転職希望者の本音を探ろうとします。

例えが今一つですが、「面接官と転職希望者」は「刑事と被疑者」に似ていると言えます。

<1> 

採用者の面接術・採用担当者も面接のハウツー本は調べています。

ハウツー本通りの受け答えをすると、本心は良くわからないと思われてしまい、必ずしも良い評価につながりません。

ハウツー本は、参考程度にしておきましょう。

・刑事が被疑者にカツ丼を食べさせて親の話をして、自供を引き出すのはテレビで良く見る場面ですね。

採用担当者の方もなんとか、緊張をほぐし本音を引き出そうとしています。

天気の話や、住んでいる町の様子、芸能人の話・・・など面接と関係のないような話がでてきたら、緊張をほぐして本音を聞きたいのです。

良くうなずき話を聞いてくれる採用担当者も同じです。

転職希望者の調子を良くして本音を引き出そうとしています。

このような採用担当者には、つい転職希望者も余計なことまで話をしてしまいがちです。

この時ですが、頑固としてマニュアル的な解答をすると落とされます。

採用担当者には、本音がわからないしコミュニケーション能力にも疑問符が付くからです。

ですがら、転職希望者はさらに上を行きましょう。

本音トークになっていると採用担当者に思わせるのです。

打解けた様子を見せながら、返事は抜けめ無く考えて答えましょう。

<2>
 
転職希望者の返答術では、抜けめ無く答えるにはどうすればよいでしょうか。

採用担当者は、本音トークの中から、転職希望者の考え方や行動の仕方をみようとします。

たとえば、学生時代のスポーツクラブのなにげない出来事の話から、協調性や独善性、リーダーシップがあるか、努力するタイプか判断しようとしているわけです。

会社に入っても同じような考え・行動すると判断します。

判断するために、できるだけ具体的に答えるように要求してくることが多いです。

転職希望者は、なにげない過去の出来事と思われるような事柄も採用担当者が注目していることに注意すべきです。

しっかりと、この点を心にとめて面接に向かうと随分と返答の仕方も変わってきます。

どのようなことを突っ込んで聞いてくるかは、採用担当者により千差万別です。

しかし最低限、履歴書・職務経歴書に記載した事柄は、突っ込んで具体的に聞かれると想定して、具体例もある程度考えておくと良いでしょう。



posted by ワークマン at 13:15 | 面接の注意事項

面接での服装は第一印象を決める大事なポイント



◆転職・仕事探しのヒントの『 面接での服装は第一印象を決める大事なポイント 』を紹介します。◆

面接での服装はあなたの第一印象を決める大事なポイントです。

やはり服装はあなたの人となりが出ますし、多くの応募者の面接を担当している面接官は敏感にそれを察知します。

服装だけを見て面接官が即「不採用」を決めるわけではありませんが、一般的にシンプルで清潔感のある「好ましい」服装をしていくことは社会人として当然のことです。

面接には男性も女性もいわゆる「就活スーツ」が基本になり、黒か濃い紺色のスーツ姿はどうしても皆同じように見えてしまいます。

たとえ他人と同じファッションを好まない人であったても、面接では「風景に馴染む」ことを心掛けてましょう。

「個性的」を穿違えてはいけません。

奇抜な服装で個性を出して目立つことは、よほどユニークな会社や職種(小さな組織やベンチャー、デザイン系など)以外、決して有利な結果にはなりません。

普通の会社の面接で「人と違った服装」をして行った段階で「協調性が無い」という第一印象を与えてしまうことになります。

小さな主張としては、センスのいいネクタイやシャツ、スーツと靴のコーディ
ネイトなどで他の人との差をつけましょう。

同じ色のスーツを着ていても、着こなしとセンスのスマートさで差別化できます。

自分のセンスに自信が無い人は専門家の意見を参考にしましょう。

大手紳士服店や百貨店などでシャツの1枚でも買う際に、専門の販売員に相談してみましょう。

特に営業職を希望している人は、まずは好感の持てる清潔感ある身なりに気をつけましょう。


posted by ワークマン at 11:33 | 面接の注意事項

面接で不採用になってしまう場合



◆転職・仕事探しのヒントの『 面接で不採用になってしまう場合 』を紹介します。◆

面接で不採用になってしまう場合

書類選考では落ちたことが無いのに、なぜかいつも面接で不採用になってしまう人、その原因は何でしょう。

面接で出てしまったちょっとした普段のクセや、態度?
特にキャリアやスキルもある転職者ほど気をつけなければならない点があります。

下記に思い当たることはありませんか?面接担当の人はこんな事をチェックしていますよ。

まずは座り方です。

当然ですが、相手に促されてから座るようにしましょう。

そして背もたれにはもたれかけないように少し浅めに座って、足を広げすぎたり、組んだりしてはいけません。

あなたは面接を「受ける」立場で、「話を聞いてもらう」という立場を徹底しましょう。

自分は経験も技術も持っているのだという「余裕」を、態度で表しては逆効果です。

尋ねられた質問を良く聞いて的確に答え、相手の話の腰を折らない、自分の話は必要以上長くならないようまとめて話す言うのは鉄則です。

出過ぎた自己アピールは、職場での協調性を疑われます。

短い時間で自分のアピールしなければならないのはわかりますが、聞かれていないことを話すのは止めましょう。

どうしても自分のセールスポイントが伝えられる質問が来なかった場合は、最後に質問などありませんか?と聞かれた際に「少し時間をいただけませんか?」と許可をもらって話すようにしましょう。

また、たとえ緊張していても、面接官の顔を見ない、目を見て話せない、やたらオドオドと挙動不審、笑顔のひとつも出せないのはNGです。

コミュニケーション能力の欠如と見做されます。

話をするときは相手の目を見て、誠実に自分の意見を訴えかけるというのは基礎中の基礎です。

目を見て話せないのは「後ろめたいこと」があるから、嘘をついているのではないか、信用できない人といった印象を与えてしまいます。

だからと言って、相手を睨み付けるような強面では印象が悪いのは当然です。

相手も自分自身もリラックスさせる意味でも、時には笑顔を交えるような余裕も持ちましょう。

だからと言って馴れ馴れしく、横柄と取られる様な態度もNGです。

転職者の場合、面接官と歳が近かったり、面接慣れしていたりすると、リラックスしすぎて節度が無くなる場合が往々にしてありますので要注意です。

面接官が気安く話しかけてくれているのは、あなたを試しているのだということを忘れないように、度を越えないように気を付けましょう。

面接はいつも謙虚な態度で臨み、聞かれたことに的確に答える中でうまく自分をアピールするよう心がけましょう。


posted by ワークマン at 01:50 | 面接の注意事項

面接とマニュアル本



◆転職・仕事探しのヒントの『 面接とマニュアル本 』を紹介します。◆

面接とマニュアル本

転職希望者が面接時にマニャアル本に頼りすぎると、面接官に良い印象を与えることはできません。

まじめな方ほどマニュアル本を暗記している場合が多いようです。

しかし、面接官は転職希望者の本来の素顔を探るのが仕事です。

マニュアル本のことは面接官も熟知しているので、マニュアル本どおりだと本来の自分を出していないと疑われてしまいます。

結局、素顔を探るための面接官の意表をつく質問をうけてとまどうことになったり、素顔が良くわからなかっったということで不採用などとなってしまいます。

表面上の言葉では面接官をだませません。

しっかりと自分の言葉で話すようにしましょう。

うわっつらより面接時の気持ちと態度を、面接官はきっちり評価してくれます。

なお少し難しいですが、面接官も色々な方がおられるので、担当した面接官の好みそうな波長をかもし出すのも面接のコツです。

これもマニュアル本からは得られませんね。


posted by ワークマン at 01:01 | 面接の注意事項

転職と面接



◆転職・仕事探しのヒントの『 転職と面接 』を紹介します。◆

転職と面接

転職時の面接で、マニュアル本どおりのような受け答えをする方がおられます。

「御社の自由闊達な社風と成長性・・・」などです。

転職時の面接官は、そのような言葉は聞き飽きています。

全く面接官の心に響きません。

そつなく面接をこなしているつもりでも、抽象的な話では転職成功にはつながりません。

大事なのは抽象的な話ではなく、具体的な話です。

具体的な経験に基づく話ほど、面接官の関心をひきます。

これは、転職希望者の素が具体的な話から見えるので、転職希望者の素顔を探っているのが面接官ですから熱心に聴いてくれるわけです。

さらに、具体的な話を裏付ける数字が入っていればリアリティがあるので、なお面接が盛り上がるでしょう。

転職希望者は、自分に聞いてください。

抽象的な話より具体的なエピソードの方が聞いていておもしろいですよね。

面接官も同じです。

具体的な話をするほど面接官に注目・採用してもらえる人材であることを忘れないようにしてください。





posted by ワークマン at 00:56 | 面接の注意事項

転職志望動機



◆転職・仕事探しのヒントの『 転職志望動機 』を紹介します。◆

転職志望動機

転職者は志望動機も面接時に必ず聞かれる事柄の1つです。

なぜこの会社なのか?なぜこの職種なのか?なにをこの会社でやりたいのかなどです。

志望動機は明確に答える必要があります。

志望動機が明確に答えられないようでは、真剣度が疑われてしまいます。

まず、なぜこの会社を転職先に選んだかですが、これは会社を褒めることとイコールと考えましょう。

知らない会社は褒めることができません。

きっちり資料で調べ、店舗のある企業には足を使い褒めるべき点をチェックしておきましょう。


<例えば>


経営方針や優れた商品(サービス)、企業風土、事業展開、トップの人格などをほめてみましょう。

次に、この会社で何をしたいか聞かれるでしょう。

これについては、例えば営業職ですと答えるだけでなく。

一歩踏み込んでどの商品をどのように売りたいかまで答えると、それが夢のような話でも真剣度と意欲を評価してくれます。

応募者がどれだけ企業側のことを理解しているかの評価にもつながります。

問題は、まったく経験がない職種に応募した場合です。

単なる情熱だけを語っても採用には結びつき難いでしょう。

面接官は即戦力の転職者がほしいのです。

しかし、社会人なら希望職種に生かせるスキルは必ずあるはずです。

それをどのように生かすのかということと経験のない職種に対する研究・体験をはじめていることを伝えることが必要です。

答えることができないと、いきあたりばったりの軽い気持ちの転職と取られかねません。




posted by ワークマン at 00:54 | 面接の注意事項

面接の質問



◆転職・仕事探しのヒントの『 面接の質問 』を紹介します。◆

面接の質問

面接は面接官から聞かれたことを答えるだけではなく、あなたもその会社を面接していることを忘れずに。

仕事内容や開発環境、会社への疑問点など具体的に質問して行きましょう。

仕事の内容については面接段階で確認をしすことは、あなたの入社後のミスマッチを減らす上で非常に重要な手段です。

入社してからこんなはずではなかったと後悔して困るのは、あなたです。

迷うような事がないようにしましょう。

ただし、ホームページに書いてある情報や、少し調べれば分かるような質問は避けましょう。


posted by ワークマン at 22:33 | 面接の注意事項

面接時の携帯電話



◆転職・仕事探しのヒントの『 面接時の携帯電話 』を紹介します。◆

面接時の携帯電話

面接時はオフにしておきましょう。

マナーモードでは無く、オフです。

掛かってきても出なければよいということではありません。

マナーモードでも、バイブの音や、端末のライトで、面接官があなたに電話が掛かってきていることが分かってしまった時点で、失礼にあたります。

例えこれが現職の関係の電話でも、面接の際には切っておくことです。

先方には、あなたの現職よりも今この時間を大切に考えて欲しいはずです。

できれば、訪問先に入る前に電源を切っておくと忘れずにすみます。



posted by ワークマン at 22:32 | 面接の注意事項

部屋に案内されたら



◆転職・仕事探しのヒントの『 部屋に案内されたら 』を紹介します。◆

部屋に案内されたら

ノックは軽く2〜3回し「どうぞ」と声をかけてもらってから入室しましょう。

その際に面接官のほうを見て一礼。

椅子の脇、机がある時には、席の後ろに立って、「よろしくお願いします」とさらに一礼をします。

着席は「どうぞ」と促されてからします。

視線は面接管の目を見れれば良いですが、もし緊張しているならば、胸元〜顔あたりに向けておきましょう。

面接が終わる際には、椅子の脇、または後ろにに立って今日はどうもありがとうございましたと一礼します。

ドアの前でもう一度一礼して、静かにドアを開け閉めして退室します。



posted by ワークマン at 22:30 | 面接の注意事項

面接を受ける前の注意点



◆転職・仕事探しのヒントの『 面接を受ける前の注意点 』を紹介します。◆

面接を受ける前の注意点

面接での遅刻は厳禁です。

もし現職の仕事が長引いてしまったり、公共機関の遅延などで間に合わないとわかった場合は、その時点で必ず電話連絡を入れましょう。

また、訪問先へは気持ちの上でのゆとりを保つためにも、面接時間の10分前には到着しておくと良いでしょう。

周辺地図や交通経路、所要時間はあらかじめ調べておきます。

少し早くついてトイレを済ます、身だしなみも事前にチェックしておきたいです。

そして到着したら、まずは受付で訪問の趣旨を伝え、担当者への取り次ぎをお願いします。

担当者の名前と連絡先程度は直ぐに出てくるようにしておくと便利です。



posted by ワークマン at 22:29 | 面接の注意事項

面接と自己アピール



◆転職・仕事探しのヒントの『 面接と自己アピール 』を紹介します。◆

面接と自己アピール

面接を何度か経験すると、同じような質問が繰り返されることに気がつくと思います。

中でも多いのが志望動機と自己アピールではないでしょうか。

特に自己アピールは、短い面接時間の中で、応募者の物の考え方や人物像を知ることができる非常に有効な手段として、活用している面接担当者が多いようです。

一般的に5分前後の時間を与えられて自己アピールしますが、中には10分以上の長い時間を与えられる場合や1、2分の短い時間になる場合もあります。

面接担当者が重視するということは、言い換えれば、自己アピールがうまくできれば、採用される可能性が高まるわけです。

応募者にとっては自分自身をアピールできる絶好のチャンスです。

この短い時間の中で、今までのキャリアや得意分野、性格の長所などを要領良くアピールできるかどうかが、合否を左右すると言っても過言ではないでしょう。

しかし、実際の面接場面になると、うまく自己アピールできず、印象を悪くしてしまう人が少なからずいます。

自己アピールなんか簡単だと思っている人でも、本番では力を出し切れない場合があるのが自己アピールなのです。

なぜ上手くいかないのか。

はっきり言って準備不足です。

一度試しに時間を計って自己アピールしてみてはどうでしょう。

1分間、3分間、5分間、それぞれの時間内にどれほど効果的にアピールできたでしょうか。

録音してみて聞きなおすのもいいですし、友人や家族に聞いてもらうとより客観的な評価をもらえるかもしれません。

準備はアピールポイントをすべて紙に書き出します。

応募しようとしている企業の業種に合わせて、自分のキャリアのどの部分をアピールするのか、自分の長所が企業の発展にどう寄与するのかなどを、できるだけ具体的に書き出し、ゆっくりとした口調で話してみて時間内に収まるように調整します。

この練習の繰り返しが本番で実を結ぶわけです。

何を言いたいのか分からないような自己アピールや話始めと終わりで矛盾するような自己アピールにならないようにしたいものですね。



posted by ワークマン at 12:53 | 面接の注意事項

就職・転職活動で面接は一番大きなウエイトを占めます



◆転職・仕事探しのヒントの『 就職・転職活動で面接は一番大きなウエイトを占めます 』を紹介します。◆

就職転職活動で面接は一番大きなウエイトを占めます。

どんなに素晴らしいキャリアがあり、筆記テストの結果が良かったとしても、面接官に悪い印象を持たれてしまうと、次のステップに進むことはまず難しいと言えるでしょう。

面接の受け方については、攻略本がたくさん出版されていますし、ネット上でもアドバイスが氾濫しています。

想定質問に対する模範的な答え方を身に付け、面接の場に臨む人が多いようですが、意外と見落としがちなことがあるようです。

面接は家を出るときからスタートしていると考えておいたほうが良いでしょう。

実際の面接時以外に、つぎのような行動が採用担当者に悪い印象を与えてしまいますので要注意です。

@ 面接時間に遅刻
道に迷ったという言い訳はビジネスの世界では通じません。

A 面接時間よりも相当早く着く
採用担当者は面接の準備や他の仕事で忙しい場合が多く、あまりに早すぎる到着は迷惑以外のなにものでもありません。

B 待合室でタバコを吸う
お客様用に灰皿を置いてあったとしても、「社員は禁煙」としている会社は最近増えています。
緊張をほぐすには別の手段を考えたほうが良いでしょう。

C 他の応募者と話をする
質問や疑問点を解消するために隣り合った人と話をするのは問題はないですが、社内にいる間、世間話は慎んだほうが良いでしょう。

話し声は仕事をしている社員の方に聞こえることもあり、面接担当者に話が伝わってしまう場合があります。

D 挨拶をしないで帰る
面接が終わったらいつのまにか消えていたでは、よい印象を持たれるわけがありません。
明るく、元気よく挨拶をして帰るように心がけたいものです。


採用担当者は居合わせた社員に応募者の印象を聞くことがよくあります。

付け焼刃のテクニックだけで面接を乗り切ったとしても、その前後が常識のない行動では採用される可能性が低くなってしまうということを心にとめておく事が大事です。


posted by ワークマン at 12:43 | 面接の注意事項
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。