==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


転職の準備 / 制度について / 仕事探し / 転職の理由 / 履歴書・職務経歴書の書き方と注意事項 / 面接の注意事項 / 退職する前に / ヘッドハンティング・人材派遣 /
転職情報 / 企業に求められる人材とは / 業種と資格 / 転職後の注意 / 上手に転職するには / 退職と健康保険 / 転職活動についての注意事項 / 給付・制度関係 /
中高年の再就職 / 仕事を楽しむ方法 / 自己PR / 税金関係 / 第二新卒の転職 / 退職届け・退職証明書 / アルバイト /  派遣 /  求人情報関連 / 

樹木医



◆転職・仕事探しのヒントの『 樹木医 』を紹介します。◆

樹木医

樹木医とは、木のお医者さんのことで、いわゆる木の専門家のことです。

ひとことで木といっても、庭などの身近なものだけじゃなく、公園や街路樹や、天然記念物のような大きな樹木や名木もあります。

そんなさまざまな木の傷みや病気を診断し、樹勢回復させることはもちろん、病気の予防や後継樹の保護育成にも関わる木のスペシャリストが樹木医です。

樹木医は、日本樹木医会(http://jumokui.jp/index.html)もあり、47都道府県のうち32ヶ所に支部があります。

樹木医になるには、財団法人 日本緑化センター
http://www.jpgreen.or.jp/index.html)が制定している樹木医制度を利用します。

樹木の診断や治療に関する業務を7年以上経験したものに応募資格があり、1次筆記試験に合格し、120名の研修受講者として選抜された後、2週間ほどの研修を受講し、終了時の筆記試験、面接をクリアして初めて樹木医として認定されます。

樹木医制度は平成3年(1991年)から実施されており、平成19年(2007年)度の認定前の現在で樹木医認定者総数は1,484名になっています。

今年、平成19年(2007年)は5月7日から6月11日の間に応募受付、7月22日(日)午前10時半より90分の選択式筆記試験、午後から90分の論述試験が仙台、東京、名古屋、大阪、福岡の5会場で実施されました。

その後、筆記試験により選抜された120名が10月1日から13日(第1期)と10月15日から27日(第2期)の2組に分かれ、財団法人 筑波学都資金財団筑波研修センターでの研修を受講しました。

樹木医に認定されるまでにかかる費用は、第1次筆記試験が18,000円、その後の研修費が交通費・宿泊費を除いて65,000円。

樹木医は21世紀の美しい地球環境を未来に継承していくことができる技術として、地球環境保全が問題視される現代で注目されつつある資格です。

日本樹木医会のサイトでは合格体験記(http://jumokui.jp/becomingtreedr/success/main.html)も閲覧できます。




posted by ワークマン at 01:27 | 仕事探し

転職情報を得ることができるサイト



◆転職・仕事探しのヒントの『 転職情報を得ることができるサイト 』を紹介します。◆

転職情報を得ることができるサイト

転職情報サイトや転職関連知識提供サイトとリンクしており、さまざまな転職情報を得ることができるサイト。

効率的に自己に必要な転職情報サイトにたどりつけます。

・Yahoo!リクナビ 
http://rikunabi,yahoo.co.jp/
ヤフーが運営。
毎週記事が更新されています。

・楽天仕事市場
http://career.www.infoseek.co.jp/
楽天(梶jが運営。
会員IDを取得するとさらに便利になります。

・しごと情報ネット
http://www.job-net.jp/
厚生労働省による求人情報等のインデックスサイト。

・BIGLOBE仕事
http://career.biglobe.ne.jp

・ジョブダイレクト
http://www.jobdirect.jp/

・Job‐TV
http://www.job-tv.co.jp/

・ISIZE仕事探し
http://www.isize.com/work/




posted by ワークマン at 06:00 | 仕事探し

転職情報誌のネット版



◆転職・仕事探しのヒントの『 転職情報誌のネット版 』を紹介します。◆

転職情報誌のネット版

転職情報誌のネット版の紹介

ネット上で求人応募もできる転職情報専門サイトで、応募活動に便利な様々な機能や知識を提供しています。

・リクナビNEXT⇒
http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/
潟潟Nルートの転職情報サイト。

履歴書を匿名公開して企業からのアプローチを待つスカウト機能などを備えています。

・イーキャリア
http://ecareer.ne.jp
ソフトバンクグループの転職情報サイト。

毎日更新中です。


・ディップジョブズ
http://www.dipjobw.com/

毎日キャリアナビ
http://career.mycom.com.co.jp/


★主にエンジニアのための転職情報サイト

・日経BPエキスパート
http://ex.nikkeibp.co.jp/

・ジョブ・メール
http://www.jobmail.co.jp/

・ハイテク振興センター
http://www.hpc-net.co.jp/


★外資系企業やグローバル企業情報が豊富な転職情報サイト

・daijob.com
http://www.daijob.com/

・MANPOWERJOBnet
http://www.manpowerjobnet.com/
人材派遣会社、マンパワー・ジャパンのサイト。


★海外求人情報もあるサイト

・JAC Japan
http://www.jacjapan.co.jp/


★マネジメント職・専門職など高いキャリア・能力を持つ方を対象とする転職情報サイト

・日経Bizキャリア
http://bizcareer.nikkei.co.jp/


★主に20代〜30代中心の転職情報サイト

・[en]社会人の転職情報
http://employment.en-japan.com/

・@type
http://type.jp/

・PROSEEK
http://www.proseek.co.jp/

・インテリジェンスの転職支援
http://tenshoku.inte.co.jp


★求人情報誌のサイト

・とらば−ゆ*net
http://toranet.jp/t/r/T1KNO10s.jsp
リクルートの求人情報誌「とらばーゆ」のサイト。

・ガテン仕事情報
http://gaten.com
求人情報誌「ガテン」の携帯電話専用サイト。


・アントレnet
http://entre.yahoo.co.jp/top.html
リクルートの月間情報誌「アントレ」のサイト。

フランチャイズの加盟者募集情報などが豊富。




posted by ワークマン at 13:39 | 仕事探し

ヤングハローワーク



◆転職・仕事探しのヒントの『 ヤングハローワーク 』を紹介します。◆

ヤングハローワーク

ヤングハローワーク
は、若年者(概ね30才未満の方)を対象に職業相談職業紹介や、仕事に関する様々な情報を提供する公共の機関です。

主にフリーターの求人が多い都市部に主に設置されています。

利用は無料です。

専門の担当者が職業相談や職業診断を行ってくれます。

適職がわからなくて悩んでいる、求人がなかなか見つからない、応募書類の書き方がわからないなど様々なことが相談できます。

フリーター等の就労から正社員への常用雇用を目指す方の相談も専門的に行ってくれます。

企業に面接を受けに行く前に、面接が苦手な人向けに模擬面接も受けられます他に求人検索がパソコンを使用し自分でできます。

求人情報の提供、パソコンのレッスンまであります。

就職活動を行う上での精神的な悩みや不安も専門家によるカウンセリングを実施してくれます。

就職関連書籍も閲覧することができます。

各地のヤングハローワークで内容が異なりますので、事前に電話でご確認ください。




posted by ワークマン at 16:18 | 仕事探し

マザーズハローワーク



◆転職・仕事探しのヒントの『 マザーズハローワーク 』を紹介します。◆

マザーズハローワーク

マザーズハローワークとは、少子化対策の一環として、子育てをしている母親が働きやすい環境を整えることが目的として作られたハローワーク関連の施設で、全国12箇所あります。

出産のために、長期間失業していた女性の再就職を応援する施設です。

なお、これから出産・育児を控えている人の相談にも乗ってくれるので、女性には安心できる施設です。

具体的には、個別担当カウンセラーに就職(転職)に関する一貫した相談ができます。

予約制なので待ち時間もなくお子様連れでも安心です。

お子様連れの方が来所・相談しやすい環境及び施設作りになっており、キッズコーナーやベビーチェアを設置しています。

子供連れでも十分な相談スペースも確保されています。

相談をすると、子育て女性の希望やニーズに合った求人情報、地方公共団体等関係機関との連携による保育所情報・子育てとの両立がしやすい求人情報等を相談窓口で提供してくれます。

随時、再就職に役立つセミナー等も実施しています。

以上が主なサービス内容ですが、他にもこれから結婚・出産・育児を考えている女性の転職相談も行っています。



・マザーズハローワーク札幌
060-0004
札幌市中央区北四条西5丁目三井生命札幌共同ビル5階
011-233-0301пD011-233-0302

・マザーズハローワーク青葉
980-0021
仙台市青葉区中央2−11−1
オルタス仙台ビル4階
пD022-266-8604 022-268-4746

・マザーズハローワークちば
260-0028
千葉市中央区新町3−13千葉TNビル1階
пD043-238-8100 043-238-6792

・マザーズハローワーク東京
150-0002
渋谷区渋谷1-13-7千秋ビル3階
пD03-3409-8609 03-5468-0250

・マザーズハローワーク横浜
220-0004
横浜市西区北幸1-11-15
横浜STビル16階
пD045-410-0338 045-316-5420

・あいちマザーズハローワーク
450-0003
名古屋市中村区名駅南2−14−19
住友生命名古屋ビル23階
пD052-581-0821 052-581-4634

・マザーズハローワーク烏丸御池
604-0845
京都市中京区烏丸御池上ル北西角
明治安田生命京都ビル1階
пD075-255-1161 075-255-1163

・大阪マザーズハローワーク
542-0076
大阪市中央区難波4-4-4
難波御堂筋センタービル7階
пD06-6632-5503 06-6632-5543

・マザーズハローワーク三宮
651-0088
神戸市中央区小野柄通7−1−1
日本生命三宮駅前ビル1階
пD078-231-8603 078-231-8610

・マザーズハローワーク広島
730-8513
広島市中区上八丁堀8-2広島清水ビル4階
пD082-221-8609 082-221-2235

・マザーズハローワーク天神
810-0001
福岡市中央区天神1-4-2エルガーラビル12階
пD092-725-8609 092-741-0810

・マザーズハローワーク北九州
802-0006
北九州市小倉北区魚町1-4-21北九州清和ビル7階
пD093-522-8609 093-522-8619




posted by ワークマン at 16:12 | 仕事探し

早期再就職支援センターとは



◆転職・仕事探しのヒントの『 早期再就職支援センターとは 』を紹介します。◆

早期再就職支援センターとは

早期再就職支援センターとは、雇用保険を受給される方の場合、失業給付の支給があるため、積極的な就職活動を行わず、失業給付が終わりかけてから、あるいは終わってから本格的な求職活動を始める方が少なからずおられます。

そのような場合、とにかく就職しなければということで、不本意な再就職をされ、短期のうちに離職されるという悪循環を繰り返されるはめに・・・。

雇用保険が受給できる方は、この受給期間中に、計画的に求職活動を進めていただくことが、再就職への早道であり、安定した就職先を見つけることにつながります。

早期就職支援センターは、早期再就職を希望される雇用保険受給者の方を対象に、民間企業で人事・労務関係を経験した就職支援アドバイザーが、つまり就職のプロがマンツーマンでアドバイスを行なってくれるのです。

大まかな流れは、相談⇒キャリアの見直し・棚卸⇒希望条件の検討⇒履歴書や経歴書の書き⇒面接訓練⇒実際に応募するようになります。

相談の担当者は、同じ人が一貫して担当してくれます(担当制)。

相談は完全予約制になっているんで、待たずに済みます。

相談時間は30分〜1時間程度(週1〜2回)です。

最後に次回の予約を入れる流れになります。

対象者は雇用(失業)保険の受給資格決定(失業給付の申込日)後、概ね1ヶ月以内の方で、早期の再就職を目指す方です。

また、再就職支援センターで行う各プログラムを受講し、週1回程度の定期的な職業相談に来所できる方となっています。

全国62箇所(全ての都道府県に設置)にありますから、管轄のハローワークに電話で問い合わせをすれば場所を教えてくれます。

受けられる期間は登録期間は申込日から3ヶ月となっています。


posted by ワークマン at 16:06 | 仕事探し

人材バンク・人材派遣会社とは



◆転職・仕事探しのヒントの『 人材バンク・人材派遣会社とは 』を紹介します。◆

人材バンク人材派遣会社とは

人材バンク人材派遣会社も厚生労働大臣の許可を受けて仕事を探している方に仕事の紹介をする民間の機関です。

では、両者にはどのような違いがあるのでしょうか。

人材派遣会社を利用する場合は、その派遣会社と雇用契約を結んで、派遣会社が契約した企業において指示されて仕事をします。

それに対して人材バンクを利用する場合は、正社員として仕事を探している方が自分に適した企業の紹介を受けて入社をするための活動のサポートを受けることになります。

全国展開して株式上場もしているような人材派遣会社も多数あります。

人材派遣会社の雇用形態はいろいろです。

多くは一般型と定義される、派遣先で労働をしている機関だけを契約期間として賃金が支払われる雇用形態です。

特定型というのは、派遣されていない間でも賃金が支給される雇用形態で、特定の技能を持った技術者に特化した派遣会社で採用していることが多いようです。

似たような形態に「業務請負」というのがありますが、厚生労働大臣の許可を取る必要がないので、その数は無数にあります。

特定型の派遣会社や、業務請負の会社の募集方法には紛らわしいものが多く、あたかも正社員として雇用するように見せかけたり派遣社員を雇用している会社もあるので気をつけなければなりません。

人材派遣業界は請負料金の低さや派遣スタッフの経歴書提出までのスピード競争になっていて、特別なスキルをもっているような方や高い実績をもっている方というよりも定型業務が主流であるため、その2点以外での差別化はあまりないようです。

そのため人材派遣会社は、派遣先を厳選するよりも、できるだけ数多くの企業との提携を目指しています。

派遣先企業を多く持てば持つほど、より多くの人を派遣できて、利益となるからです。

対して人材バンクは、正社員として入社するのが目的の転職希望者が顧客となりますので、当然派遣での登録者よりも多く、入社先となる会社情報を必要とします。

派遣スタッフのように、仕事内容や条件に不満があればすぐに辞められませんから、入社してもらう前にできる限りの会社情報を提供し、また自信を持って勧められるよう、ある程度厳選した企業との提携を目指します。

したがって人材派遣会社は人材バンクに比べて十分な情報量を持っていない、もしくはそのノウハウがないことが多く、人材紹介事業に関しては顧客である転職希望者と募集企業に対して、適切なマッチングができていない場合が多いようです。



posted by ワークマン at 15:51 | 仕事探し

戦略的情報化機器等整備事業



◆転職・仕事探しのヒントの『 戦略的情報化機器等整備事業 』を紹介します。◆

戦略的情報化機器等整備事業

【制度の概要】
中小企業がIT化を進める場合、情報化機器のリース料の低減化が図れる施策です。


【対象となる方】

ITを導入し戦略的情報化を進める中小企業者
戦略的情報化とは:
@製造・販売・配達ネットワークの構築
Aインターネットによる需要開拓や技術情報の発信・入手     
B企業内ネットワーク化
C小売店舗王等におけるPOSシステムの導入  等

【支援内容】

指定リース会社から低リース料率で情報化機器等を借りられます
<リース期間>
機器のみの場合:2−6年
ソフトのみの場合:5−6年
上記の両方:4−6年

<対象設備>
@計測型の電子計算機及びこれと同時に設置する入出力装置等の付属装置
Aネットワーク対応型の多機能POS
Bプログラム

【事業のしくみ】

(財)全国中小企業情報化促進センター(NIC)が国から補助金を受け、情報化機器等の購入に必要な資金を指定リース会社に無利子で預託し、指定リース会社が情報化機器等を中小企業者に低リース料率でリースすることで、中小企業者の高度情報化を応援するもの。


【利用方法】
@指定リース会社に申込をしてください。
Aリース契約の締結を行い、機器を検収してください。

(お問合わせ先)

(財)全国中小企業情報化促進センター 
電話:03-3500-4656
URL://www.n-i-c.or.jp


posted by ワークマン at 15:40 | 仕事探し

ドロップシッピング



◆転職・仕事探しのヒントの『 ドロップシッピング 』を紹介します。◆

ドロップシッピング

ユーザーが価格を決める無在庫の商品販売「もしもドロップシッピング

ネットプライスグループの株式会社もしもは、ユーザーが自分のWebサイトやブログで簡単に商品を販売できるドロップシッピングサービス「もしもドロップシッピング」を8月17日より開始する。

利用は無料。

ドロップシッピングとは、メーカーや卸問屋が持つ商品を、ユーザーが価格を決めて自らのサイト上で販売する仕組みのこと。

ユーザーは商品の在庫を抱える必要がなく、代金の決済や配送等も業者が行なう。


「もしもドロップシッピング」では、メーカーからの商品データ収集・提供のほか、ネットショッピング機能の提供、購入顧客からの問い合わせにも対応する。

ユーザーが、「もしもドロップシッピング」の用意する商品画像や卸値を見て販売したい商品を選び、卸価格に自らの利益を計上した販売価格を設定します。

価格設定後に提示されるHTMLコードをサイトやブログに貼り付ければ、販売を開始できるシステムになっている。

サイト等を持っていないユーザーは、販売ページが作成できる「Myショップ」機能を利用することで販売できる。

ドロップシッピングは、ユーザーが、自由に販売商品の選定および価格の設定が行なえるにも関わらず、面倒で複雑な在庫管理や注文管理、商品発送は行なわずに、集客とマーケティングに専念できる。

メーカーにとっては、インターネットユーザーの力によって商品の販売チャネルと売上高の拡大を見込める。

という双方にメリットがある。

詳しくは
インターネットウオッチ
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/07/31/12842.html



posted by ワークマン at 15:38 | 仕事探し

結婚後の再就職



◆転職・仕事探しのヒントの『 結婚後の再就職 』を紹介します。◆

結婚後の再就職

結婚や妊娠を機に退職してしまったけれど、子育てがひと段落したら又働きたいと考えている主婦はますます増えています。

生活費、教育費、医療費、税金と、出費はかさむばかり。

家計を助けるため、自身のやりがいを見つけるため、理由はそれぞれで「やる気」はあっても、なかなか再就職先を見つけることが大変です。

何か特筆すべき技能や資格があれば...
家事と両立しながら何かライセンスを取っておく。

資格の勉強をしつつ社会復帰のきっかけをつくりましょう。

取得すべき資格、そのアピールの方法の2点を間違えなければ、資格だけで就職先を見つけることも十分可能です。

色々な資格が通信教育ででも取得できるようになっています。

ライセンスを選ぶ前に、どのような仕事に就こうと考えているのかを具体的に考えて、自分にあったものを極めましょう。

スキルアップを狙うなら 基本情報技術者
ボールペン字
簿記3級
初級システムアドミニストレータ
TOEIC(R)テスト  

などかたい再就職を狙うなら 医療事務

ファイナンシャルプランナー
カラーコーディネート
ホームヘルパー 
インテリアコーディネーター
福祉住環境コーディネーター など

趣味を活かして アロマテラピー
フォークギター
絵手紙
ビーズアクセサリー
パッチワーク・キルト
カリグラフィー
フラワーアレンジメント など


posted by ワークマン at 13:07 | 仕事探し

チームやグループ単位のスタイル



◆転職・仕事探しのヒントの『 チームやグループ単位のスタイル 』を紹介します。◆

チームやグループ単位のスタイル

どんな職種においてもチームやグループ単位の複数人数で一つの仕事を仕上げていきます。

大きなプロジェクトになるほど、多くの人が携わり、それぞれ担当のエキスパートが集まります。

その際に各担当のプロ同士がお互いの主張だけをぶつけていてはいつまで経っても仕事が進みません。

そんな場面で色々な人の意見や主張を良く聞いて、それをうまくつないで、前に進められる人が必要となってきます。

今まででもコミュニケーション能力のある人が求められたのは言うまでもありませんが、これからは特に
「つなぐ」コミュニケーションのできる人がポイントとなってきます。

個人、チーム、部署同士がうまくコミュニケーションできるかどうかは、会社が発展していく上で大きな差になると考えられるからです。

どんなジャンルでも製品のサイクルは短くなっているので、これからはますます顧客のニーズに応えるだけの受身の姿勢ではなく、さらにそれを超える提案を発信していかなければならなりません。

企業同士でもしのぎを削っていち早く新しい商品やサービスを提供していかなければならない昨今、時間との勝負を要する場面で多くの意見を短時間でまとめられる人が求められます。

相手の言うことをまず的確に理解する力、こちらの考えを整理して伝達する力というのは、すべてにおいてベースになる能力ですが、さらに多くの意見をまとめて繋いで前に進めていける、コミュニケーションリーダーの存在が重要な役割を果たします。

個人の能力主義を奨励する一方で、大きな組織ほど密なコミュニケーションをとって、互いのより良い意見や主張を協調性もってまとめ上げていく作業が必
要となります。

面接では特に、相手に対していかに自分をアピールできるか、うまく自分を伝えられるかと言うコミュニケーション能力が問われます。

いくら限られた時間の中で自分を知ってもらうためとは言え、ただ用意してきた経歴や自慢話を一方的に話すだけではいけません。

まずは相手の言うことをよく聞くことが必要です。

相手が期待している答えは何なのかを自分なりに理解した上で、自分のことを話しましょう。

こういった当たり前のコミュニケーションの出来ない人が多くなっていますので、普段から人の話をよく聞くという姿勢を意識しておかなければなりません。

そして他人の意見と自分の意見の違いを分析・理解して、いかに早く妥協点や改善方法を見出していけるかという能力を磨いていきましょう。


posted by ワークマン at 11:41 | 仕事探し

急速成長のIT業界



◆転職・仕事探しのヒントの『 急速成長のIT業界 』を紹介します。◆

急速成長のIT業界

今、最も勢いがあるといわれているIT業界。

事実企業からの求人件数は急速な伸びを見せています。

特にここにきて、インターネットのユーザーが一気に増え、情報量が飛躍的に多くなりました。

そのために、情報管理やセキュリティの構築に大きな投資が必要になり、そのための人材とリスクマネージメントの確保が急務となっているのです。

また、サーバ構築をした経験のあるエンジニアはそう多くはないので需要が高くなっていて、特にLinuxでサーバ構築できるエンジニアが求められています。

オープン系の開発者、インフラエンジニアの需要も不足していますので、Javaでの開発、Php、Perlなどの言語を使える人は人気が高いです。

特にJavaが使える人はどの企業でも需要が高く、引く手あまたの状態です。

インターネット系の企業では、こういった強みとなる技術を何か一つ持っていると、転職に有利です。

職種としては、人数が必要なため、当然SEの募集が多いのですが、企業が熱心に求めているのは、プロジェクトマネジャーやプロジェクトリーダーなどを経験した人、もしくはそれができる資質のある人
です。

スキルがあり、かつプロジェクトマネジャー経験のある人は、各企業で奪い合いになるほどニーズがあり、転職での給料アップが十分見込めます。

募集年齢としては、納期が短いプロジェクトを数多くこなすことが要求されるインターネット系の会社では、やはり20代後半から30代のニーズが高くなります。

体力があって、より柔軟性があり、最新情報にも敏感な若い世代が適しているということです。

しかしプロジェクトマネジャークラスになると、やはり経験が十分にある40代以上のニーズが高くなります。

優秀な人材ほど、企業が抱え込んで離さないので、あまり転職市場には出てきていません。

なので慢性的に求人を続けている企業が多いのです。

最近の好景気状態から、この超売り手市場の状況はしばらく続くと思われます。

オープン系の開発者、特にWeb系の需要は今後も高まる一方ですから、求人を増や関連企業が多くなるのは変わらないでしょう。

ただし、Web系を除いてIT業界全体を見れば、このまま益々伸びて行くとも考えにくいので、その意味では今が転職のチャンスかもしれません。



posted by ワークマン at 11:39 | 仕事探し

独立して起業するのもひとつの選択肢



◆転職・仕事探しのヒントの『 独立して起業するのもひとつの選択肢 』を紹介します。◆

独立して起業するのもひとつの選択肢

転職を希望しているけれども、なかなか気に入ったところが見つからない、あるいは自分の希望しているところを何社か受験してみたがよい結果を得ることができなかった場合、独立して自分で起業するのもひとつの選択肢でしょう。

ただし、事業を始めるとなると、転職以上にリスクが伴うのも事実です。

自分に事業を起こすだけの資質があるのかどうか、また事業を起こして継続していけるだけのバックグラウンドがあるのかどうかなど、慎重に検討することが望ましいと思われます。

チェックするポイントとしては、

1.
充分な資金があるかどうか会社を経営するには資金が必要です。

利益が出るまで持ちこたえることがで きる充分な蓄えがあるかどうか、 配偶者に収入があるかどうかなども重要 な判断材料になります。

2.
全力で事業に取り組むことができる環境にあるか自分で事業を始めると、全エネルギーを投入する必要があります。

特に利益 が出るまではすべてを犠牲にして事業に取り組む必要も出てきます。

そこま での覚悟が
なければ、独立して起業することは諦めたほうがいいでしょう。

3.
健康であるか。

元気である時には、なかなか病気になったときのことを想定できないものです。

いったん自分で事業を始めると毎日長時間働くこともあるわけですから、健康であることは最低必要とされる条件になります。

現在少しでも健康 に不安があれば、まずは健康を回復してから起業を検討するべきでしょう。

4.
営業手腕があるか どんな事業でも、営業が必要でない仕事はないでしょう。

縁故にばかり頼っていては大きな発展は望めません。

ほとんどの場合、新規に顧客を開拓する 必要があるはずですから、営業力に自信が無い場合は起業を見合わせたほうが無難です。

以上のチェックポイントのひとつでも該当するならば、起業は難しいかもわかりません。

起業するのか、さらに転職先を探し続けるのか、判断は慎重に下すことが望ましいですね。


posted by ワークマン at 11:22 | 仕事探し

日払いバイト



◆転職・仕事探しのヒントの『 日払いバイト 』を紹介します。◆

日払いバイト

日払いバイトは文字通りバイトをした即日に賃金が貰えるという仕事です。

日払いということで、自分の都合に合わせてバイトができるところがメリットです。

学生の人やフリーターの人などが短期で収入を得たい時などによく利用されているようです。

やはり東京・名古屋・大阪・福岡などの大都市圏にバイト情報が多いようです。

携帯電話で登録したりバイトの情報等を迅速にやり取りできることが日払いバイトの普及に拍車をかけたのでしょう。

日払いバイトといっても中には引越しなど高額なバイト料を支払うところもあります。

当然ながら仕事はきついでしょうが、体力に自信のある人などには高収入をゲットできるので、何かほしい物があったり、自分に投資する目的を持った人は頑張って稼いでいます。

モバイトドットコムやバイトルドットコム、タウンワーク、@ぱる など様々な日払いバイト登録サイトがあります。

イベントスタッフ・倉庫内作業・イベント コンパニオン・配達集荷補助などが日払いバイトの代表的な職種となっており、すぐに現金が手に入るし、さらに高収入であることが多いのも魅力です。

初心者でも出来る仕事がほとんどであるということ、ひとつの仕事の期間が短いので、色々な仕事を経験できるという利点もあります。

ところで日払いバイトと聞くと、若い人や学生が大半を占めていると思いがちですが実際に調べてみるとそうではないことがわかります。

景気がよくなってきた、景気回復の兆しが見られるなど、政府やマスコミが報道していますが、数字としてはそうなのでしょうが、実際には日払いバイトで生計を立てている中高年の方や主婦の方が思ったよりも多いのが現実のようです。

格差社会という言葉が世間で注目されていますが、この格差社会という問題は世の中に暗い影を落としています。

中高年や女性・主婦といった方々の中には正社員での雇用は非常に困難な状況にあり、特に女性の方や主婦の方は、お子さんの面倒も見なければならないし、お年寄りの介護もしなければならないというケースが多いので正社員や派遣社員としての仕事ができない状況です。

しかし逆に考えれば、そういった方々にも仕事はある訳ですからなんとか食いつないでいくということは可能です。

行政もこの状況に甘んじることなく日払いバイトは学生の専売特許といわれるような日本社会にしていかなければならないと考えます。



posted by ワークマン at 11:20 | 仕事探し

ライフスタイル重視の就職・転職



◆転職・仕事探しのヒントの『 ライフスタイル重視の就職・転職 』を紹介します。◆

ライフスタイル重視の就職転職

ライフスタイル重視の就職・転職、就職・転職は自分のライフスタイルや信条に照らし合わせて慎重に行うことが望ましいでしょう。

長年続けてきたライフスタイルや生活の中で培ってきた信条に合わない就職・転職は不幸の始まりです。

例えば

今まで家族との触れ合いを大切にしてきた人が、転職することによりこの大事な時間を失うことになれば、どのような精神状態になるか容易に想像できますね。

おそらく仕事が苦痛になってしまう可能性が高いでしょう。

自分は金持ちになりたいのか、普通の生活で良いのか、公私関係なく仕事に没頭したいのか、あるいは趣味や家族との時間を大切にしたいのか、スローライフに憧れているのか、将来は独立したいのか、社会貢献がしたいのか、など。

自分の幸せを実現するための将来のビジョン、夢を書き出してみてみることが大事です。

就職や、転職が頭をよぎったときは、まず自分の職業観や人生観を振り返る。

まだ明確になっていない場合は、明確にする。

目先の就職先や転職先を決めることばかりに気をとられてついつい忘れがちですが、後悔しないためには大事なステップです。

振り返る方法にこだわる必要はありませんが、自分自身でも気づいていないことまでクローズアップさせるためには、紙に具体的に書き出すことをお勧めします。

どんなときに幸せを感じるのか。

箇条書きでかまわないですから一気に思いつくまま30〜50個ほど書き出してみてください。

50個も書き出してみると似通ったものがいくつも出てきます。

それを大まかに分類していくと自分のホンネがしっかりと見えてきます。

その望みを実現できる会社を探す、その会社が見つかればそれに向かって全力でアタックする、そうすることが、真の意味での就職・転職の成功につながるのではないでしょうか。


posted by ワークマン at 02:17 | 仕事探し

アルバイト先を探し方



◆転職・仕事探しのヒントの『 アルバイト先を探し方 』を紹介します。◆

アルバイト先を探し方

アルバイト先を探すとき、見つけ方も昨今色々な方法があると思います。

インターネットや携帯を使って探す。

ハローワークや求人誌等を活用する。

直接お店などに張られた求人情報を参考にする、など等。

これらハローワーク等の求人情報を活用する際のメリットとデメリットについて考えてみます。

アルバイト先を探すときにハローワーク等の求人情報はどの様な活用したら良いのでしょうか。

ハローワーク等の求人誌の場合はインターネット版の方が便利です。

利点としては更新が早い、検索ができる点でしょうか。

今すぐ働きたい方、期間限定で働きたい方、高時給のアルバイトがしたい方、勤務地が近い方が良い等、条件を絞ってアルバイト先を探せます。

インターネットや携帯サイトの利用がお勧めです。

ハローワークのホームページでは時給や勤務地、職種など条件をつけてHitしたもののみ閲覧することができます。

またインターネットの利点として、情報が更新が早いです。

一方でハローワーク等の求人情報のデメリットとしてはハローワーク等のに求人サイトに経費の理由で求人を出せない、もしくは出さない求人の場合は、そういうアルバイト先は見つかりません。

一度は載せられても何度も載せるのにはお金が掛かります。

小さな個人が経営しているバーや喫茶店等で働きたいと思っている方には、こうした求人誌やインターネットでの検索はあまり向かないかもしれません。

口コミ情報や地道に直接お店に足を運ぶなどした方が希望した職種が見つり易いでしょう。

ハローワーク等の求人情報は、求人情報に載らないようなアルバイト先はなかなか見つかりにくいということが前提で、そこを気にしない方は、ホームページの検索機能を利用するのが一番効率が良いでしょう。

そして、ハローワーク等の求人情報に載らないようなアルバイト先を見つけたい方は、口コミ、口コミサイト、地道に自分の足を使って現場の求人を探しに行く方が希望したアルバイト先が見つかりやすいと思います。




posted by ワークマン at 01:07 | 仕事探し

人材派遣会社



◆転職・仕事探しのヒントの『 人材派遣会社 』を紹介します。◆

人材派遣会社

人材派遣というシステムはまず人材派遣会社に登録、給与の支払いや社会保険などは、人材派遣会社が行います。

人材派遣会社を設立するためには許可は労働省の認可が必要で、通常各種社会保険を完備しています。

人材派遣という雇用形態はアメリカが最初にシステムを導入しました。

その後、我が日本においても1985年に労働者派遣法によって認可されたのが始まりと言われています。

この新しい人材派遣というシステムは、派遣元の企業と派遣先の企業、そして派遣スタッフで形成されていて、正社員という雇用形態と異なり、派遣会社が雇用元で実際の実務は派遣元企業が契約している派遣先の企業で業務をすることになります。

雇用関係と使用関係が分離しているという訳です。

人材派遣で働くメリットとしては、自分の時間を有効に使えるように工夫できるところです。

さまざまな勤務時間の派遣先企業や職種の中から自分のライフスタイルにマッチした仕事を選ぶことができ、さらに勤務地も選択できるのがポイントです。

自分が経験してきたこれまでのキャリアを活かした仕事や自分の得意なジャンルの仕事ができるシステムを利用して仕事ができることも大きなメリットです。

いろいろな企業や職場でスキルアップができる。

ライフスタイルに合わせた仕事ができる。

また、正社員として働いているとなかなか相談することができない仕事上の悩みや人間関係などの不安を、人材派遣会社の専任スタッフに相談することができるなどの、安心して仕事に打ち込める環境サポートシステムも充実しているようです。

大切な時間を有効利用するために通勤時間や通勤方法など人材派遣というシステムではさまざまなロケーションの仕事の中から条件に合ったものだけを選択することができ、自分のスキルも働きながらアップする、そのように自分に都合よく欲張りなことを可能にするのは人材派遣の大きなメリットであると共に、自分の時間を効率的に利用できるシステムが人材派遣です。



posted by ワークマン at 14:43 | 仕事探し

転職を成功させるためには



◆転職・仕事探しのヒントの『 転職を成功させるためには 』を紹介します。◆

転職を成功させるためには

転職を成功させるためには 「自分のキャリアの見直し」が不可欠です。

自分はこれまで具休的に何を身につけたのか、具体的に何ができるのか、今の自分の市場価値はどれくらいなのかを明確にし、さらにその価値を高めるにはどんな資格を取得すべきか、などを考えるのです。

「私にはキャリアなどない」と悲観する人も多いのですが、最初からあきらめてはいけません。

資格や営業成績など、ハッキリ目に見えるものだけがキャリアではありません。

キャリアの見直しは、これまでやってきた自分の仕事をあらゆる角度からチェックするのがポイントです。

どんな仕事をどうこなしてきたのか、その際に身に付けた手際の良さや、より早く終える為の自分なりの工夫はアピールになるかも知れません。

より多くの観点から見直してみましょう。

それによって得意分野と呼べる仕事が具体化するかも知れませんし、やってみたいと思う仕事が見つかるかも知れません。

明るい前向きな転職を目指し、まずは自身の希望を整理・再確認からはじめましょう。



posted by ワークマン at 12:22 | 仕事探し

転職に成功する人としない人



◆転職・仕事探しのヒントの『 転職に成功する人としない人 』を紹介します。◆

転職に成功する人としない人

転職に成功する人としない人のもっとも大きな違いは、「次の会社ではこんな仕事をやりたい(こんな形で会社のために貢献し、自分のキャリアを積んでいきたい)、その為に転職するのだ」という明確な目的をもっているかどうかです。

転職とは「自分は○○がしたい」という自身の願望を実現させて、今より幸せな生活を目指すものです。

ですから前向きな姿勢が不可欠なのです。

逆に後ろ向きな転職とは「今の会社ではやりがいのある仕事がない(できない)」「上司が最悪だ」「人間関係がいやだ」など、自分の不満や逃げのマイナス思考理由で今の会社を辞めたいと思うケースのことです。

たとえもし会社を辞めたいと思ったきっかけがマイナス要因であっても、それを転職活動中に引きずっていてはうまくいきません。

しかし実際には,後ろ向きな転職をしてしまう人が結構います。

不満をもとに転職をすれば、結局また次の会社でも同じような不満を見つけてしまう、また逃げ出したくなる、という悪循環に陥ることが多いのです。

スムーズに転職先が決まったとしても、そこがすぐに辞めたくなるような会社なら、それは転職に成功したとはいえません。

そもそも後ろ向きな理由で転職を希望する人に対しては,雇う側も不安になります。

「転職理由が人間関係の不満なら、うちの会社も同じ理由ですぐ辞めるかも。

だったら採用は見送ろう」と会社側に思われても仕方ありません。

まずは自分は何がしたくて、何を目指すために新たな仕事を探すのか、プラス思考の転職理由を自分自身とよく話し合いましょう。



posted by ワークマン at 12:19 | 仕事探し
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。