==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


転職の準備 / 制度について / 仕事探し / 転職の理由 / 履歴書・職務経歴書の書き方と注意事項 / 面接の注意事項 / 退職する前に / ヘッドハンティング・人材派遣 /
転職情報 / 企業に求められる人材とは / 業種と資格 / 転職後の注意 / 上手に転職するには / 退職と健康保険 / 転職活動についての注意事項 / 給付・制度関係 /
中高年の再就職 / 仕事を楽しむ方法 / 自己PR / 税金関係 / 第二新卒の転職 / 退職届け・退職証明書 / アルバイト /  派遣 /  求人情報関連 / 

看護師 勤務形態で仕事を選ぶ 単発・準夜勤・深夜勤・日勤



◆転職・仕事探しのヒントの『 看護師 勤務形態で仕事を選ぶ 単発・準夜勤・深夜勤・日勤 』を紹介します。◆

看護師 勤務形態で仕事を選ぶ 単発・準夜勤・深夜勤・日勤

世界で最長寿国になった日本、老人医療を含め、生活習慣病による患者も増え続ける医療現場に欠かせない存在が、看護士です。
大変重要な仕事ですが、仕事は決して楽なものではないようです。
患者にとっては、休日も祝日もありません。
毎日24時間が、病気との闘いです。
それを支える医療現場のスタッフも、24時間体制が要求されます。
だから、その一翼を担っている看護士も、病院により異なるようですが、大抵の場合、看護師の勤務形態は、3交代制と2交代制になっているようです。
二交代制は、昼間か夜中になり、勤務時間は12時間が基本です。
二交代制は負担は大きいですが、自分の時間が持てるようです。
現場での現状は、3交代制が約7割、2交代制が約3割のようですが、2交代制のほうが休日が増えますので、2交代制を希望する看護師の方も多いようです。
基本的に「週休二日制」が取られていることが多く、「年次有給休暇・介護休暇・育児休暇」なども採用されていますので、看護師の勤務形態も徐々にではありますが改善されているようです。
それでも不規則な現場を埋める形で、看護師の単発バイトがあります。
看護師の単発バイトは、自分の空いた時間で勤務時間・勤務期間を選べられます。
デイサービス・訪問入浴・健康診断 などが、多いようです。
もちろん病棟における夜間看護業務もあります。
正看護師・准看護師資格を持ち、子育てが一段落した人などが利用できる勤務形態です。
しかし現実は、9K(きつい・汚い・危険・休暇が取れない・化粧がのらない・結婚できない・規則が厳しい・給料が安い・薬に頼って生きている)ともいわれ、高い離職率が問題化してきているのも事実です。
医療現場では看護師の確保と定着が急務となっています。
海外から、看護士を導入する制度も、具体的に動き出しています。
国民全体で、持続可能な職業としての看護士を考える時に来ているのでしょう。


posted by ワークマン at 12:20 | 転職の理由
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。