==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


転職の準備 / 制度について / 仕事探し / 転職の理由 / 履歴書・職務経歴書の書き方と注意事項 / 面接の注意事項 / 退職する前に / ヘッドハンティング・人材派遣 /
転職情報 / 企業に求められる人材とは / 業種と資格 / 転職後の注意 / 上手に転職するには / 退職と健康保険 / 転職活動についての注意事項 / 給付・制度関係 /
中高年の再就職 / 仕事を楽しむ方法 / 自己PR / 税金関係 / 第二新卒の転職 / 退職届け・退職証明書 / アルバイト /  派遣 /  求人情報関連 / 

医師 円満退職



◆転職・仕事探しのヒントの『 医師 円満退職 』を紹介します。◆

医師 円満退職

円満に退職をするには順序というものがあります。
まずは、辞めると決意したらその意思を口頭で直属の上司に伝えましょう。
それが筋というものですし、ここで間違えると円満退職に失敗してしまいます。
1ヶ月から2ヶ月前にはその辞意をきちんと伝えないといけません。
同僚に辞めたいという気持ちを早い時期から話すのは絶対に禁物です。
次に退職願ですが、辞意が受理されてから提出してください。
仕事の引継ですが、できる限り丁寧に正確に伝えてください。
わかりやすく紙面に残すの一つの手段です。
退職の日ですが、給与の締めの日や月末など区切りのよい日を選ぶのもいいのですが、自分から退職を申し出ていますので自分の都合よりも周りの状況をみてそれに合わせながら退職するようにしてください。
自分が辞めたあとに必ず迷惑をかけてしまう人がいるということも、忘れないでください。
取引先への挨拶・後任者の紹介も、引き継ぎとして重要なことです。
お世話になった方々に挨拶をして回ったり、お礼状を出すことは社会人として常識的なことですし、礼儀でもあります。
世間は狭いとよくいいます。
前の会社の人脈を使えたら・・・と思うことがでてくることがあるかもしれません。
ですので、退職後の交友関係を築くためにそして、転職先で心おきなく活躍するためにも円満退職は大事なことなのです。
医師の世界は世間よりもっと狭いと思います。
ですから円満な退職ができるように頑張ってください。
「立つ鳥跡を濁さず」これが円満退職の基本中の基本です。


posted by ワークマン at 11:05 | 退職する前に
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。