==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


転職の準備 / 制度について / 仕事探し / 転職の理由 / 履歴書・職務経歴書の書き方と注意事項 / 面接の注意事項 / 退職する前に / ヘッドハンティング・人材派遣 /
転職情報 / 企業に求められる人材とは / 業種と資格 / 転職後の注意 / 上手に転職するには / 退職と健康保険 / 転職活動についての注意事項 / 給付・制度関係 /
中高年の再就職 / 仕事を楽しむ方法 / 自己PR / 税金関係 / 第二新卒の転職 / 退職届け・退職証明書 / アルバイト /  派遣 /  求人情報関連 / 

医師 非公開求人とは



◆転職・仕事探しのヒントの『 医師 非公開求人とは 』を紹介します。◆

医師 非公開求人とは

医師を非公開求人というカタチで医療機関が募集するには、いくつかの理由があります。
地域差はありますが、まず医療機関は、『医師確保』がその医療機関のチカラやイメージなどをあらわす生命線と言われることが多いため、ホームページや求人広告を利用して医師を確保するという習慣があまりないということがあげられます。
最近では、そのような医療関係の業務をおこなっていた業者を中心として医療機関への転職斡旋サイトも増えてきています。
つまり、非公開求人も含め、信頼のおける人や機関からの紹介を重要視、または医師の確保に困っている医療機関と医療機関へのコネがない優秀な医師とのマッチングをビジネスとして取り組む専門の業者が出てきています。
そのため、慢性的な医師不足に加え、その性質上、大々的な人材募集がしづらい医療機関にとっても、医療スキルの向上に尽力するかたわら、就職先をなかなかつかみ取れないヤル気のある医師がチカラを発揮する環境が整ってきています。
そのような医療機関専門の就職斡旋サイトには、医療機関を対象とした経営コンサルティングを行っている株式会社メディウェルの医療転職ドットコム(http://www.dr-10.com/)や総合メディカル株式会社のDtoDコンシェルジュ(http://www.dtod-concierge.com/)、医療介護機関の情報配信サービスをサポートする株式会社キャリアブレインのCBネット(http://www.cabrain.net/)や株式会社エス・エム・エスのドクター・キャリアエージェント(http://www.doctor-ca.com/)があります。


posted by ワークマン at 06:38 | 求人情報関連
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。