==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


転職の準備 / 制度について / 仕事探し / 転職の理由 / 履歴書・職務経歴書の書き方と注意事項 / 面接の注意事項 / 退職する前に / ヘッドハンティング・人材派遣 /
転職情報 / 企業に求められる人材とは / 業種と資格 / 転職後の注意 / 上手に転職するには / 退職と健康保険 / 転職活動についての注意事項 / 給付・制度関係 /
中高年の再就職 / 仕事を楽しむ方法 / 自己PR / 税金関係 / 第二新卒の転職 / 退職届け・退職証明書 / アルバイト /  派遣 /  求人情報関連 / 

医師 面接での秘訣



◆転職・仕事探しのヒントの『 医師 面接での秘訣 』を紹介します。◆

医師 面接での秘訣

医師の面接における重要なポイントにはどういう点があるのかを調べてみました。
医師はただ単に成績が良いからという理由だけで有利な立場にあるという考え方は改めなければなりません。
最近は「医師としての倫理」が強く問われており「医師への強い決意」や「医師としての適正」を兼ね備えた受験生が望まれているようです。
もっと細かく見ればコミュニケーション能力や社会への関心度、そして思考力、協調性、勉学意欲、判断力、積極性、論理的思考力、社会的適応力などが適応用件として重要視されています。
しかし20分ほどの短い時間での医師面接で以上のような適応用件を判断してもらうのは非常に大変な事だと言えます。
面接としては面接官が3人程度で1人の受験生を面接する形が一般的のようです。
落ち着きのある紺系統のブレザーやスーツにネクタイが良いでしょう。
仮にわからない質問であっても「わかりません。」とはっきりと答えることが大切です。
第三に言葉遣いが挙げられます。
これは必要以上に気を使うことはありませんが、日常的な生活の中において基本的な言葉のルールを守っていれば良いでしょう。
第四に話は具体的かつ簡潔にまとめましょう。
面接時間が短いため話を簡潔にまとめて質問を多くしてもらうようにすれば自分をよく理解してもらえます。
最後に挙げるのは真面目に面接に望むということです。
例えば面接官がわざと頭にくるような質問を投げかけたとしてもイライラしたり怒ったりしてはいけません。
こういう時は素の自分が出てしまうもの。
あくまでも冷静でいることを肝に銘じて落ち着きましょう。
以上、面接に関する注意点を挙げてみましたが、医師と言っても人間です。
面接でも日常生活の中で基本的な事を身につけていれば怖くありません。


posted by ワークマン at 06:35 | 面接の注意事項
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。