==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


転職の準備 / 制度について / 仕事探し / 転職の理由 / 履歴書・職務経歴書の書き方と注意事項 / 面接の注意事項 / 退職する前に / ヘッドハンティング・人材派遣 /
転職情報 / 企業に求められる人材とは / 業種と資格 / 転職後の注意 / 上手に転職するには / 退職と健康保険 / 転職活動についての注意事項 / 給付・制度関係 /
中高年の再就職 / 仕事を楽しむ方法 / 自己PR / 税金関係 / 第二新卒の転職 / 退職届け・退職証明書 / アルバイト /  派遣 /  求人情報関連 / 

医師 求人の現状



◆転職・仕事探しのヒントの『 医師 求人の現状 』を紹介します。◆

医師 求人の現状

医師の求人の現状は、従来のシステムから新しいシステムへの移行 期となっているようです。
医局を中心とした制度が、日本には古く からあり、自分の所属する医局の紹介で関連したところへ転職して いく、というのが一般的でしたが、2004年、「臨床研修必修化」が始まり、これによって、大学の医局は地方への医師派遣が行 えなくなっています。
また、小児科や 産科、救急や麻酔科などは労働条件の厳しさに加え近年では起訴の リスクを背負って診療しなければならず、この科目の医師離れが社 会的問題になっています。
日本の医療界は、慢性的な医師不足に悩 まされており、とくに地方においては社会問題の一つとして挙げら れ、人材マーケットの面からいうと売り手市場といえます。
また、 少子高齢化や失業者数の増加などで社会保険制度も存続が危ぶまれ ており診療報酬改定や医療法の改革などで、医療機関側も、経営に 関してシビアになってきているようです。
また、インターネット等 の情報化が進んだため、医師、医療機関の双方がネットワークを結 ぶことが可能になってきており、医師専門の転職ポータルサイト や、求人情報リンクなどのサイトが増えてきています。
製薬会社の MDや、女性医師のためのキャリアサポート、専門医認定を取得する ための研究先など、従来の病院勤務にとどまらず、幅広い活躍を希 望する医師が増えてきており、自分のスキルを伸ばしながら人生を 充実させたいという医師が増えてきているようです。


posted by ワークマン at 06:32 | 求人情報関連
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。